2011年10月

文化史学会第27回大会のご案内 [2011年10月28日(金)]

11月26日(土)に文化史学会第27回大会が開催されます。
今回は渡辺伸夫先生に「宿借りの話」と題して講演いただきます。
詳細は下記の通りです。

どなたでも出席できますので、ふるってご参加下さい。

                                                                                                                                                                                                                                                ◆昭和女子大学文化史学会第27回大会◆
<日時>平成23年11月26日(土) 13:30~16:50
<会場>昭和女子大学 80年館6階オーロラホール
<参加費>無料
        
                                                                            

      shine    第27回大会プログラム shine

13:30~             【開会挨拶】

13:35~14:35 【大会講演】
          渡辺 伸夫(昭和女子大学教授)
           「宿借りの話」

14:35~14:45 〈休 憩〉

                    【調査報告】
14:45~15:05   井口 真理子・飯島 萌(昭和女子大学院生)
            小泉玲子(昭和女子大学准教授)・山本 暉久(昭和女子大学教授)
            「山梨県北杜市諏訪原遺跡 2011年夏季発掘調査報告」

15:05~15:20 〈休 憩〉

           【研究発表】
15:20~15:50    江中 里子(昭和女子大学教授)
           「レヴィ=ストロースの音楽論」

15:50~16:20  山本 暉久(昭和女子大学教授)
            「多凹痕をもつ石棒と石皿」

16:20~16:50  増田 勝彦(昭和女子大学教授)
            「日本における製紙技術発展の特殊性」

17:00~      【懇親会】 研究館5階学生ホール

終了後、懇親会を行いますので是非ご参加下さい。

【 時間 】  17:00~
【 会場 】  研究館5階 学生ホール
【 参加費 】  500円(学生は無料)

文化史学会に関するお問い合わせは、
昭和女子大学 人間文化学部 歴史文化学科教授室
( Tel telephone.03-3411-5373 / Fax memo.03-3411-7059 )
までお願いします。

秋は夕暮れ [2011年10月28日(金)]

秋になりました。

今から千年ほど前、「秋は夕暮」と言ったのは

清少納言でした。

わが歴史文化学科が拠点としている研究館から、

きれいな夕焼けを、最近何度も見ました。

スポーツの秋

芸術の秋

読書の秋

食欲の秋

……

皆さんにとっては何の秋ですか。

いずれにせよ、実りの秋でありますように。

日本中世史の山本博也でした。

子育てフェスタ♪ [2011年10月26日(水)]

10月8日、本学にて子育てフェスタが開催されました。
私たち歴史文化学科では、「青木愛子スペイン舞踊研究所」から講師の方々をお呼びし、
フラメンコの体験教室を行いました。
音楽がかかると、会場である体育館はまるで本場スペインの舞台のように!
講師の方々による情熱的で激しい踊りに、会場は魅了されました。

   

         

子育てフェスタということで、子どもたちがカスタネットをもち、音楽に合わせながら楽しく踊っている様子が
印象的でした♪

他にも色とりどりのスカーフや髪飾りを付けるという体験もでき、
普段あまり触れることのないフラメンコの世界の魅力に浸ることができたと思います!

   

また機会があれば、私たち学生も一緒になってフラメンコを踊ってみたいと思いました。

ご指導いただいた講師の方々、またご協力いただいた先生方、学生スタッフのみなさん、
ありがとうございました。

(2)奈良 薬師寺・青年衆 [2011年10月25日(火)]

こんにちは! 仏教文化史ゼミ、修士2年の萩原です。
今回は、薬師寺の行事と、青年衆という活動について報告します。

                                                                          修正会
1227日〜翌年14
旧年の罪障を悔い改め、新年を迎える仏教の法会です。薬師寺では、金堂において国宝の吉祥天女さまの画像をご本尊として吉祥招福や天下泰平などを祈願することから、「吉祥悔過法要(きっしょうけかほうよう)」ともいいます。
青年衆は、お正月を迎える準備として、お身拭いや餅つきの手伝い、伽藍の清掃などをします。お正月を迎えてからは、護摩焚き供養や御守授与の手伝いなどをします。

                                                                                                                                                                                                                                               薬師寺では、これから年末年始には修正会(しゅしょうえ)、春には修二会花会式(しゅにえ はなえしき)、
GWには最勝会玄奘三蔵会(さいしょうえ・げんじょうさんぞうえ)など、大規模な行事が目白押しです。

                                                                                                                                                                                                                                               そんな行事のお手伝いをしているのが、関東や関西など全国(いや、もっとグローバルかも)から集まった、おもに学生を中心とした青年衆という集まりです。
歴文のみなさんも、このような行事について知っておくといいかなと思います。

修二会花会式326日〜46
薬師寺の修二会は3月30日から4月5日の7日間、練行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる十人の僧侶が精進潔斎し、これまでの罪穢れを懺悔し、国家繁栄、万民豊楽などを祈願します。ご本尊は薬師如来さまなので「薬師悔過法要」ともいい、仏さまの前には十種の造花が飾られることから通称「花会式」というようになったそうです。結願の夜の「鬼追い式」は本当に見どころです。
青年衆は、法要の準備をし造花を飾りつけたり、参拝者のお世話などをしたりします。

 最勝会・玄奘三蔵会53日〜6
5月4日に行われる最勝会は、日本三大会と呼ばれる重要な仏教儀式の中のひとつで、国家安穏や五穀豊穣を祈ります。薬師寺は南都六宗のなかの法相宗(ほっそうしゅう)の大本山ですが、法相宗の始祖であり『西遊記』でも有名な玄奘三蔵法師の功績をたたえる法要が、5月6日の玄奘三蔵会です。
青年衆は、法要の準備や参拝者のお世話、食事のふるまいなどを手伝います。
                                                                                    
                                                                                                                                                                                                                                               活動に参加する動機や目的は人それぞれです。
私はとにかく花会式などの法要に興味がありました。
法要の場をみんなの手でつくることも楽しみのひとつです。
素敵な花々に囲まれてご満悦☆の薬師三尊さまがどーんとおられる金堂で法要が始まると、静かな空間に練行衆というお坊さまたちがカランコロンと沓(くつ)を鳴らしてやってきて、これから何が始まるのかとわくわくし、その所作に見入り、だんだんとお堂に響き渡る読経に感銘を受け、そんな空間に私もいるのか~(!)と思う瞬間が素晴らしく最高なんです!!(笑)
(『薬師寺』第167号の表紙より 平成23年3月薬師寺発行)たとえば、みなさんのなかで、歴史や伝統文化を学んでいるというだけではなく、美術や建築に興味がある、実は仏ガールである、または奉仕活動に興味がある方などなど、ぜひ青年衆の活動に参加してみるとそれぞれの視点で得られるものは多いかと思います。寺子屋なども、将来教職を目指している方は勉強になるはず。どの行事も、2日間くらいから参加するといいですよ。

というわけで、そんなに薬師寺が好きなのか(!)、と思われたかもしれませんが、大学やサークルという枠組みをこえたところでいろいろな人たちと出会うのは、また違った楽しみがあることを伝えたかったのでございます。

夏は暑いっ!冬は寒いっ!それがいいっ!!申込方法など、何か聞きたいことがありましたら、歴文開設科目「仏教文献講読基礎」(水3限・K2L03)におりますので、どうぞお気軽にご質問ください。
行事の詳細は薬師寺HP:http://nara-yakushiji.com/index.html (今年の花会式のときに撮影した、伽藍内の桜。夏は蓮の花が美しい!)(花会式の松明は幻想的。背景は東塔ですが、今年から工事が始まりました。)

(1)奈良 薬師寺・寺子屋 [2011年10月22日(土)]

こんにちは! (^-^)/
仏教文化史ゼミ、修士2年の萩原と申します。歴文の卒業生でもあります。

                                                                                                                                                                                                                                                               
高校生・学部生のみなさま、当然、奈良薬師寺はご存知ですよね!!!
という私は、薬師寺で青年衆という活動に参加するまで、修学旅行でお参りしたかどう
かさえ忘れているほどでした…。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                         薬師寺は、680年、天武天皇により皇后(後の持統天皇)の病気平癒を祈願するために
建立されました。1300年以上もの歴史があるんですね~。
東塔や薬師三尊をはじめとするさまざまな建築・文化財や、四季折々の行事が脈々と伝
わっております。 

                                                                                                                                                                                                                                               前置きはこのくらいで、毎年夏休みの8月1~6日まで「寺子屋」という行事があり、
参加してきたので報告します。

 

寺子屋は、おもに高校生から大学院生を中心とした青年の部(8月1~6日)と小学5年~
中学3年生(8月3~6日)の少年の部からなり、先生と生徒として、一緒にお寺で生活をします。
  
                                                                                                                                                                                                                                               青年の部では、生徒の模範となるべく、はじめの2日間でさまざまな作法を学び、実践します。
食前に唱える短いお経『五観の偈(ごかんのげ)』や『六方礼拝(ろっぽうらいはい)』の暗唱、
写経、お坊さんの講義等々、一日があっという間に過ぎていきます。
3日目からは、生徒に教える立場となるのです。以下のようなことが行われます。

                                                                                                                                                                                                                                                               ・朝の勤行(ごんぎょう):早朝に金堂のご本尊薬師如来さまの前でお経を唱えます。
   ・作務(さむ):日常のおそうじなどをします。
     ・食作法(じきさほう):箸やお椀の持ち方の指導。ありがたく食事をいただきます。
     ・法話:お坊さんの厳しくも、おもしろく、ためになるお話を拝聴します。
     ・伽藍参拝:薬師寺の仏さまや建築物を拝観します。南都のお寺は広い!
     ・遠足:メインイベント。今年は飛鳥に行きました。思い出いっぱい☆
などなど。
 
                                                                                                                                                                                                                                               私は朝のおつとめが好きです。5時までには金堂にいなければいけないわけですが、広い
金堂の薬師三尊さまの前でお経を唱えるのは、なんと気持ちのよいことかっ!!!
夏は暑いけどねっ!!!

                                                                                こうやって書かせてもらったのは、ぜひ昭和のみなさんも来年の寺子屋に参加してみてはいかが?、
なんて思っているからです。が!もしかして「朝早く起きられないし~」「子どもと接するの苦手だし~」
「暑いのいやだし~」とか考えた??

                                                                                  その感想は重々お察しいたします。でも、まずは体験してみてくださいな!
普段とは異なる空間で、先生同士で一生懸命生徒のことを考えたり、生徒と対話したりするなかから、
それまでには得られなかった、または考えもしなかった何かしらの経験ができ、今後の学生生活の原動力になるのではないかと思います☆
(写真は今年のパンフレット。お坊さんに許可を得て掲載させていただきました。)

次回は寺子屋以外の年中行事と青年衆活動についてお伝えします。

考古資料を見る [2011年10月22日(土)]

こんにちは。歴史文化学科の山本暉久です。わたしは日本考古学を専攻しています。考古学は
歴史文化学科のモットーである「手で考え、足で見る」を、まさに実践する学問です。なにごとも
まず、モノ(遺跡・遺物)を見る、観察することから始まります。
さて、今回は、9月の夏休みにわたしが所属する縄文時代文化研究会の仲間たちと、愛知県渥
美半島の貝塚遺跡を見学したときの話です。渥美半島には、縄文時代の大規模な貝塚として著
名な吉胡(よしご)貝塚、伊川津(いかわづ)貝塚、保美(ほび)貝塚の三大貝塚があります。このう
ち、吉胡貝塚は数百体の埋葬人骨が発見されたことで有名な貝塚です。
いきなりヒトの頭蓋骨の写真で驚かれるかもしれませんがcoldsweats01、吉胡貝塚に葬られていた、この
彼(男の成人)の歯に注目してください。彼は上あごの左右の犬歯と、下あごの左右の犬歯及び
右第一切歯1本が生前に抜かれています。抜歯といって、縄文時代の人骨にはしばしば認めら
れるもので、生前に意図的に抜いたことがわかります。なぜそのような痛みを伴う行為をしたの
でしょうか。不思議ですね。
学説では、上あごの犬歯を抜歯するのは、成人を迎えた時、下あごの抜歯は、結婚や再婚の時
に行ったものと考えられています。そのような習俗を通過儀礼ともいっています。
考古学は遺物といっても、人骨も対象として、その当時の人たちの暮らしぶりを探るのも大切な
研究分野なのです。まずは何事も、現地に出かけて観察することから始めましょう。

吉胡貝塚の抜歯人骨写真

手漉き紙のつづき [2011年10月20日(木)]

 私の受け持ちの授業で文化財保存学基礎があります。
私は奈良時代の絵入り教典「絵因果経」の模写と、ウィンドウマットへの固定の実技と
日本画の材料、作品保存の方法としてのマッティングなどの講義とで構成しています。
 模写をする紙は、ガンピという木の樹皮に含まれている繊維で漉いた紙です。繪具は
色の付いた岩を細かく砕いた顔料と動物の皮などから取れる膠とを指先で十分に練って
から使います。ガンピの紙ですが、それはきめが細かく滑らかなので昔から珍重されて
いましたが、16-17世紀にはオランダにも輸出され、有名なレンブラントが銅版画を
雁皮紙ガンピシに刷っています。インクの含みが適当な所を利用して、当時の西洋手漉き
紙とは違う仕上がりをしています。現代の版画家は殆ど1種類の紙しか使わないのに
レンブラントは東洋の紙数種類を試して、それぞれの紙による効果を活かした作品として
います。意欲的ですね。皆さんも一度画集でレンブラントの版画を見て下さい。作品解説に
和紙とかいてあるのも見つけることができますよ。増田勝彦

過去への扉、伝記 [2011年10月19日(水)]

こんにちは、日本近現代史担当の松田忍です。

「大学に入ったら、日本史をやりたい」あるいは「3年生になったら日本史のゼミに入りたい」、「でもそのために何をしたらいいんだろう?教科書を覚えればいいんだろうか?それとも日本史の問題集を解けばいいのだろうか?うーん、でもなにか違う、イメージが湧いてこない。テーマが見つからない」・・・そんな悩みを抱えている人はいらっしゃいませんか。

もちろん知識をつけることは、とても大事です。しかし、興味を持って過去のある時点にタイムスリップするためには、私は史料から勉強を始めることを強く強くオススメいたします。

史料といいますと、歴史のプロだけが触れることを許される遠い存在のような印象をもたれるかもしれませんが、実際のところ史料は私たちの身の回りにごろごろ転がっています。

たとえば伝記。伝記というと、野口英世とかヘレンケラーのように子どもの頃に読むものであって、高校生や大学生が読むものではないと思っていませんか?

そんなことは決してありません。研究者たちも競って読んでいるのが伝記であって、伝記は歴史へと旅立つための、一番身近な史料なのです。

たとえば平凡社から出ている『日本人の自伝』シリーズなどはいかがでしょうか。大きな図書館にはたいてい入っています。知らない人であったって構いません。まずは手にとって読んでみましょう。

岩波文庫にも魅力的な伝記がたくさん入っています。青いラベルのついた本を探してみましょう。山川菊栄の『武家の女性』などはいかがですか。幕末期の女性の暮らしが手に取るように伝わってきますよ。先日学生に貸し出したら「もう読んじゃいました、面白かったです」とすぐに返ってきました。読みやすくて面白い伝記です。

岩波新書のほうも伝記の宝庫ですね。岡義武『山県有朋』などはいかがでしょう。幕末に志士として活躍した人間がどうやって新国家の中で派閥を築き、のぼりつめていったのかを緻密に記した伝記です。みなさんご存じの大隈重信と山県有朋は、同じように総理大臣を務めた後、大正時代に一ヶ月くらいの差で無くなっているのですが、大隈重信の葬式の方は、国民が大勢詰めかけ、大騒ぎの中に見送られることとなるのですが、山県有朋は人が集まらずとっても寂しい葬式となる。同じく明治維新をなしとげた偉人でありながら、なぜそんなにも差がついたのか?知りたくありませんか??

歴史に興味があるというかた、是非伝記で過去への扉を開いてみましょう。

手漉き紙のつづき [2011年10月18日(火)]

失礼しました。明日といいながら2日間もさぼってしまいました。
続きを始めさせて下さい。
西欧では、そういうわけで紙の原料が限られていたんです。グーテンベルグが聖書を印刷したのも、
ボロ布から造った紙でした。ここで、一寸脇道へ、紙を造るを書きましたが、現在では製紙ですね。
作るとか創るとかは書きません。正倉院文書には、造紙と書かれていますので、私も古い紙を扱っている
関係上、紙を造る、と書くわけです。中国では今でも造紙と書きます。

元に戻って。まあボロ布を出すのは貧乏人ですが、できた紙はやがて銀行のために証券やお札即ち
銀行券になります。銀行からお金を借りた人が返せないと借金となってしまいます。貧乏の原因は
払えない謝金じゃない借金でした。借金は貧乏を生み出します。すると貧乏人はまたもやボロ布をだして
また紙となるわけです。おやまー、紙の循環ですが、あまりよい循環ではありませんね。でも、夏に麻の
ハンカチやブラウスを身につけたとき、ラブレターや貧乏人の話しを思いましてください。

グーテンベルグが活版印刷術を発明したことによって、紙の需要はどんどん大きくなります。18世紀の
産業革命の時代になると、紙を造ろうとしても原料のボロ布が足りない、と言う事態が生じてきてしまい
ます。
そんな状況だから、躍起になってボロ布に代わる紙の原料を探すようになり、やがて木材の繊維、
日本で言うパルプが開発されるのです。

現在、皆さんが手にする紙は全てパルプを原料としていると言って良いと思いますが、西欧の古い
手漉き紙の感触も是非試してみて欲しいものです。増田勝彦

今年も参加!「野毛古墳まつり」 [2011年10月18日(火)]

10/15(土)、16(日)の2日間に渡り、世田谷区の野毛大塚古墳で第4回「野毛古墳まつり」(世田谷区教育委員会主催)が行われましたhappy01

例年、歴史文化学科ではサービスラーニング(教室での授業と地域社会への奉仕活動を組み合わせた授業)として学生十数名(引率:小泉玲子先生)が参加していますnote教育委員会側のスタッフとしてOGも活躍していますよclover

歴史文化学科が担当した「古代体験コーナー」では、地域の皆様に「のげストラップ」づくりやミニチュア土器づくりを体験して頂き、大盛況となりましたheart04