2015年6月

どすこい相撲観戦 [2015年06月25日(木)]

こんにちは!民俗芸能ゼミ3年の稲川です。
先月、大谷津先生引率のもと大相撲五月場所を観戦してきました。
両国国技館の中には、相撲博物館やちゃんこ鍋を食べる事のできるフロアーなど、様々な施設があります。
まず正面入り口へ行きチケットを見せます。
なんとここでチケットのもぎりを行っているのは、今は親方となった元力士の方たちです!入り口から気持ちが盛り上がります!!
そして入って目につくのは、遠藤の顔はめパネルです。先日、山田孝之さんがSNSに投稿して話題になりましたね。私も撮りました!笑

ゆるきゃらがお出迎えしてくれました!!

ゆるきゃらがお出迎えしてくれました!!

お昼ごろに国技館に到着したので、稀勢の里が所属している事で有名な、田子ノ浦部屋のちゃんこ鍋を食べました。
味噌味ちゃんこ鍋は初めてだったので新鮮でした。
1_R

私がちゃんこ鍋を食べている間に、2年生の子は入待ちをしていたらしく、写真を見せてくれました!

お腹も満たされたのでいよいよ相撲観戦です!
応援している力士が入場して来ると、みんなヒートアップして歓声をあげます。

力士の名前を大きな声で呼んで全力で応援をしました。
5_R

応援をしているとやはり疲れてしまうので、お菓子をつまみながら観戦しました。
3_R4_R

気になる力士さんを応援することができたのですが、私が応援している力士さんが前日の取り組みで骨折をしていまい、応援することができませんでした。
早く元気になって、土俵に戻って来てほしいですね・・・。

全ての取り組みが終わり、両国の駅に向かって歩いていたら、なんと元琴欧州の鳴戸親方と遭遇しました!!身長が大きくとても格好良かったです!!
帰り際まで楽しませてくれる相撲が大好きです!!

また相撲観戦の企画があれば、ご興味のある方は一緒に観戦しませんか?(^^)お待ちしてます!!

LINE友達登録をするとクリアーファイルがもらえます!!笑

LINE友達登録をするとクリアーファイルがもらえます!!笑

 

富山で出会った卒業生 [2015年06月22日(月)]

西洋美術史担当の木下亮です。
6月13日と14日、いま話題の北陸新幹線に乗って金沢と富山に行ってきました。
toyama
富山に寄ったのは、富山県立近代美術館で開催中の「金山康喜のパリ 1950年代の日本人画家たち」展を見るためです。金山は第二次世界大戦後にパリに留学して、室内の情景や静物など描き評価を得ますが、33歳で夭逝しました。金山の知的で「詩情あふれる青」は、日本の戦後の画壇に大きなインパクトをのこしました。

http://www.pref.toyama.jp/branches/3042/exhibition/exh_2015/exh_15_1.htm

この展覧会を担当した同館の学芸員は、歴史文化学科の前身である日本文化史学科を卒業した渡辺希利子さんです。
本展のために渡辺さんは、図録に研究論文を執筆し、140点余りの出品作の展示を工夫し、展覧会の広報にも気を配っていらっしゃいました。渡辺さんは、私たちの学科にとって、公立美術館の学芸員として活躍を続けていらっしゃる貴重な卒業生といえます。さらに富山県立近代美術館は、新しい敷地に新美術館が建設され、2年後に生まれ変わる計画が進んでいるとのことでした。

toyama2

「金山康喜」展は7月5日まで。富山に立ち寄ることがありましたら、ぜひ、富山県立近代美術館に遊びに行ってください。

【歴文生による授業紹介シリーズ】歴史文化基礎 [2015年06月22日(月)]

こんにちは!歴文1年の賀古です。

「歴史文化基礎」という授業についてご紹介します。

「歴史文化基礎」は、歴文1年の必修科目です。7~8人のクラスに分かれ、それぞれ担当の先生に教えていただきます。ちなみに、私のクラスの担当の先生は武田昭子先生です。

授業の目的は、これから研究を進めていくための基本的な学修態度、知識、スキルを身につけることです。授業では、自分で決めたテーマについて調べ、発表したり、博物館や美術館に行った感想を報告したりしています。

今日の授業では、先週に引き続き、テーマについて調べたことを発表しました。発表のあと、先生に改善点などについてアドバイスをいただきました。武田先生曰く、「こうして自分で調べてまとめることは、レポートを書く練習になるだけでなく、卒業論文の材料集めにもなる」ということです。

このように毎週、和気あいあいと楽しく学んでいます。

1_R

歴文の学生5人で、「歴史文化基礎」についての座談会を行いました。

【賀古】今から「歴史文化基礎」座談会を始めるので、よろしく。まずは…皆の担当の先生は?

【A、B】武田先生!

【 C 】関口先生。

【 D 】私は山本先生。

【 E 】掛川先生だよ。賀古さんは?

【賀古】武田先生だよ。次に…皆どんなこと調べてる?

【 B 】タヌキ信仰。

【 C 】菅原道真の祟りの清涼殿の落雷が中心かな。

【 A 】乃木希典。

【 E 】近所の神社。

【 D 】お茶とお寺の関係。主に称明寺に焦点を当てて調べてるよ。

【 B 】何のお茶?

【 D 】煎茶。家の近くの称明寺に史料がたくさんあるんだ。お茶は仏教の儀式に使ってたんだって。

【一同】へぇ~

【 D 】ほとんど脅迫に近い形で、お寺でお茶が作られ始めたんだよ。

【一同】脅迫?

【 D 】勧められて始めたらしいけど、史料見たらどう見ても脅迫なんだよね。

【一同】そうなんだ。

【賀古】Cさんは調べてて面白かったこととかある?

【 C 】菅原道真が比叡山のお坊さんに、「今から祟りに行くので止めないでください」って、宣言した話が面白かった。でも、その話は詳しく調べてないけどね。

【賀古】そんなエピソードがあったんだ。BCんは?

【 B 】みんなたいな面白いエピソードは無いなぁ…タヌキの昔話はあるけど、元々タヌキはヤマネコとかキツネとかの細長い動物の総称で、のちの人が全部タヌキのことを指すようになったんだよ。

【一同】へぇ~

【 B 】Eさんは近所の神社って言ってたけど、神社の名前は?

【 E 】前川神社。

【賀古】調べようと思った理由は?

【 E 】まあ…地元のことを調べた方が、知らなかったことも知れて面白いんじゃないかって、先生に提案されたから。

【賀古】なるほど。Aさんは調べてて面白かったこととかある?

【 A 】調べると、たくさん出てきて面白いね。

【 B 】乃木希典を一言で言うと?

【 A 】真面目で、堅物で、不器用。なぜ祀られるようになったか、調べてるんだ。

【一同】そうなんだ。

【 D 】賀古さんは?

【賀古】私は戸定邸について調べてるよ。

【 B 】この前賀古さんと戸定邸に行ったんだけど…(携帯で写真を見せて)こんな感じ。

【一同】へぇ~

【賀古】戸定邸は地元にあるんだけど、最後の将軍徳川慶喜の弟徳川昭武が別邸…別荘として建てたものなんだ。話は変わるけど、皆どこの博物館とか美術館に行った?(歴史文化基礎では博物館を訪問して、展示内容などを報告する課題が出されている)

【 B  】昭和女子大学にある光葉博物館、板橋区立美術館、東京国立博物館の鳥獣戯画展、明治神宮の宝物館。板橋区立の美術館は特に良かったよ。

【 D  】その美術館の入館料って、いくら?

【 B  】タダ。そこに行く時、道に迷った…

【 D  】いい思い出だよ!

【 C   】 私が行ったのは…神奈川市民ミュージアム、國學院大學博物館、明治神宮の宝物館くらいかな。あと、この大学の博物館。

【 B  】皆ここの博物館に行くように言われてるもんね。

【 C  】國學院大學の博物館は広かったし、なかなか良かった。

【 B  】そこは広いよ!

【 C  】江戸東京博物館は人が多くて、あきらめた…

【B、賀古】行ったよ!

【 A  】私は…江戸東京博物館、刀剣博物館、新撰組関係のところ、東京国立博物館には2回くらい行ったよ。あとは、光葉博物館。

【賀古】どこが良かった?

【 A  】江戸東京博物館の大関ヶ原展で見た、西軍関係の史料が面白かった。

【賀古】Eさんは?

【 E  】江戸東京博物館、東京国立博物館、刀剣博物館、大学の博物館くらいかな。東京国立博物館の鳥獣戯画展が楽しかった。

【 D  】私は…神奈川県立歴史博物館、横浜市発展記念館、松戸市立博物館、大学の博物館。

【賀古】どこが良かった?

【 D  】神奈川県立歴史博物館だよ。実は、中世のお茶の特別展が調べるきっかけになったんだ。闘茶のルールが書いてあって、なるほど!って思ったよ。

【賀古】皆色々な博物館に行ったんだね。私が行ったのは…江戸東京博物館、東京国立博物館、松戸市立博物館、戸定邸の隣にある戸定歴史館だよ。そういえば、調べるテーマとか行った博物館・美術館って、先生に指定された?

【一同】(博物館は)どこでも!

【 B  】調べるテーマは、地元の方が調べやすいって言われたよ。

【賀古】基本的には自由なんだね。さて、この辺でお開きにしようか。皆ありがとう。

【一同】 :ありがとう!

 

特殊研究講座が開催されました! [2015年06月21日(日)]

こんにちは。日本近世史ゼミ4年の古賀と申します。

歴史文化学科では、6月17日に特別研究講座が開かれ、「史料からみる江戸吉原」
というタイトルにて、神戸大学名誉教授の曽根ひろみ先生からご講義をいただきました。

今回は主に、公的に遊郭として認められていた区域である吉原についてのお話でした。

まずあちこちに点在していた遊女屋を一か所にまとめる動きが起こったということから、
大きな経済効果を持つ遊郭になるまでの過程について。
そして遊女の階層や揚げ代(代金)、また遊女の生活に関しては、外出が禁止されていた
ことや過酷な環境の中で早死にが相次いだことなど、お話いただきました。

私個人としても、お話を聞いて心が痛むこともありました。
ただ、そうした悲惨な状況にあった人々について研究することの意義や、研究する姿勢についても
お話いただき、大変勉強になりました!

学生達も、時にはうなずいたりメモを取ったりしながら、真剣にお話を聞いていました。

そして、最後に吉原の持つ問題について、決して過去だけのことではなく、現在でも続いている
ということ、それを社会として考えていく必要があるということもお話いただき、講義は
終了しました。

貴重なお話をいただきまして、本当にありがとうございました。

DSCN9553

「史料からみる江戸 吉原」

 

曽根 ひろみ 先生

曽根 ひろみ 先生

特別研究講座の内容についてお話してきましたが、私自身も関連するテーマについて、
勉強しています。ざっくりとまとめると、「過酷な環境での生活を強制された遊女が、
自分が置かれている環境から逃れることができた事例はあったのか、できたとしたら、
その方法や、その後はどうなったのか」ということについてです。

 

これから歴史文化学科のオープンキャンパスへ行ってみようかな、と思っている
高校生のみなさん!

オープンキャンパスでは、ぜひ「こんなことが知りたい」「あんなことを勉強してみたい」などを
先輩や先生に相談してみて下さい!

中学・高校の教科書に出てくるような歴史以外にも、いろいろなことが勉強できる環境が

整っていますよo(^▽^)o

 

「蛇も蚊も」に行ってきました! [2015年06月18日(木)]

こんにちは!歴文1年の賀古です。
私は民俗学研究会に所属しています。
その活動の一環で、「蛇も蚊も」というお祭りの聞き書きを行いました。

「蛇も蚊も」は、生麦事件で有名な横浜市鶴見区生麦で行われているお祭りです。
疫病除けの行事として、およそ300年前から続いています。

1

写真は、神明社という神社です。
ここで、生麦蛇も蚊も保存会の方々にお話を伺いました。
お祭りの由来や後ほどご紹介する蛇の作り方などについて教えていただきました。

2

お祭り当日の午前中、神明社の境内で2匹の大蛇を作ります。
蛇は、干した茅から作られます。

3

蛇が完成しました♪
結構大きいですね(^O^)

午後になると、「蛇も蚊も出たけい、日和の雨けい」の掛け声とともに明神社を、蛇を担いで出発します。
2匹の蛇は二手に別れ、「わっしょい、わっしょい」と町内を練り歩きます。

地区のご祝儀をもらった家々を回り、家の前や中で蛇を胴上げします。

夕方頃、蛇は明神社に戻ります。
その後、翌日に蛇を神社の境内で焼き、このお祭りは終了します。

「蛇も蚊も」は、氏神様にお祀りしていたスサノオノミコトにちなんで、大蛇によって疫病を退散させようとしたことに由来します。また、昔は蛇を焼くのではなく、海に流していたそうです。

お祭りといえば、お神輿や山車というイメージを持っていたので、蛇を担ぐということに驚きました。
また、蛇が疫病を退散させると考えられていたことは、興味深かったです。

まだまだ日本には、私の知らない個性的なお祭りがあるのですね!

オープンキャンパス情報☆Part2☆ [2015年06月15日(月)]

6月のオープンキャンパスsnail

平成27年6月21日(日)10:00~15:00
オープンキャンパスでは皆さんの質問に歴史文化学科の先生や学生がこたえてくれますshine
わからないことや知りたいことをどんどん聞いてみてくださいhappy01

diamond歴史文化学科ブースdiamond
菊池誠一 先生(アジア考古学)

diamond学科説明(11:15~11:30)diamond
野口朋隆 先生(日本近世史)
場所:研究館2階 K2L03教室
   

diamondAO入試受験相談diamond
早田啓子 先生(仏教思想と仏教文化史)
武田昭子 先生(文化財保存修復学)
田畑久夫 先生(人文地理学)
野口朋隆 先生(日本近世史)

diamond予告diamond
7月は早田啓子 先生(仏教思想と仏教文化史)による体験授業を行います。

平成26年度オープンキャンパスの様子

オープンキャンパス情報☆Part1☆ [2015年06月11日(木)]

平成27年度のオープンキャンパス日程

詳細は決まり次第ご連絡いたします。

6月21日(日)10:00~15:00
7月26日(日)10:00~15:00
8月22日(土)10:00~15:00
8月23日(日)10:00~15:00
10月3日(土)13:00~16:00
12月12日(土)13:00~16:30
3月26日(土)10:00~14:00


7月26日(日)は早田啓子先生(仏教思想と仏教文化史)
8月22日(土)は大谷津早苗先生(日本芸能史)
8月23日(日)は松田忍先生(日本近現代史)
による体験授業も開催予定ですhappy01

diamondみなさんのお越しをお待ちしておりますdiamond

東明学林(3日目午前) [2015年06月10日(水)]

こんにちは、松田です。

東明学林3日目(6月5日)午前のようすをお届けします。曇り空ではありましたが、体感的にはとても爽やかな一日となりました。

午前の行事は労作。

東明学林の周りには畑が広がっており、さまざまな作物が育てられています。以前にも東明学林で収穫されたバジルの記事をUPしたことがありましたね。この日はミカン畑に肥料をやりました。まずは東明学林の先生に肥料のやり方の解説をしていただきます。

DSC03516_RDSC03507_RDSC03520_R20150605-DSC03518

そして 作業開始。麦わら帽子・長靴完全装備の学生もいます!

20150605-DSC0352620150605-DSC03508

ミカンの木の周りに浅い溝を掘って、肥料を埋めていきます。「(肥料が)魚粉くさい!」なんていいながら、テキパキと作業は進みます。私も結構掘りましたよ。

写真でうまく伝わるか分からないのですが、ミカン畑は結構な急斜面です。

DSC03528_RDSC03532_RDSC03533_RDSC03535_R

もうすでに小さな可愛い実をつけているのが分かりますか?ミカンは12月頃に学寮研修をおこなう学科の学生たちによって摘み取られることになります。世田谷キャンパスにも届けられて、みなさんに配られますよ。今から楽しみです!

DSC03525_R

午前中身体を動かしお腹を空かせ、昼食はミートソーススパゲッティとクラムチャウダースープ。この日はおかわり自由だったので、かなり多くの学生が2杯目いってました笑 スープ美味しかったです!

DSC03537_R

午後には教室にて、キャリア研究講座を開きました。学寮前から学生のみなさんが準備してきたプレゼンテーション発表です。

その様子は次の記事にて。

 

 

 

東明学林(2日目) [2015年06月09日(火)]

こんにちは、松田です。

東明学林2日目の様子をお伝えします。

2日目の朝はご覧の通り!

20150604-DSC03425

てるてる坊主の効果か、とっても気持ちの良い朝になりました。東明学林のテラスからは箱根連山の向こうに美しい富士山がクッキリと見えます。

2日目のプログラムはバスハイクです。鎌倉国宝館にて、学芸員の先生の専門的な解説を受けたあと、鶴岡八幡宮および長谷寺を巡見しました。

20150604-DSC03431-220150604-DSC03468-220150604-DSC03464-220150604-DSC0345820150604-DSC03452

鎌倉はまさしく紫陽花の季節。長谷寺では美しく整備された裏山での紫陽花を堪能いたしました。

お腹を空かせて帰寮。2日目の夕食は鯖の竜田揚げ。なかなか人気のメニューであったようです。配膳も食事係の学生たちと教員が担当します。

20150604-DSC03472

寮内を歩いていると、たくさんの学生とすれ違います。

20150604-DSC03489

隈取りをした謎の三人組も笑

20150604-DSC03497

普段ガリガリ勉強している学生たちの色々な側面がみられる学寮楽しいねぇ!

東名学林(1日目) [2015年06月09日(火)]

こんにちは、松田です。

2015年6月3日~6日の日程にて、学寮研修が開催され、神奈川県は足柄にある東明学林(寮施設)にて、歴文2年生約100名+引率の教員・助手が3泊4日の共同生活を送りました。

昭和女子大学の学寮というのは不思議なものでして、よく他大学の先生に「要するに合宿なの?」と聞かれるのですが「学寮です」としか答えようがありません。また「キャリア研修なの?」と聞かれても、たしかにキャリア関係のプレゼンテーション大会などもあったりはするのですが、やっぱり「学寮です」としか答えようがないのです笑 近年合宿形式での研修をおこなう大学もあるようですが、「それぞれの学問分野に対する造詣を深めつつ、キャリア的な意味での実践的な力も身につけ、『共同生活』を送る中で絆を深めていく」学寮制度は他に類を見ないのではないかと思います。私は着任以来7回引率しましたが、学生たちとふれ合い話す機会がたくさん用意された学寮、好きですよ!

学寮研修では、全ての学生に役割(食事係とか清掃係とか研修係とか…)が割り当てられていて、力をあわせながら、「生活」していくことになります。

初日の6月3日は残念ながら雨模様。世田谷キャンパスをバスで出発し、神奈川県立生命の星・地球博物館を訪れたあと、東明学林到着!

20150603-DSC0005420150603-DSC00059

東明学林の職員さんはてるてる坊主を用意して待っていて下さいました。

その後、各係の仕事内容の打ち合わせなどをしながら・・・

20150603-DSC00060

夕食後は白熱の交歓会(ドッヂボール大会)が開かれました。寮室毎にチーム編成を組み ・・・

20150603-DSC00077

そして戦いの火ぶたが切って落とされました。

20150603-DSC00087-2

歴文には大人しい学生が多いなどと言われることもあるのですが、一旦試合が始まるとこの白熱っぷり!!!!!

20150603-DSC0013120150603-DSC0014320150603-DSC00230-220150603-DSC0015220150603-DSC0016120150603-DSC0015720150603-DSC0030520150603-DSC0018320150603-DSC0016520150603-DSC0040420150603-DSC03392

珍プレー好プレーの続出に学生も教員も大声をあげて笑い、そして拍手しました。

今回のドッヂボール大会、松田が選ぶMVPは彼女。連続写真でお届けします(ブレブレですみません)。ソフトボールをやっていたという彼女は、球の威力もさながらコントロール抜群。体感的には8割以上のヒット率で敵を仕留めていました。おそろしや・・・。

20150603-DSC0023320150603-DSC0023420150603-DSC0023520150603-DSC0023620150603-DSC00238-2

本当に盛り上がった交歓会でした。終了後、学年全員の集合写真をパチリ!!

20150603-DSC033961-2

細かすぎてよく見えないって?ほら、拡大してもこの笑顔!

20150603-DSC033961-3 20150603-DSC033961-420150603-DSC033961-5 20150603-DSC033961-6

こんな感じで学寮1日目の夜は更けていきました。