協定校認定留学の募集と申し込みについて [2012年06月08日(金)]

2回連続で海外インターンシップのご紹介をしてきましたが、今回は「語学力向上」や「授業履修」を目的とし、もっと長期間海外で学ぶことのできる『認定留学』についてご案内します。   

そもそも認定留学とは、「留学期間を休学せず、在学期間に算入する留学」です。
本学には全学科対象に2つの認定留学制度があります。
1つは大学が協定契約を結んでいる大学へ留学する、協定校認定留学
もう一つは、本学の基準を満たすそれ以外の大学(一部大学付属語学学校含む)、あるいはSAF(Study Abroad Foundation)加盟大学へ留学する、自由型認定留学です。   

いずれの場合も、昭和で授業履修可能な期間が短くなるわけですから、予め自分の所属学科の必修科目や卒業単位を把握した上で、計画的に準備をする必要があります。   

今回は、来年2013年2月~ 半年または1年間協定校留学を希望する方向けですが、今後認定留学を考えている方も、どんな準備が必要か早めに確認しておきましょう。
実際に申し込むにあたっては、学科の先生方ともご相談いただく必要がありますが、質問・疑問がある方はお気軽にCIEまでお越しください。   

◆留学先大学および派遣人数:
             

上海交通大学(中国)  正規課程3名/語学研修5名
        ソウル女子大学(韓国)3名
        西江大学(韓国)2名
        クイーンズランド大学(オーストラリア)2名
◆留学時期:2013年2月から半年または1年
        ※本学では2013年前期または後期が認定留学の期間とされる
 
◆応募資格:各校の募集要項参照(※大学HP「協定校認定留学」参照
https://swu.ac.jp/international/inter_culture/inter_program/

◆留学費用:<学費>
        留学先大学の学費は免除・本学学費は通常通り納付する
        <寮費>
        上海交通大学、ソウル女子大学は寮費免除 ※それ以外は有料
        <その他>
        食費、往復渡航費、海外旅行保険、出入国に必要な費用、
        書籍代などは自己負担   

◆申込期限:6月29日(金 )   

◆申込方法:同じく大学HP「協定校認定留学」の記述と共に添付されている以下3つの書類を
        国際交流センターに提出してください。
        *****************************
         ①協定校認定留学申込書
         ②履歴書
         ③成績証明書
        *****************************

 

◆ 選  考 :7月中に選考(書類審査、面接、必要に応じて筆記試験による)   

◆奨 学 金 :協定校認定留学生の中から1名に日本学生支援機構奨学金支給
※月額8万円(対象者は選考の上決定される)   

上記の通り、協定校認定留学の最大のメリットは、留学先の大学の学費が免除されることと、 
日本学生支援機構の「留学生交流支援制度奨学金」の選考対象になりえるという点です。   

実際に現地で寮生活をしながら、海外の大学で語学力に磨きをかけたいという方、
ぜひこの機会に、勉強のフィールドを海外に拡げる『認定留学』という選択肢を
検討してみてはいかがでしょう。   

※自由型認定留学については、現在留学先の認定基準や、奨学金制度の見直しを行っておりますので、詳細が決まり次第別途ご案内します。  
 

協定校:上海交通大学

協定校:クイーンズランド大学