2012年9月

春期15週間ボストンプログラム報告 [2012年09月30日(日)]

8月26日に昭和ボストンでの春期15週間ボストンプログラムを終えて帰国した田中飛鳥さんの報告です。

《Going my way!!》

HI, how are you? こんにちは。初等教育学科4年A組の田中飛鳥です。私は今年度の4月4日- 8月26日の約5ヶ月、アメリカのボストンに留学しました。 “Going my way” はその留学生活を乗り越える上で、とても重要になった言葉です。自分の道を行く。これは自分自身の個性を出して行くことにつながります。つまり、アメリカでは非常に重要なことです。私はこの言葉と素晴らしい仲間の助けにより、BOSTON LIFE をより良い形で締めくくることができました。本当に感謝しています。
this is the best experience in my life!!!!! (これは私の人生の中で最も良い経験です)

昭和ボストンでの授業

NAIAGARA FALLS

卒業式

語学学校の友達

石井ゼミ合宿 in 沖縄 [2012年09月24日(月)]

今日は,石井ゼミの沖縄ゼミ合宿の様子をお伝えします。

石井ゼミ 久高島合宿の報告です
今年度3年生は、9月9日から12日まで沖縄県南城市久高島で合宿を行いました。
久高島幼稚園、小・中学校参観、留学センター訪問、サンゴ礁の海でのシュノーケリング体験等、盛りだくさんのプログラムをこなし、充実した4日間となりました。
久高島は沖縄本島の南端、安座間港からフェリーで20分ほどのところにある小さな島です。人口は300人足らず、小中学校の生徒をあわせても40人ほど。「不登校児再生の島」というノンフィクションの舞台にもなりました。
この島には「山村留学センター」があり、全国各地から、親元を離れて集まった小中学生15名が一緒に寝泊まりし、島の学校に通っています。島には、コンビニもマックもありません。留学センターにはテレビもゲーム機も携帯電話もありません。部屋は男子部屋と女子部屋と共有のホールだけ。プライベート空間は2段ベットの自分が寝るスペースだけ。子どもたちは朝6時に起床して朝日を見に行くところから1日を始めます。ほとんど毎日(かなり寒くなっても)海に飛び込んで遊び、休みの日には畑を耕します。
洗濯や掃除は自分たちでやるし、食事作りも手伝います。部活動、行事、勉強もしっかりこなし、成績は沖縄県の中学校の中でもトップクラスです。何にもないけど自然と友達と時間だけはたっぷりある、奇跡のような生活がそこにあります。

朝日をバックにジャンプ!

久高島幼稚園の子どもたちと

運動会の練習を参観 エイサーの様子

留学センターの子どもたちと夕食

サンゴ礁の海で

【卒業生から】米国オレゴン州の小学校で教えています!~ポートランド滞在記 第2回~ [2012年09月17日(月)]

卒業生報告,第2回目です。

今日はアメリカで過ごした夏休みについて書かせて頂きます。

アメリカの子どもたちは、夏休みが2ヵ月半あります。日本の大学生よりも長いです。そこで子どもたちは様々なサマーキャンプに参加します。
私は一緒にアメリカに来た人たちと日本語のキャンプを運営しました。ここでも幼い子どもたちを担当しました。写真は私が絵本を読んでいるところです。キャンプに参加した子どもの中には、これから日本語を学ぶおはようも知らない子もいましたが、日本語で読んだ後、「この本好き」と英語で言われたときはとても嬉しかったです。言葉は分からなくても、絵とこちらの読み方で子どもは楽しんでくれると実感しました。

このキャンプは、普段の学校と違い私たちが主体で行うもので、教育実習のようなものでした。子どもたちは運動会や夏祭り、七夕等日本の行事を体験しました。流しそうめんや和太鼓、ソーラン節やすいか割り等、積極的に取り組む姿も見られました。毎週金曜日に行われたパフォーマンスでは日本の歌を歌ったり、ダンスを踊ったりしました。


【卒業生から】米国オレゴン州の小学校で教えています!~ポートランド滞在記 第1回~ [2012年09月17日(月)]

アメリカの子どもたちに日本語を教えている細川さんからのお便りです。

こんにちは。はじめまして。2011年度初等教育学科を卒業した細川麻友奈です。私は卒業後、アメリカに渡りインターンとして、アメリカの子どもたちに日本語を教えています。私はPre-K(4,5歳)に配属されたため、初めて日本語を学ぶ子どもたちを相手にしています。主に歌や絵本、日本の行事等を通して日本語って楽しいって感じさせることを目的にしています。

夏休み前までは、9月から日本語を学んできた子どもたちをみていました。アメリカは9月から新しい学年がはじまるので、これからは日本語がゼロの子どもたちを相手にします。学校でのアクティビティーや子どもたちの成長についてお伝えしていけたらと思います。