第109回、110回メンターフェアを開催しました。 [2019年06月06日(Thu)]

一足先に夏になってしまったかのような気候が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

そんな暑さの中、5月末から6月にかけて、メンターフェアを2回開催しました。
参加した学生の感想をご紹介します。

「仕事の良い部分だけではなく、きつい部分や厳しい部分についても聞くことができて良かった」
「人と話をするのが苦手なのですが、“仕事をしていく中で慣れていくから大丈夫”と言って下さり、安心したし嬉しかった」
「管理栄養士を目指しているのですが、せっかくの機会なので全く異なる職種の方お話を聞いてみて、とてもためになりました」

寄せられた質問からは、将来に向かってどのように行動していけば良いのか分からないながらも、
立ち止まるのではなく、まずは聞いてみる、行動してみるという姿勢が覗えます。

ご協力いただいたメンターの皆さまには心より感謝申し上げます。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

昭和女子大学社会人メンターネットワーク

社会人メンターネットワークについての詳細は、以下のホームページをご覧ください。
https://mentor.swu.ac.jp/

第108回メンターフェアを開催しました [2019年05月16日(Thu)]

先週末は母の日でした。
日頃の感謝の気持ちを込めてプレゼント贈ったり、貰ったりされた方も多いのではないでしょうか。

メンターの中には、学生の母親世代に当たる方も多くいらっしゃいます。
大学での勉強やサークル、バイトといった、学生の日常生活の中で、
母親や教職員以外の「大人の女性」とじっくりお話しをする機会は以外と少ないものです。

社会人メンターネットワークの各プログラムでは、
そんな学生達に「大人の女性」と交流できる機会を提供しています。
 
 
さて、今回のメンターフェアには52名の学生が参加しました。

「将来のことを考えると、転職することもあると思う。実際に経験した方から経験談を伺いたい。」
「せっかく勉強したから将来は英語を使いたいけど、仕事で使う英語と学校で習う英語はどんなふうに違うのか。」等々。
社会人として働く中では“当たり前”になっていることでも、社会に出る前の学生の立場からでは見えないものが多々あります。メンターの方と対話は、学生が新たな視点を得るきっかけになっています。

ご協力いただいたメンターの皆さまには心より感謝申し上げます。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

昭和女子大学社会人メンターネットワーク

社会人メンターネットワークについての詳細は、以下のホームページをご覧ください。
https://mentor.swu.ac.jp/

第107回メンターフェアを開催しました [2019年05月09日(Thu)]

例年にない長い連休が明け、新しい令和の時代が始まりました。
大学のキャンパスにも賑わいが戻り、授業や部活動も本格的にスタートしています。

さて、去る4月23日(火)、平成最後のメンターフェアを開催いたしました。
この春に入学したばかりの1年生も3名参加し、
学生生活の過ごし方や進路についてお話しを伺ったようです。

活動に参加した学生からは、
どうしたら就職できるのか、何をやっておけばよいのか等、
焦りばかり大きくなっていたが、お話しをする中で、
まずは今自分が取り組んでいることを一生懸命やろうと
思えるようになったという声もありました。

ご協力いただいたメンターの皆さまには心より感謝申し上げます。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

昭和女子大学社会人メンターネットワーク

社会人メンターネットワークについての詳細は、以下のホームページをご覧ください。
https://mentor.swu.ac.jp/

2019年度春期のメンター募集を締め切りました [2019年04月03日(Wed)]

2019年度春期のメンター募集は4月2日(火)で締め切りました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

次回の募集は、2019年9月に実施いたします。

社会人メンターのやりがいとメリット(現役メンターの声 その2) [2019年03月29日(Fri)]

2018年度も残すところ、あと僅かになりました。

この1年間に社会人メンター制度のプログラムを利用した学生は、のべ約1,920人。
メンターの皆様には、お忙しい中お力添えをいただき、本当にありがとうございました。

本学のキャリア支援システムでは、その鼎に「キャリア教育」「キャリア支援システム」そして「社会人メンター制度」を据えており、メンターの皆様には大変重要な役割を果たしていただきました。
この場を借りて改めて御礼申し上げます。

また、満開の桜のもと新しい年度がスタートします。
昭和女子大学では、現在新しく社会人メンターとしてご協力いただける方を募集しております。
学生のロールモデルとしてご自身の経験を語っていただける方、お待ちしております。

前回に引き続き、先輩メンターに伺った、“社会人メンターになって良かった”ことをご紹介いたします。
—————————————————–

「親子ほど年齢の離れた学生の皆さんが、今、何を感じ、どんなことに迷い不安を感じていらっしゃるのかを間近に感じることができ、一緒に考えさせていただく機会を頂戴しています。
“働くことは、たいへんなこともたくますが、楽しいですよ。”とお話しすると、“初めて働くことがしいと聞きました。とても新鮮です。”とお話し下さるのとともに明るい表情に変わっていかれる学さんにほっと致します。」

「学生さんが失敗体験を語りだしこちらも涙ぐんでしまった時、互いに心が通い最後は元気よく頑張ります、と言っていただいたこと。
また、見た感じや話し方が、やる気のなさそうな印象の生徒さんが、話しているうちに、実はその生徒さんなりに既にいろいろなことを準備し、出来ることがあることに気づいていき、話が終わった後その背中がやる気に溢れているのをみたこと。
いずれも私が何かをしたわけでは無いのですが、こうした化学反応を見てやりがいを感じました。」

「自分の学生時代は、就職活動の支援すらさほどじゃない時代だったので良く考えぬまま社会に出たように思います。逆に今の学生さんは、情報の多さに戸惑っているようにも感じつつ、このような制度を有効に活かした学生さんは、親、先生以外の社会人との交流で学生時代の過ごし方が変わっていくと思いました。」

「学生の方が何に不安を感じるのかがわかった事と、メンターカフェforメンターで、メンターの先輩方の話から女性のキャリアには様々な道があり、皆さんがそれぞれの道で頑張ってきた話しが刺激になりました。」

アンケートにご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
※このブログの3月15日、18日、27日に他のコメントも掲載しております。あわせてご覧ください!
—————————————————————–
<2019年度春期 社会人メンター募集>
募集期間:3月11日(月)~4月2日(火)
募集要項:2019年度春期募集要項
応募方法:こちらのページからご応募ください。
—————————————————————–

社会人メンターのやりがいとメリット(現役メンターの声) [2019年03月27日(Wed)]

今年度春期の社会人メンター募集期間も残すところ、あと一週間となりました。
まだご応募を迷っている方へ、現在ご活躍中のメンターの声をお届けします。

「社会人メンター」の仕組みは、学生のためだけにあるものではありません。
学生とメンター、それぞれが自らのキャリア形成を考え、成長を遂げることを目標に掲げています。

それではメンターにとって、具体的にどのようなやりがいやメリットがあるのでしょうか?
“社会人メンターになって良かった”と感じた経験を、現役のメンターの方々に伺いました。

—————————————————

「お話していく中で、学生さんの表情がパッと明るくなって喜んで頂けたとき、何某かはお役に立てたのではと嬉しく思います。」

「少しでもお役に立てばと応募したメンターですが、学生さんとの会話を通して、皆さんが知りたいこと、悩んでいること、考え方、就職活動やキャリア教育についてなど、私のほうが学ぶことが多いです。」

「学生さんと話をすることで自分自身のキャリアや仕事に対する考え方の棚卸ができたり、メンターカフェforメンターなどを通じて、他のメンターの方々と交流を持てたり、会社では決して得られない気づきや出会いを得ることができた。」

「学生さんのリアルな心情を聴けることは社内の若手社員の心情理解に近づいたと感じます。」

「自分自身を見つめなおす機会にもなっており、学生さんと共に成長することができている。」
 
 
アンケートにご協力いただいた皆様、ありがとうございました。
※このブログの3月15日、3月18日に他のコメントも掲載しております。あわせてご覧ください!
 
—————————————————————–
<2019年度春期 社会人メンター募集>
募集期間:3月11日(月)~4月2日(火)
募集要項:2019年度春期募集要項
応募方法:こちらのページからご応募ください。
—————————————————————–

社会人メンターによる自主企画が開催されました [2019年03月20日(Wed)]

春分の日を前に、季節を先取りしたような暖かな陽気になりました。

さて、4月は入園・入学のシーズンですが、それを目前に、社会人メンター 塚本様の主催により、
「育児休暇後の復職と女性の社会復帰の為の朝のミーティング」が、2回開催されました。

育児休暇の制度は広く普及しましたが、復職後の生活や、その後のキャリアをどう築いていくかは、一人ひとりが手探りの状態、ということも多いかもしれません。
現在育児休暇中の方だけではなく、職場復帰された方や受け入れる側を経験された方など、様々な女性が集まり、不安や思いを共有するとともに、アイデアや経験談をシェアします。

———————————————-
<一回目>
4名の育児経験のあるメンターが集合して下さいました。
現在育児休暇中で赤ちゃん連れの方から、育児休暇を経て現在は別のステージで活躍中の方、育児休暇明けの方を受け入れる立場にあった方など、幅広い層の方々が集まった会となりました。

ご自身の経験を語っていただく事で、後に続く方からは「心構えが出来た」、経験を語られた方からは「過去の自分の決断を再確認するよい機会となった」とのご意見を頂戴し、双方にとって有意義な時間が持てたのではと感じています。

ご参加下さった皆様、事務局の方、本当にありがとうございました。

<二回目>
3名の育児経験のあるメンターが集合して下さいました。
うち2名は赤ちゃんを連れてのご参加でした。育児休暇中を有意義に過ごしたい、育児休暇中だからこそ出来る事を知りたいと、お二人とも、ただいま育児休暇中だからこそ考える事がおありになるようでした。

一方、先輩メンターの方は、3人の育児とご両親の介護も経験された大ベテランの方で、今回は新米ママさんとベテランママさんを繋ぐ会になりました。
同じテーマでも前回とは違う展開になり、主催者としては、とても興味深く、私自身もなぜこの回を企画に至ったのか根底にあるものに気付かされた会合になりました。

男性と比べると結婚、出産、育児、子供の成長に伴う自身の決断、配偶者の転勤、介護等、人生の選択肢が多い分、その分、男性より楽しい人生なのが女性の人生である!坂東先生が仰っているように「女性の人生は晩年が面白い」と言えるように十分な種まきをしたいと感じた2時間でした。

更に両方の回に共通する事は、参加者の先輩方お二人が介護経験者である事でした。自分自身、育児真っただ中ゆえに育児にばかり目がいきがちですが「育児もそうだが介護も女性の人生にとって大きな課題である」と再認識させられました。女性の人生について改めて考える時間を持てた事に感謝です。このことがメンターの皆さん自身の自己理解の一つになり、今後、学生さんとの面談やフェアなどで学生さんの人生選択のお手伝いの一助になれば幸いです。

一回目、二回目、ご参加下さった皆様、事務局の方、本当にありがとうございました。
————————————————

”自主企画”は、年間を通して募集を行っています。
メンター相互の交流や意識向上、社会参加の手掛かりとなるような勉強会や講習会だけでなく、
気になるテーマや話題について共有したいという方、是非企画をお寄せ下さい。

昭和女子大学社会人メンターネットワーク

社会人メンターネットワークについての詳細は、以下のホームページをご覧ください。
https://mentor.swu.ac.jp/

社会人メンターへのご応募をお考えの方へ(メッセージのご紹介 その2) [2019年03月18日(Mon)]

桜の開花が待ち遠しい時期になりました。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

昭和女子大学では、去る3月16日(土)に卒業式が執り行われました。
メンターの皆さまからのアドバイスにより視野を広げ、自分なりの将来を選択した学生達が、それぞれの未来に向かって新しい一歩を踏み出してゆきました。

さて、前回に引き続き、先輩メンターからのメッセージをご紹介いたします。

——————————————————————————
「学生との対話を通して、若いエネルギーを感じ、自分の人生を振り返ることができ、学生に生き方のヒントを提示することが出来る貴重な機会です。学生が自己概念を拡大するお手伝いをしながら、自分も元気をもらえる時間を、楽しんでみませんか。」

「学生さんたちとの会話を通じて、私は自分自身を振り返ることができました。あの時、何を考えていたか、何を悩んでいたのか。学生さんからの質問がきっかけで、遠い記憶を掘り起こしたことが、実は、自分の頭の整理になったり、あの時の選択はよかったのかも、と思えたり。自分の小さな経験が次世代の女性たちの力になれたらと思い、メンターになりましたが、力を頂いたのはむしろ私の方でした。とてもよい経験でした。」

「今の学生さん世代は、本当に女の子が元気で、活気があり、優秀だと思います。昭和の学生さんも、本当にそういう学生さんが多くて、学生さんとお話しさせていただくと、社会人の私たちこそ、元気をもらえます。見ているだけでも、頼もしく、とてもうれしい気持ちになれます。昭和の女子学生さんたちの夢についてお伺いできる、貴重な機会です。」

「育児が一段落し、自分の経験を通して何か人のお役に立てることはないか模索していた時に、母校の社会人メンター制度を知りました。学生さん達に自分のことをお話しすると、年々身の周りの変化や自身の成長に気づくことができ、節目節目で自分史をまとめるような経験となりました。気付けば8年間お世話になりましたが、学生さんだけでなく、他のメンターさんや諸先生方と交流を持たせていただけたことも嬉しかったです。任期満了を迎え、今年から淋しくなりそうですが、面談した学生さんが翌年私の職場に病院実習で来て再会できたり、卒業してだいぶ経ったにも関わらずキャンパスを訪れるという貴重な機会を得たり、『社会人メンターになって本当に良かった!』というのが今の私の実感です。」

メッセージをお寄せいただいた皆様、ありがとうございました。

—————————————————————–
<2019年度春期 社会人メンター募集>
募集期間:3月11日(月)~4月2日(火)
募集要項:2019年度春期募集要項
応募方法:こちらのページからご応募ください。
—————————————————————–

社会人メンターへのご応募をお考えの方へ(メッセージのご紹介) [2019年03月15日(Fri)]

春は新たな旅立ちの季節です。

社会人メンターネットワークでも、設立当初からお力添えを下さった方々ベテランのメンターの皆様が、その任期の満了にともない、活動を終了し、新たな力強い一歩を踏み出されます。

そんな、学生にとってロールモデルとして活躍された魅力的な女性達から、これから社会人メンターへ応募をお考えの女性に宛ててメッセージをいただきました。

今週から順次、ご紹介していきます。

—————————————————————–
「様々なご自身の経験は、次世代を担う学生の皆さんに将来への道標となり得るものと確信しています。自信を持って社会人メンターに参加する事をお勧めします。」

「今、この時代を生きる学生の考えや世界を知ることができる貴重な制度だと思います。誰もが成功を収められるわけではなく、失敗や後悔、苦悩を抱えたありのままの人生を伝えてほしいと思います。きっとメンター自身も成長できると思います。」

「後輩女子達に、人生の多様性とその楽しさを教えてあげてください。」

「様々な人生経験の成功や失敗などの実直な意見を学生の方と共有できて、逆に新しい価値観を見つけていただきました。一緒に発展していける機会だと思います。」

「これからの日本を担う若い方々の背中をそっと押すことができて、なんとやりがいの大きい役割でしょう!と毎回感じながら足を運びました。
様々な学科があるので、生徒の興味関心も様々です。私の場合は、専門職の話題、産後の仕事とのバランスの話、結婚や専業主婦の話、ボランティアや学びの話、一般企業への就職も視野に入れている、どうしたら希望をしぼれるのか、転職について… 様々な考えを持った学生さんとお話ししてまいりました。
自分も、学生時代にこうした制度があったら、もっと視野が広がったかも!気持ちを楽に持てたかも!そうピンときて応募した時の勘は、大当たりでした。
皆さんもぜひ、社会人メンターとなって学生さん方とお話ししてみてくださいね。」

メッセージをお寄せいただいた皆様、ありがとうございました。

—————————————————————–
<2019年度春期 社会人メンター募集>
募集期間:3月11日(月)~4月2日(火)
募集要項:2019年度春期募集要項
応募方法:こちらのページからご応募ください。
—————————————————————–

2019年度春期 社会人メンター募集開始のお知らせ [2019年03月11日(Mon)]

昭和女子大学ではキャリアデザイン力を学生が身につけられるよう、体系的なキャリア教育を推進しています。
その一環として、社会人女性と大学生が交流する「社会人メンターネットワーク」を運営しています。
これから社会に羽ばたいていく若い世代のためにご協力いただける方のご応募をお待ちしています。

【募集期間】3月11日(月)~4月2日(火)
【募集要項】2019年度春期募集要項
【応募方法】こちらのページからご応募ください

※「社会人メンターネットワーク」の詳細についてはこちらをご参照ください。