2013年10月

2013香港杯スピーチコンテスト [2013年10月29日(火)]

今年も香港杯スピーチコンテストの案内です。
伝統ある本スピーチコンテストには全国から応募があります。
決勝大会進出、さらには入賞した際の賞は大きな魅力ですね。
昨年は英コミの先輩が決勝大会に進出しました。
昨年の発表は、「香港は学ぶには最高の場所の一つである」というテーマでした。
後に続こうという意欲に燃える人、応募待ってます!

詳細はこちらで。
http://www.yomiuri.co.jp/adv/hongkongcup2013/

 

 

2013 シアトルの空から SA ~留学便り①~ [2013年10月26日(土)]

【授業および大学での活動】
IEPのクラスはボストンで勉強をした経験もあり特に難しくもなくしっかりやれています。それに比べ、Discoveryクラスは読む文章が、ボストンにいた時と比べてとても多いので、大変です。IEPのクラスは自分でも発言できることが多いのでできるだけわかることは発言しようと試みてますが、Discoveryのクラスは少し質問が難しいので答えることにためらいを持ってしまいます。IEP,Discoveryともに宿題が多いので、土日が宿題で埋まってしまうことも多々あります。

【寮での生活】
尞での生活はやはりアメリカ人が周りにいる環境なので簡単ではありません。簡単に日本語をつかえていたボストンに比べ、こちらではアメリカ人同士の会話についていくのが必死なので特に自分の言えることなどなくどのようにその場を乗り切るかに必死です。これから何か改善策や慣れてきたところでもう少しみんなとうまく打ち解けられればいいと思ってます。

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行、その他)】
美術館、博物館を回る時間は今はとてもなく、先週の土曜日を使って、現地の子にダウンタウンを案内してもらいました。それから、マリナーズ戦も授業が終わった後に観に行きました。それから、ルームメイトと近くの家電量販店に電子レンジを買いに行きました。近場から、ダウンタウンの方までまだまだ知らない土地がたくさんあると思うので、時間があるときに行ってみたいと思います。

英コミ キャリア支援 SPI対策講座 [2013年10月25日(金)]

英コミの学科キャリア支援プログラムの一環としてSPI対策講座を実施中です。今回も熱心に受講しました。

 

 

2013 ハリファクスの空から MA ~留学便り①~ [2013年10月25日(金)]

【授業および大学での活動】
授業のレベルが次第に上がっていき、難しい単語、文章内容に苦戦していますが、先生の分かりやすい解説とクラスメイトとのグループワークに助けられています。リスニングアンドスピーキングクラスでは一人ひとり5分程度のパワーポイントを使ったプレゼンテーションをしました。プレゼンテーション後、先生が各自にコメントをしてゆき、プレゼンテーションスキルの改善につながったと思います。リーディングアンドライティングクラスではパソコンを使った、E-Learningが課題としてでます。内容は文章の構造についての基礎、解説、応用、実践となっており、とても役立っています。アカデミックボキャブラリーアンドグラマークラスでは物語を読み、グループで物語の読解を深めていく練習をしています。

【ホームステイでの生活】
いくつかのトラブルがありましたが、スタッフとの相談により、解決に向かっています。学校へはバスを使って毎日通学するのですが、バスが時間通りにこなくて遅刻するなどまだまだ慣れないことがあり、日々奮闘していますが、部屋でお気に入りのテレビ番組をみたり、音楽をきいたり、ペットたちに癒されたりとホームステイを楽しんでいます。

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行、その他)】
毎週火曜日はダウンタウンの映画館が半額でチケットを売っているので、学校でできた友達と興味のある映画をみにいったり、学生がたくさん集まるレストランへ外食しにいったり、一緒にショッピングモールへお買いものにいくなど次第に友達と外へでかける機会が増えてとても楽しい日々を過ごしています。最近では、大学付属のスポーツジムで行われている、無料のヨガ、ズンバのレッスンで友達と一緒に日々の疲れを癒し、運動不足も解消しています。レッスンはやはり英語で行われるので新しい分野の英単語などをエクササイズしながら自然に学べます。

2013 モンタナの空から OY ~留学便り①~ [2013年10月24日(木)]

【授業および大学での活動】
授業ではミッドタームテストを迎えました。特に私が履修しているジャーナリズムは非常に難しくテスト勉強がとても大変でした。テスト前日にはアメリカ人の友人たちがスタディセッションをわざわざ開いてくれたお陰で、授業内で聞きこぼした内容も復習することができました。モンタナの学生はとても親身で優しくいつも助けられています。テストも彼らのおかげで乗り越えることができ、セッションを開いてくれた友人たちにいい報告ができてよかったです。

【寮での生活】
寮では快適な生活を送ることができています。

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行、その他)】
日々が過ぎるのがとてもはやく感じます。先週は仲のいい友人たちとワシントン、アイダホへとロードトリップへ行きました。車中も話は尽きることなく、ワシントンの美しい景色を見ながらカントリーミュージックをみんなで聞くのはとても楽しい時間でした。また、モンタナに住んでいる家族の方との交流会があり、モンタナでの暮らしや生活を現地の方の口から聞くことができて貴重な体験ができました。こちらは10月にも関わらず気温は1℃の日々も多いです。寒暖の差が激しいため今寮の中でとても風邪が流行っています。体調に気をつけて今月も頑張っていきたいです。

2013 シアトルの空から HM ~留学便り⑪~ [2013年10月23日(水)]

【授業および大学での活動】
英語強化プログラムからISAYAの授業履修に移ることが正式にできたので、いまは二つのクラスをワシントン大学で履修しています。私はISAYAのDiscovery course と International studies のクラスをJackson school でとっています。Rise of Asia という中国中心に16世紀からのアジアの成長を学んでいくクラスですが、日本人留学生や日本語専攻のUW生など多く、比較的ほかのクラスに比べてレクチャー後にある少人数のセクションクラスで友達が作りやすい環境が整っていると思います。しかし、課題がIEPとは比べ物にならないほど多く、多量の読む宿題や定期的に提出するpaper があり、前よりも内容も難しいのもあって机に向かう時間がさらに増えました。

【アパートでの生活】
夏の終わりごろからあらたにUWで一年生となる中国人の女の子二人がルームメイトとして引っ越してきました。ひとりはもともとアメリカで高校を卒業しているので、英語が流暢なのでたまに、母語じゃない英語をどうやってそこまで伸ばしたのか、とかアドバイスをもらっています。ルームメイトがみんなアジア人になったので、比較的コミュニケーションがとりやすくなりました。

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行、その他)】
9月にはわたしの二十歳の誕生日があったので、友達が集まってサプライズでお祝いしてくれました。授業履修登録やかだいに追われていましたが、楽しく気分転換することが出来ました。私のためにプレゼントを持って韓国人のお友達も夜に来てくれてすごくうれしかったです。ほかには、長期休暇中にYさんとフロリダのディズニーワールドに一週間ほど行きました。とにかくシアトルよりも暑くて大変でしたが有意義に休みを過ごせたと思います。また、友達と休暇中に映画をたくさん見に行くことができ、充実していました。

2013 シアトルの空から YM ~留学便り⑪~ [2013年10月22日(火)]

【授業および大学での活動】
夏休みが9月の中旬に終わり、オータムクオーターが始まりました。昭和ボストンにいる学生達は、私達が1カ月よりも少ない期間の夏休みしかないのに比べて、長い夏休みがあって少しうらやましかったです。シアトルでの授業は9月の最後から始まり、私達はIEPからISAYAプログラムに移行したので、今までとは全く違う始まりでした。私達は一番優先でない立場としてワシントン大学の授業にスタンバイされていたので、取りたい授業に自分たちで行って教授から許可をもらい登録するという方法で、授業履修することができました。私の履修した授業は‘西洋の宗教’です。初めてのアメリカの大学の授業は、今までIEPでしか勉強していなかった私からするととてもハードルが高く、毎日の宿題の難しさや量、それから劣等感でストレスばかり感じています。

【アパートでの生活】
年度の変わるときなので、新しいルームメイトが入ってきました。でも、今回のルームメイトは少し大変で、アパートでの生活があまり居心地のいいものではありません。でも、アパートのリビングを使ってするパーティーは時々あって、同じアパートに住んでいる人同士でパーティーをしたり、Hさんの誕生日パーティーをしたりしました。昭和女子の生徒も新たに何人か来たので昭和女子英語コミュニケーション学科だけで、すき焼きパーティーをしたりもしました。

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行)】
Hさんとフロリダ一週間フロリダに旅行に行きました。アメリカのディズニーワールドは敷地が山手線一周分ほどあるらしく、日本のディズニーランドとシーしか行ったことのなかった私は、同じディズニーリゾートでもここまで違うのかと、とにかく大きさに圧倒されました。シアトルでは、今まで行ったことのなかった少し田舎にあるショッピングモールに行ったりしました。ダウンタウンから30分ほどかかる場所にあるのですが、おそらくシアトルで一番大きいショッピングモールで、何でも揃う場所なのではないかなと思いました。

2013 ワルシャワの空から KF ~留学便り①~ [2013年10月21日(月)]

ポーランド ワルシャワに留学中の小泉さんから報告が届きました。
**********************************************
履修ですが、今受けている授業はUnderstanding Scotland’s Literature and Language という学部の授業と、Polonicumというポーランド語の語学の授業です。 Polonicumは週2コマです。
一応現在、この二つは確定なのですが、もしかしたら、可能であれば授業を増やすかもしれません。

寮の裏側がワジェンキ公園という有名な観光地でした! このあいだ少し散策してきたので写真を送ります。ワルシャワの黄金の秋は本当にきれいでしたが、本当に一週間程で葉っぱが散り始めたので慌てて写真を撮りに行きました。最近はものすごく寒い日が来たり、そうでもない日があったりとまちまちですが、基本的には寒いです。夜は氷点下まで下がることもありますが、部屋で寝ていれば建物内は暖かいので安心です。これからもっと寒くなるなんて嫌だなあと思います。

あと、ワルシャワ大学の日本学科のパーティに参加しました。昭和女子大学のサマープログラムに参加していたユリアさんにも再会できましたよ。

 

 

ゼミ合宿のひとコマ [2013年10月16日(水)]

英コミの4年生はゼミごとに合宿を行います。今年も大学の施設、会津キャンプ村で実施しています。とあるゼミ合宿から夏の終わりのひとコマを。


そば打ち体験をしました。手作りそばはみんなで美味しく食べました!

 


伝統の蒔絵体験。風鈴に思い思いの絵を描きました。


猪苗代湖畔。会津キャンプ村にあるのと同じ白鳥と女性の像と共に。
(T.I.)

第25回 世界青年の船 体験紀行② [2013年10月15日(火)]

1/26~2/3までは東京で出港前研修を受け、その後、晴海港からふじ丸に乗船し、国内3か所に寄港しました。1か所目は沖縄(那覇)、2か所目は兵庫(神戸)、3か所目は岩手(大船渡)です。各寄港地では、レターグループとディスカッショングループごとに分かれて、様々な場所を訪問しました。船内でレセプションパーティーも行われるので、現地の方々とも交流し、親睦を深めることができました。
私は、沖縄(那覇)では首里城、国際通り、沖縄テレビを訪れました。短時間でしたが、現地の歴史に触れ、外国人青年と共に沖縄の文化などへの理解も深めることが出来ました。
兵庫(神戸)では、東灘下水処理場と神戸新聞を訪れました。東灘下水処理場では、世界でも注目されているというバイオガスについてお話を伺いました。滞在時間がとても短かったのが残念でしたが、現地のローカルユースとも交流できたので良かったです。
岩手(大船渡)では、おおふなと夢商店街と東海新報を訪れました。おおふなと夢商店街は、仮設で出来た商店街です。そこでは、各店舗の方々にインタビューをし、震災当時のお話や現状、今後の目標などについてお話を伺いました。外国人青年もとても真剣に話を聞いており、一緒に頑張っていこう、と心強い言葉をかけていました。
ディスカッショングループで訪問した場所(沖縄テレビ・神戸新聞・東海新報)に関しては、別途取り上げたいと思います。