初等教育学科のゼミ活動①―石井正子先生 [2019年10月15日(火)]

 初等教育学科4年生も、そろそろ就職活動が一段落。卒業論文に本腰を入れています。初等教育学科のゼミを紹介していきます!
 石井正子先生ゼミは4年生、3年生それぞれ8名が所属しています。研究内容は様々ですが、例えば今年度は発達障害や難病のある子どもたち、そのきょうだい、担任教員の関わり方などをテーマに卒論を進めている学生がいます。
 研究の進め方小学校や幼稚園・保育園現場での観察記録や、アンケート、インタビューなどが主になっています。
ゼミ生の声
ゼミの全員の仲が良く、石井ゼミらしく和気藹々と、そして切磋琢磨しながら小学校教諭、幼稚園教諭、保育士になるべく勉強しています!(4年生 KT)
・石井正子教授の紹介はこちら
・石井正子著『障害のある子どものインクルージョンと保育システム』(福村出版、2013年)書誌情報はこちら(外部リンク)