2016年1月

陶芸(造形基礎・図工科教育法) [2016年01月27日(水)]

造形基礎(1年生)と図工科教育法(3年生)の授業で陶芸を行いました。

今回は東京芸大から陶芸を専門とする方を講師にお呼びして、

たたらつくり、ひもつくり等、細かいコツも教えて頂きました。

112800度で素焼きのあと。 111釉薬をかけます。タコですね。

造形した赤土を素焼きして、渋めの伊羅保・白マット・織部・鉄赤・透明などの釉薬をかけて

1230度で本焼き、無事に形になりました。

118伊羅保は少し垂れます。 113シーサーが居ます。
114たくさんできました。 117教育法のクラス

今回は素焼き1回、本焼きは2回だったので窯詰めの作業は大変ですが、出来上がると嬉しいものです。

本焼きは1回で15時間くらいかかります。

115造形基礎のクラス 116

そこがザラザラしているので、ヤスって完成です。

授業公開 [2016年01月27日(水)]

1月20日の1限、斉藤先生に「算数科教育法演習」の授業公開をしていただきました。授業公開とは、FD(ファカルティーディベロップメント)活動の一環としておこなわれ、教員同士が授業を参観することで、よりよい授業をめざすものです。 DSCN1725
DSCN1731 前半50分間で学生が模擬授業をおこないました。内容は6年生の単元「速さ」についてです。自分たちで作成した指導案をもとに、教員たちも参観するなか、いつも以上に緊張した面持ちで授業をすすめます。
DSCN1743 DSCN1745
DSCN1741 模擬授業が終わると、いよいよ斉藤先生の授業がはじまります。模擬授業の良かった点、改善したほうがいい点など、学生たちの意見を引き出しながら意見交換させ、授業の進め方や方法、技術などについて学生たち自身に考えさせる、まさにアクティブラーニングな授業でした。公開授業の後には協議会が開かれ、参加した教員13名が1時間にわたって活発に議論しました。

初めての保育実習に向けて [2016年01月25日(月)]

DSCN4606s

幼児教育コースの2年生は、2月中旬から初めての保育所実習がはじまります。
実習に向けての準備も本格的になってきました。

保育実習の指導ⅠAの授業では、冬休みの宿題として手作り教材を作りました。
何時間も(何十時間も?)かけて作ったパネルシアター・エプロンシアター・手袋人形・手作り紙芝居、、子どもたちの喜ぶ表情を思い浮かべながら作った作品は、どれも温かみのある力作ぞろいです。

パネルシアター  
DSCN4594s  
手作り紙芝居  
DSCN4701s DSCN4703s
エプロンシアター  
DSCN4605s DSCN4693s

今日はグループごとに保育者役・子ども役になって、手作り教材の実演を行いました。

DSCN4697sss
DSCN4593s DSCN4678s
DSCN4637s

実演の後は、学生どうし良かった点・改善したほうが良い点を伝えあいます。
自分では気づかなかった友だちからの助言は貴重なものです。振り返りをして改善点を考え、自分で指導案に赤をいれていきます。

 期待と不安が入り混じりながらも、保育者への第一歩を踏み出していきます。夢に向かって!

無題s

 

【社会】北鎌倉校外実習 [2016年01月12日(火)]

2年生の小学校教員免許科目である「社会」では,恒例の北鎌倉実習を行いました。

engaku kenchoji
jochiji jochiji2

北鎌倉駅に集合して,歴史的な文化財を参観しながら,小学生が文化遺産を通して学習できるようにどのような配慮をしたらよいかについて考えました。円覚寺・東慶寺・浄智寺・円応寺・建長寺・鶴岡八幡宮を順にまわり,鎌倉で解散しました。
加えて,葉祥明美術館をのぞいたり,「鉢の木」でお食事をいただいたり,解散後は小町通りを散策したりと,鎌倉らしさを満喫できた有意義な実習でした。

hotei yoshomei
hachinoki hanzobo