2013年12月

2013 ハリファックスの空から MR ~留学便り④~ [2013年12月30日(月)]

【授業および大学での活動】
最後の月ということもあって、テストやプレゼンテーションがありました。プレゼンテーションではForeign aidについて発表しました。このプレゼンテーションに向けて色々と調べていくうちに、自分の知らなかったことをたくさん知ることができました。本番では一番最初ということもあって少し緊張しましたが、練習通りうまくできたと思います。最後の月も有意義に過ごせたと思います。

【ホームステイでの生活】
今月は私の友達が日本から遊びに来てくれました。マザーのご厚意で家に泊めてもらい、また観光地に車で連れて行ってくれたりしました。友達も楽しんでくれたみたいでよかったです。また、今月はカナダで過ごす最後の月だったので、マザーの友達の家を訪れて、一緒にギターを弾いたり、歌を歌ったり、とてもいい思い出ができました。ホストマザーやルームメイトにも恵まれ、離れるのがとても寂しかったです。また、ホストマザーに会いにHalifaxを訪れたいと思います。

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行、その他)】
とても仲がいい中国人の友達がさよならパーティを開いてくれました。たくさんの中国料理を振る舞ってくれたり、ゲームをしたり、とても楽しい時間を過ごすことができました。今回の留学でたくさんの友達ができました。その友達と離れるのはすごく寂しいけど、これからも連絡を取り続けて、また会いに行きたいと思います。

2013 ワルシャワの空から KF ~留学便り③~ [2013年12月20日(金)]

冷え込む日が増え、体調を崩しがちです。
外出するときは十二分防寒して健康に過ごしたいです。

【授業および大学での活動】
学習院女子大学からの交換留学生の方が先生となって、学内で書道部を開いており、私も毎週木曜日の授業後に顔を出しています。部員は主にワルシャワ大学の日本学科の学生さんです。私は書道を習っていたこともあるので、こちらの書道部では先生と一緒に少しだけ教えたりもします。学生さんはほとんどが初心者ですが、中には数か月で目覚ましい上達を見せる人も何人かいます。また私は経験者なので、お手本を見ずに好きな文字を好きなように書いて過ごしているのですが、学生さんたちは私が何を書いているのかとても興味津々で覗いては、すごいとか先生の書き方とはまた違うとか満足げにお話ししてくるのです。毎週部活に来る部員数はだいたい10名ほどで、多い時は15名くらいいます。筆や墨汁は、日本学科が所有しているものをお借りしているようです。半紙はさすがに手に入らないので、練習は新聞紙にして、本番だけ白い紙にするようにしています。

【寮での生活】
先日、午後8時ごろに、停電がありました。夜だったので、カーテンを開けても暗いままなので廊下に出ると、何人か部屋から出てきていたのでフロア全体が停電になっていたようでした。そのうちの一人がレセプションに走ってくれたので、すぐに電気はついたのですが、ものの30分もしないうちにまた停電になってしまいました。その週は何度か昼夜問わず停電がありました。最近は収まり、それ以外は特に困ったことや事件も無く暮らしています。

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行、その他)】
11月の終わりごろ、クラクフへ小旅行に行きました。初日は知り合いの学生さんに案内をしていただいて、ヴィェリチカ岩塩抗へ行きました。とても広く、まず岩塩鉱の入り口からスタート地点の地下まで300段以上の階段を降ります。だいたい64メートルほどだそうです。降りてからはツアーで2~3時間ほど歩いて見学するのですが、それでもまだ全体の何分の一にも満たないそうです。ツアーの一番の見どころは、大きな穴をあけて作った礼拝堂でした。
翌日は朝クラクフ中央駅から1時間ほどバスに乗り、アウシュビッツ強制収容所博物館に行きました。ポーランド滞在中に必ず行くと決めていた場所でしたが、いざ目の前にするとその雰囲気に圧倒されて少し緊張しました。アウシュビッツと少し離れたビルケナウ収容所の英語ツアーでだいたい3時間半~4時間ほどかかります。アウシュビッツの’ARBEIT MACHT FREI’と書かれた門をくぐり、囚人たちが収容されていた棟一つ一つが博物館のようになって、犠牲者の大量の靴や所有物や写真が展示されています。ツアーは各国語で行われており、私たちは英語ツアーに参加しましたが、日本語のツアーもあるそうです。展示品の解説の中にヘブライ語の翻訳もあり、またヘブライ語ツアーの団体もありました。この団体の人々は皆イスラエルの国旗を持っており、中には泣いている人の姿もありました。アウシュビッツを一通り見学すると、今度はシャトルバスに乗ってみんなでビルケナウに移動しました。こちらに有名な死の門があります。ビルケナウは、もともとそこにあった村をつぶして収容所を作っただけあって、とても広大な場所でした。ところどころドイツ軍が撤退の際に爆破していったそうで、その残骸も見ることができます。他にはこちらでは、各国語の慰霊碑と実際に囚人が生活していたバラックの中を見学しました。ツアーが終わり、時間があればその後自由に見学もできるのですが、帰りの電車があるため、そのままバスに乗って博物館を後にしました。収容所での印象的だったことは、やはりその広さでした。あれだけの場所がいっぱいになるほどの人をかき集めてきて、それでいてそのほとんどが亡くなったことが一番ショックでした。誰もが知る負の遺産であり、事前に関連書物を読んだり、調べたりして見学に行きましたが実際に行って見ないと分からないことがたくさんあるのだ実感しました。

2013 シアトルの空から HM ~留学便り③~ [2013年12月20日(金)]

11月は9月からの新しい環境と10月の忙しさからか半ばで体調を崩してしまい風邪のため何日か寝込んでしまいました。3連休の週末にかぶったため授業は一度やすんだだけで済みましたが、栄養管理はある程度きちんとしていたつもりだったのでたぶん生活サイクルの乱れからも来たのかもしれません。ルームメイトたちも心配してくれてクラスの友達の助けもあったおかげでそこまで長引かずに済みました。しかし勉強が追いつかず何かと苦労はいまだにあるので体調管理にはとくに気を付けたいと思います。12月の前半には期末などのファイナルに関わるたくさんの重要なことが控えているので体調管理においては特に気を引き締めたいと思います。

【授業および大学での活動】
11月は中間と期末の間の時期で中間テストや中間のペーパーが返却されたりしました。アメリカの大学は思ったよりも成績のつけかたがシビアだし中間テストも悪くてびっくりして少し落ち込んだので期末はもう少し点数が取れるように頑張りたいと思います。クラスも近代史になってややこしくなり始めたので、カンバセーションパートナーやともだちに助けてもらいながらも最低限クラスがクリアできるだけのグレードは取れるように努力します。

【寮での生活】
とにかく大体の週末というよりも出かけるときも家にいるときもルームメイトと一緒にいる子とが多いです。彼女は私のことをかなり慕ってくれているので畏れ多く感じることも多々ありますが、自分にとって英語を話す機会が増えて毎日が充実しています。特に一緒に料理をしたり(thanks giving にはルームメイトでターキーを焼いたりしました)、いろいろな料理を教えてもらったり、ほんとうに毎日何時間も話したりしてついには宗教や戦争のことまで腹を割って話すようになりなんでも雄言い合える中になったのですごく快適に暮らしています。買い物にも基本的に彼女たちと行きます。私の影響でふたりともわたしはあまり見ないのですが日本に興味をもってアニメを見始めたりわたしの好きな曲をバイオリンで練習し始めたりわたしと同じものをやたらと買ったり私のことを嫌に思ってはいないようなので本当に恵まれた環境で生活していると思います。

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行、その他)】
週末にはルームメイトが、わたしがまだいったことのないレストランや買い物の場所に車で連れて行ってくれるのでアウトレットやおいしいレストランなど連れてってもらいました。また11月は休みが多かったので久しぶりにYさんやその友達と車を借りてでかけたりもしました。ほかにはルームメイトのクワイアのコンサートに行ったり感謝祭をステイ組なりに楽しんだり、black Friday にお買い物したりと一日中英語ばかりでつかれますが日々充実しています。

2013 ハリファックスの空から SK ~留学便り③~ [2013年12月19日(木)]

【授業および大学での活動】
クラスも折り返し地点をすぎたので、クラスメイトとの仲も深まってきました。とくにConversation classの人たちとの会話はいつも楽しく、授業が終わるのがあっという間に感じます。授業の内容はいつも先生がトピックを出してそれについて話すというものなのですが、その内容は難しいものではなく友情についてや恋愛についてのものが多いので、話しも良く盛り上がります。他の国の人の意見を聞くことが出来るので、とても興味深いです。またモーニングクラスでは主に教科書を使って授業を進めるのですが、level5にあがったということもあり内容は難しくなっていますが、先生が考える時間をくださるので前回のクラスよりも自分の意見を発言できることも多くなりました。

【ホームステイ先での生活】
クリスマスが近いということもあり、ホームステイ先ではクリスマスの飾りつけがはじまりました。双子の子供がいるので、飾りつけもにぎやかです。私はクリスマスまでカナダにいられないので残念ですが、海外のクリスマスはやはり日本よりも派手で雰囲気が楽しめるので満足しています。

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行、その他)】
Black Fridayにはショッピングセンターに買い物に行きました。どのお店もセールをしていたのでとても混雑していました。またダウンタウン近くのウォーターフロントという場所の船の博物館にいきました。ハリファックスは北アメリカでも有名な港町なので、船にまつわる歴史が深いそうです。他にもタイタニックに関連した展示物や、Halifax explosionのことについての展示物もたくさんあったのでとても勉強になりました。他にはConversation classの友達とダウンタウンにある、Your father’s mustacheというチキンウィングスが有名なお店にいきました。たくさん話しをして久しぶりにおなかの底から笑えたので、とても楽しい時間をすごすことが出来ました。

2013 シアトルの空から KR ~留学便り③~ [2013年12月18日(水)]

【授業および大学での活動】
今月もいつもと変わらず授業に出席していましたが、Final Examがあったので先月よりかは慌ただしい月でした。いつもより課題の量が増えたり、自学習のために先生がハンドアウトを用意してくれたりしました。授業内では、final前のプレテストも行い、Listening Speakingの授業ではほかの授業とは異なった方法のFinal Examを行いました。Listeningはクラス内で音声を聞いて行うシンプルな方法でしたが、Speakingでは、クラス内で3.4人のグループに分かれて、グループごとにSpeakingのテストを行いました。また、そのスピーキングの内容がListeningで聞いたことについてのディスカッションなので、Speakingの試験であっても、同時にListeningのテスト内容の理解が求められます。Readingのクラスでは、vocabularyと Readingの2種類のFinal Examに分かれていました。

【寮での生活】
特に変わった様子はないですが、最近は気温がものすごく下がってきていて、なかなか部屋が暖まらず、室内がとても寒いので風邪をひかないように注意したいと思います。

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行、その他)】
今月は、Thanksgiving dayがあったので連休がありました。せっかくの休みということで、クラスメイトと外に出かけたり、Seattle Olympic Parkという、世界遺産にも足を運びました。Thanksgiving dayの次の日は、Black Fridayという、アメリカ残対の大セールが行われたので、ほとんどの人が買い物に出かけていました。人々がいろいろなモールにかけつけて混雑していましたが、にぎわっていてとても楽しかったです。日本でいう、年末年始のセールのようなものでした。また、4連休の最終日にはシアトルマラソンがおこなわれ、私は参加も観ることもできませんでしたが、私の友達はこのフルマラソンに挑戦し、達成感を得ていました。

2013 ハリファックスの空から MA ~留学便り③~ [2013年12月17日(火)]

【授業および大学での活動】
授業では現地の大学でもとめられるようなエッセイのライティングの練習、レクチャーの理解の練習をくりかえしています。Andやso、butなどの単語ばかりを繰り返しエッセイで使うのではなく、thereforeやalthough 、while、thusなどといった単語をエッセイに組み込み読んでいる人を退屈させない、わかりやすい、イントロダクション、ボディ、コンクリュージョンの効果的な書き方を宿題を通して実践しています。また、TED TALKなどを使って効果的なプレゼンテーションのスキルを学び、実際にプレゼンテーションをすることでどのようなプレゼンテーションが聞いているひとにより自分が何を伝えたいのかを伝わるのを学んでいます。また、毎週課せられる宿題では大学図書館のデータベースを通して雑誌や新聞からテキストのテーマに沿った記事を探し、サマリー、レスポンスを書く練習をしています。授業全体では現地の大学生活に向けて授業、宿題についていけるように練習をしているような内容です。

【ホームステイ先での生活】
ホームステイでの生活も完璧に安定したものになっています。最近は夜に猫がドアをひっかく音が気になる、外出した時に動物たちが部屋に入りいたずらをする、犬が掛布団やベッド下によく嘔吐する、などホームステイ先のペットのトラブルが相次いでいますが外出時はドアをしめてペットを入れさせないようにすることで改善されました。特にホストファミリーと外出したり会話することはありませんが、帰国準備に協力をしてくださいます。

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行、その他)】
本格的に寒くなってきたので外出することは大分減りました。しかし、毎週末は現地の友達の家に泊まり、家でテレビや料理、会話を楽しんでいます。日本語、英語を教えあったり、料理を学んだり、友達の話をきくことで文化の違いを発見したりと毎週新しい知識を得ています。今期が終わった後はバンクーバーへ旅行にいくので、自由時間にはインターネットでリサーチをして計画をたてています。

2013 モンタナの空から OY ~留学便り③~ [2013年12月16日(月)]

【授業および大学での活動】
11月は、ファイナルズウィークと言う12月に行われる期末試験に向け皆準備を始める時期でもあります。私も早めから準備することで、ファイナルズウィークで焦ることのないように頑張っていきたいです。

【寮での生活】
寮では新しく入ってきた女の子ととても仲よくなりました。彼女はジンジャーという名前の犬を部屋で飼っていて、とても大切にしています。廊下などですれ違った時に互いに近況報告をしあいファイナルに向けて頑張ろうとお互いを励まし合いました(笑)

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行、その他)】
11月はとても寒く日本では体感したことのない寒さを経験することができました。またアメリカで有名な祝日サンクスギビングデーも経験しました。大学ではサンクスギビングデーを祝うパーティがあり友人達と美味しい七面鳥や料理に舌鼓をうちました。サンクスギビングデーの週は学校が休みになり、私はホストファミリーの親戚の家で過ごしました。子供たちと一日中外で遊び、とても癒されました。またアメリカの家庭で過ごすサンクスギビングデーはとても興味深くアメリカ文化を肌で感じることのできるとても貴重な体験となりました。

2103 ハリファックスの空から SK ~留学便り③~ [2013年12月10日(火)]

カナさんからの留学便りです。
*********************************************
Conversation classの友達と撮ったものと、Water Front(さすがにこの季節、海に近くはとても寒かったのですが久しぶりに晴天だったこともあり撮りました!)で撮ったもの、あとChicken Wings(このお店は私の学校の生徒がよくいくお店で何品か半額になる木曜日はいつも混んでいます。Chicken Wingsを頼むと5~6種類のソースがから選べるので友達と違うものを頼んでシェアすることが多いです。)の写真です!

 

 

 

【授業および大学での活動】
クラスも折り返し地点をすぎたので、クラスメイトとの仲も深まってきました。とくにConversation classの人たちとの会話はいつも楽しく、授業が終わるのがあっという間に感じます。授業の内容はいつも先生がトピックを出してそれについて話すというものなのですが、その内容は難しいものではなく友情についてや恋愛についてのものが多いので、話しも良く盛り上がります。他の国の人の意見を聞くことが出来るので、とても興味深いです。またモーニングクラスでは主に教科書を使って授業を進めるのですが、level5にあがったということもあり内容は難しくなっていますが、先生が考える時間をくださるので前回のクラスよりも自分の意見を発言できることも多くなりました。

【ホームステイ先での生活】
クリスマスが近いということもあり、ホームステイ先ではクリスマスの飾りつけがはじまりました。双子の子供がいるので、飾りつけもにぎやかです。私はクリスマスまでカナダにいられないので残念ですが、海外のクリスマスはやはり日本よりも派手で雰囲気が楽しめるので満足しています。

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行、その他)】
Black Fridayにはショッピングセンターに買い物に行きました。どのお店もセールをしていたのでとても混雑していました。またダウンタウン近くのウォーターフロントという場所の船の博物館にいきました。ハリファックスは北アメリカでも有名な港町なので、船にまつわる歴史が深いそうです。他にもタイタニックに関連した展示物や、Halifax explosionのことについての展示物もたくさんあったのでとても勉強になりました。他にはConversation classの友達とダウンタウンにある、Your father’s mustacheというチキンウィングスが有名なお店にいきました。たくさん話しをして久しぶりにおなかの底から笑えたので、とても楽しい時間をすごすことが出来ました。

2013 ハリファックスの空から HI ~留学便り③~ [2013年12月06日(金)]

【授業および大学での活動】
大学の授業では、ジェンダーにおける平等と社会的身分の流動性について学んでいます。語学学校では、原因と結果についてのアカデミック単語や、エッセイを書いています。リサーチペーパーもドラフトと最終提出に向けて直しを進めています。他にも、プレゼンテーションに向けてのアカデミックランゲージを学んだり、ペーパーのためのヘッジングランゲージを学んだりしています。日本の大学とは違い、私の授業の場合、最後の授業からファイナル試験まで2週間勉強期間があります。

【寮での生活】
変わらずに過ごしています。大学のファイナルテストの時期も近づいてきて、フロア全体がクワイエットタイムになって、とても静かです。

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行、その他)】
クリスマスのパレード、ライトアップが町で開かれて見に行きました。町やお店もクリスマスのデコレーションで飾りつけされてとてもきれいです。他にも、リメンバランスデーという祝日もあり、戦争で戦った人のための記念日としてセレモニーも開かれました。その日のために服やカバンに赤い花のバッチを付ける人も多かったです。大人だけでなく、キャンパス内の学生も花を付けていたり、式に参加していたり、若い人の関心にとても驚きました。語学学校のアクティビティーとして学校で映画を見たり、大学のクラブのアイスホッケーも生で応援したりしました。カンバセーションパートナーと一緒に勉強会に参加もして、いろんなイベントに参加できたのでとても楽しかったです。

2013 ハリファックスの空から MR ~留学便り③~ [2013年12月05日(木)]

リナさんから留学便りが届きました。
*******************************************
一枚目はホストマザーとルームメイトとPEI(Princes Edward Island)に行ったときの写真です。
二枚目はペギースコープに行った時の写真です。
三枚目はマザーの友達の家でツリーの飾りつけをしたときの写真です。

 

 

 

【授業および大学での活動】
新しいセメスターが始まり、レベル4からレベル5に上がることが出来ました。クラスメートも先生も新しくなり、新しい環境の中での授業は新鮮で毎日楽しく勉強することが出来ました。授業内容も少し難しくなりましたが、先生の分かりやすい説明のおかげで、理解しながら授業をうけることができ、とても充実した毎日を過ごせたと思います。午後のクラスでは、会話を中心とした授業で、自分の意見や経験を説明する機会がたくさんあり、表現力の強化につながったと思います。残り少なくなってきましが、毎日を大切に過ごしたいです。

【ホームステイ先での生活】
ホストマザーやルームメイトと毎日楽しく過ごしています。最近は毎週末、犬を連れて大きな公園に行って散歩をしたりしました。そこで、たくさんの人と出会って話をしたり、他の犬と触れ合ったりと、とても楽しい時間を過ごしました。また、11月はマザーの友達で私たちにも良くしてくださる人の誕生日だったので、ルームメイトとカードを送りました。とても喜んでくれたのでうれしかったです。

【課外活動(美術館、博物館、映画、旅行、その他)】
今月は大学のホッケーチームの試合を観戦しました。ボストンにいる時に見ることが出来なかったので、見に行くことが出来てうれしかったです。試合はとても白熱した戦いでした。選手同士が体をぶつかりあってボールを奪い合う姿はとても迫力がありました。日本ではめったに見ることが出来ないホッケーの試合は見ることが出来てとてもいい思い出になりました。日本に帰る前にもう一度見ることが出来たらいいなと思います。