平成28年度 心理学科卒業式 [2017年03月16日(木)]

3月16日9時30分より、平成28年度の卒業式が人見記念講堂にて挙行されました。

前日とは打って変わった暖かな青空の下、87名の心理学科生が卒業の日を迎えました。式では、学科長の呼名に応じて返事をしたのち、「学位(人間社会学)」を授与されました。その後、学長式辞、理事長告辞と続き、光葉同窓会代表の祝辞が続きました。

今年の光葉同窓会代表は心理学科を2005年に卒業したOGであり、社会人の先輩として、企業で活躍する先輩として、実体験に基づいた心のこもった祝辞をいただきました。式の最後には、心理学科生による答辞があり、厳粛な中にも暖かみのある式が終了しました。

大学全体での卒業式に引き続いて、心理学科での学位記・各種賞状授与式が行われました。

IMG_4174

在学生から手渡された花束を手に、会場の教室にそろった卒業生は、クラスアドバイザーが名前を読み上げる中、一人ずつ前に進み出て、学科長より学位記を授与されました。

IMG_4205

「おめでとう。頑張りましたね」と声をかけられると、笑顔と共に、しっかりと「はい」と答えていました。

 

IMG_4166

続いて、成績優秀者に対して贈られる学長賞と学科長賞、4年間の皆勤や精勤を讃える皆勤賞や恪勤賞が各対象者に授与されました。

 

最後に、学科長が、「身体に気をつけて、卒業後も一生にわたって学び続けてほしい。心理学科での学びを成し遂げたことに自信をもって、社会でも学び続けてほしい」と式辞を述べました。

式を終わるにあたって、卒業生の前途を祝って、くす玉を割ることになりました。4年クラスアドバイザーが協力してひもを引いたところ・・・卒業生を思う気持ちが強すぎたのか、くす玉ごと引っ張り落としてしまい、卒業生を含めて一同大笑い・・・にぎやかな笑い声とともに、学科授与式は終了しました。

Pic01

pic02

pic03

人見記念講堂での卒業式では緊張の面持ちの卒業生でしたが、慣れ親しんだ学科での授与式では、終始満面の笑顔でした。黒一色のアカデミックガウン姿が、卒業生の誇らしげな笑顔をより一層際立たせていたように感じました。

卒業生のご健康と今後のご活躍を心よりお祈りいたします。

(藤崎春代)

 

平成28年度 「心理学基礎演習」ガイダンス [2017年03月15日(水)]

2017年2月25日(土)10:30~12:00に、今年も2年生を対象に「心理学基礎演習」ガイダンスが行われました。

昭和女子大学心理学科では、4年間の学びの集大成として卒業論文が必修となっています。この卒業論文作成のため、3年次から「心理学基礎演習」というゼミにおいて、各自の関心あるテーマで研究を開始します。

写真1

 

心理学科には現在、認知・発達・社会・臨床の4領域を網羅する14名の教員おり、それぞれの専門性に応じた特色のあるゼミが行われています。それぞれのゼミは10名以下の少人数で、発表や議論を中心に進められます。

 

写真2

 

2年生はこの時期、3年次からどのゼミに入って研究を進めるかについて考えます。今回の行われたガイダンスでは、各教員がそれぞれのゼミの特色について説明し、その後個別で学生の相談を受けます。学生は、自分の関心のある研究テーマで卒業論文を作成するのにふさわしいゼミについて相談します。

 

写真3

2年生の皆さん、4月からは3年生ですね。

卒業論文の作成に向けて具体的な学びをスタートしましょう!

(教務部委員)

 

平成28年度 修士2年 修士論文発表会 [2017年03月07日(火)]

2月4(土)の午前中に、平成28年度心理学専攻修士論文発表会が開催されました。

学会と同じ、ポスターセッションでの発表です。ポスター掲示板の設営は、M1の院生が担当しました。

DSC_1849 DSC_1855
M2の院生は、全員スーツ姿で2年間の研究成果を発表しました。主査・副査の教員からの指摘も踏まえ、決定版のポスターをパワーポイントで作成しました。M2の同級生やM1の後輩たちに、自分が行ってきた調査や実験の内容を説明します。
DSC_1882 DSC_1918
在席時間の60分の間には、先生方も次々と回って来て、ポスターの内容を吟味します。何を聞かれるか、どきどきです。
DSC_1909
指導教員以外の先生から「これはどういうことですか」と想定外の質問が飛び出してあわてることもありますが、気づかされることも多いです。

60分の在席時間が終わるとほっとします。M2の皆さん、お疲れさま。

M1の院生たちは、先輩の発表や教員のコメントに聞き入っています。来年は自分たちがポスター発表をするのかと思うと、身が引き締まります。

(心理学専攻教員)

平成28年度 心理専門職ガイダンス [2017年03月01日(水)]

2月13日(月)2時限に、心理専門職ガイダンスが開催されました。このガイダンスは昨年度から開催されているもので、今回が2回目となります。

一般に心理専門職というと、臨床心理士の資格をもってスクールカウンセラー等として働いていることが知られていますが、このガイダンスでは、臨床心理士の資格に関係なく、公務員の心理専門職として実際に第一線でご活躍中の方々に来ていただき、職務内容、やりがい等について、お話を伺いました。

IMG_7453

具体的には、法務省東京少年鑑別所の鑑別指導官の方から「心理技官」について、法務省矯正研修所の教官から「法務教官」について、独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構東京障害者職業センターの方から「障害者職業カウンセラー」について、お話を伺いました。

IMG_7459

このような心理専門職の実際についてお話を伺うことはめったにないので、参加した学生にとっては、あまり知られていない心理専門職について知る貴重な機会となりました。

IMG_7454

これを契機に、公務員の心理専門職も将来の進路のひとつとして、視野に入れてもらえればと思います。当日は、心理専門職に関心のある1年生8名、2年生7名、計15名の参加がありました。3年生は、昨年2年生のときにガイダンスに参加したため、今回は参加がなかったものと思われます。

(キャリア支援部委員:島谷)

平成28年度 心理学科合格者スクーリング [2017年02月26日(日)]

新たに4月から心理学科に入学する高校3年生のスクーリングが行われました。

スクーリングは、AO入試や推薦入試で合格が決まっている方が対象です。各自が事前に作成した課題のレポートについてグループ・ディスカッションをします。

スクーリングの目的は、4月から心理学を学び始める準備として知識や視野を広げてもらうことです。ですが、心理学科のスクーリングの目的はそれだけではありません。仲間と一緒に過ごし、学ぶことの楽しさを感じることが一番の目的といえます。また、このスクーリングには心理学科の教員の約半数が参加しますので、顔を覚えたり、雰囲気をつかんだりできます。

Pic1

Pic2

 

大学での授業ではディスカッションが多く行われます。このスクーリングを通してディスカッションを体験することも大事です。このような授業では、積極的に自分の意見を言うとともに、友達の意見をしっかり聞く必要があります。始めはなかなか自分の意見を発言しづらいかもしれませんが、次第に緊張もほぐれてさまざまな意見が出されました。自分一人では気づかなかった新たな視点を得ることができた、という感想も聞かれました。

Pic3

4月になったら一般入試等の合格者も一緒に新1年生が誕生します。お互いに学び合い、有意義な4年間にしていきましょう。入学式でお会いできるのを楽しみにしております。

 

(心理学科アドミッションWG)

 

平成28年度 心理学科内定者座談会 [2017年02月25日(土)]

こんにちは。心理学科3年の関本です。

今日は就職内定者・進学予定者との座談会の紹介をします。

座談会は11月16日と1月25日の2回行われました。

IMG_7057

座談会では、就職や進学の決まっている4年生の先輩方に、就職活動の進め方などについてお話をたくさん聞きました。私は特に、学校取りまとめや推薦についてよくわかっていなかったので、その流れなどを詳しく学生目線で伺うことができてよかったです。

IMG_7076

私は今、就活全般において、うまくいかないのではないかと不安でいっぱいな状態です。そのことを素直に先輩方に相談してみると、的確なアドバイスで励ましてくださいました。

IMG_7238

就職活動を乗り切った先輩方の言葉はとても信頼でき、自分もまずは行動してみようという勇気が出ました。

(3B関本 )

 

平成28年度 授業紹介06:心理学入門演習 [2017年02月21日(火)]

「心理学入門演習」は2年後期の必修授業であり、各グループが4人程度に分かれて、活動する演習形式の授業になります。この授業では、3年生から始まるゼミ(演習)や4年生で完成させる卒業論文に向けた足掛かりとして、研究計画の立案・方法の精査と結果の予測・グループでの討議・プレゼンテーションの基礎的な能力を身につけることを目的としています。グループは後期の初めの授業で発表され、それから半年間ともに議論を重ねて、それぞれの研究計画を発表していきます。

授業で研究計画を立てる基盤となるのは、「ことわざ」です。出発点としては、世代や経験則を反映していると考えられる「ことわざ」が、本当に科学的に正しいのかを確かめるための研究プランを練ってもらうことになります。そのために、グループごとに1つの「ことわざ」を選択し、その意味を具体例、そして心理学的なことばとして置き換えていきます。それらを基に仮説を立てて、実験や調査の手法を用いて検証するためのアイディアを発表していくものになります。

IMG_7258

各グループとも仮説の設定に苦労し、それを乗り越えた後もどのような方法を用いるか、想定する結果を得るためにはどうするか、といったように頭を悩ませていました。まさに一難去ってまた一難といったところでしょうか。しかし、グループで協働し、討議を重ねていくことで内容が徐々に良くなっていく様子を見ることが出来たことは、教員として嬉しく思う部分でもありました。

IMG_7245

最後にはパワーポイントを用いて研究計画の発表会を行います。1回目に行った発表を基に修正し、各グループがそれぞれの個性を出し、工夫を凝らしながら発表をしていました。その中で、発表自体や、他人に自分たちの考えを伝えることの難しさを学んでくれたのかなと思います。

IMG_7260

学生さんたちからは、「卒論はこれを全部一人でやるの?」「結果が予想と違ったらどうするの?」「本当にこんな頼み方で研究に協力してくれるのかな?」といった声が多く聞かれました。もちろん不安になることはあると思いますが、今回の授業で学んだことは必ずや、3,4年生で活きてくると思います。皆さん本当にお疲れさまでした。

(担当教員一同)

平成28年度 臨床現場のOGと語る会 [2017年01月18日(水)]

本学大学院心理学専攻の修了生の多くは、心理臨床職としてこころの問題に取り組み活躍されていらっしゃいます。そこで毎年、臨床心理士として活躍されている修了生をお招きして、それぞれの臨床現場でのお話をうかがっています。

IMG_7201

臨床心理士の働く領域は多くの分野に渡ります。様々な職場のうち、今回は、【教育】の領域からは、小学校・中学校のスクールカウンセラーと活躍している中里さん、【産業・医療】の領域からは、ストレスチェック業務に携わり、企業でのカウンセリング・コンサルティングに携わっている佐藤さん、【療育】の領域からは、児童発達支援をおこなう民間事業所で、発達相談や子育て相談に携わっている大岩さんの3名のOGの方に来ていただきました。各々30分程度お話しいただいたのち、学生はグループに分かれてそれぞれのOGを囲んでフリーディスカッションを行いました。

IMG_72161

3名の方は共に、臨床心理士として業務に熱心に取り組むと共に、悩みや苦労を抱えつつ学び、対人援助職として成長し続けようという姿勢を強く持たれていました。

学生からは、心理臨床職としての仕事や職業生活などについて、「それぞれの職場のリアルな情報を得ることができた」、「進路やこれからの学生生活の過ごし方など考えることができた」、「仕事に就く上での課題がわかった」などの様々な感想が寄せられました。学生の皆さんにとって、年齢の近い先輩たちから直接お話を伺うことは、仕事について理解するだけでなく、自身のキャリアイメージを作るという意味でも良い機会になったようです。

(生活心理研究所所長 田中奈緒子)

平成28年度 特殊研究講座 「犯罪心理学」 大渕憲一 東北大学名誉教授 [2016年12月20日(火)]

10月29日(土)、大渕憲一東北大学名誉教授をお招きして、特殊研究講座「犯罪心理学」が開催されました。

IMG_6979

第一部は「無差別殺人の心理」を取り上げ、国内外の有名な事件を紹介して、犯人が無差別殺人を犯すメカニズムが解説されました。ぞっとするような殺伐とした事件ばかりでしたが、大渕先生の穏やかな語り口が救いでした。大阪教育大学附属池田小学校の事件のお話をされた際には、大渕先生ご自身が大阪教育大学で教鞭をとった経験がおありだったため、他人ごとではなく、大きな衝撃を受けたとのことでした。慢性的なストレスが自己破壊衝動を生み、無差別殺人の引き金になるというお話を伺うと、ストレスへの対処の重要性が改めて感じられました。

IMG_6958
「犯罪心理学」という演題から、無差別殺人の心理の解明で終わるかと思っておりましたら、第二部は「非暴力文化の醸成」という内容でした。犯罪の予防のために、さまざまな防犯の取り組みが行われておりますが、大渕先生が提起されたのは、非暴力文化を醸成することによって暴力犯罪が減少するだろうという巨視的な見通しでした。そして非暴力文化の醸成というのは、何も特別なことをするのではなく、私たちの社会が大切にしているもの、例えば教育や民主主義をしっかりと機能させ継承していくことに他ならないという大渕先生の結論は、非常に印象的でした。

IMG_6972

(今城周造)

平成28年度 第7回心理学科 心理支援コミュニティ・サービスラーニング(CSL)成果発表会 [2016年12月13日(火)]

12月6日(火)に、学園本部館の大会議室にて、第7回「心理支援コミュニティ・サービスラーニング(CSL)成果発表会」が行われました。心理支援コミュニティ・サービスラーニングとは、学生が大学と提携している地域の外部機関(教育委員会など20機関以上)に伺い、これまで学んだ心理学の知識を活用して支援を行い、支援を通じて実践知を深める取り組みになります。具体的には、不登校のお子さんへの登校支援や、勉強が苦手なお子さんへの学習支援、女性に安心して過ごせる居場所の提供、長期休暇中の子どもたちの宿泊研修への参加などがあります。

成果発表会の第1部では、心理学科から4名の学生が登壇し、心理支援について学んだことやこれからの課題について自分の成果を発表しました。それぞれの発表者は活動を通じて、子どもとのバランスの良い距離感を保つこと、本音を見抜くことや、メリハリのある対応をすることの難しさを痛感したと各々が口にしていました。

pic1

しかし、これらの気づきを協働で乗り越えたことで「自分の成長につながった」ことも実感していると報告してくれました。発表者に共通していたことは、「支援を受ける側の気持ちになって考えたうえで、最適な方法は何かを考えるようになった」という点でした。

pic2

各人の発表を受けて、活動先の先生方から、活動内容や今回の発表についての講評を頂きました。活動先の先生方(教育委員会など13団体20数名)のお話から、学内では知ることのできない学生の支援時の様子も伺うことが出来て、とても誇らしく感じました。

第2部の三者懇談会は立食形式で行われ、美味しい料理を食べながら、活動先の先生方とお話しをして頂きました。自分が出向いている機関の先生方とお話をし、支援に関するフィードバックを受けることがとても良い経験だったのではないでしょうか。また、実際に自分が行っていない機関の先生方ともお話しすることが出来たことで、現場でニーズが高いことや、より多くの貢献できること知ることだけではなく、自分が活動を通じて学んだことや、気づいたことの深化にもつながる貴重な体験となったと思います。

pic3

最後になりますが、本年度も多くの学生が子どもたちへの支援やボランティア活動を通じて様々なことを学ぶことが出来たことを嬉しく思います。ご参加いただきました外部機関の先生方をはじめ、CSLの活動にご協力いただいております先生方に改めて御礼申し上げます。誠にありがとうございました。

(大森幹真)