2018年前期ホストシスター活動紹介(上郷さん・シルヴィアさんペア) [2018年09月05日(水)]

ホストシスターとは…
年2回(前期・後期)海外協定校等から本学に留学してくる留学生が、大学生活をスムーズに送れるように様々なサポートを行うバディ制度です。
2018年度前期のホストシスター活動に参加頂いた学生の生の声をご紹介いたします♪


上郷潮音さん(管理栄養学科2年)・シルビア スコードロさん(出身国:イタリア)ペア

写真左から上郷さん、シルヴィアさん、アマンダさん、倉田さん

まず空港から大学へ向かうバスの中で、ホストシスター同士ペアになって座り沢山お話ししました。
その後はLINEやInstagramで連絡をとり、時々ご飯を食べに行きました。基本は留学生の食べたいものを聞いて、お店を探して一緒に行く感じでした。回転寿司やお蕎麦などを食べに行きました。ファミレスなどにも行きました。留学生にとっては珍しいものもあり、一緒に行ったお店を気に入ってくれるととても嬉しかったです。


カラオケにも一緒に行きました。何を歌おうか迷ったけれど、日本の曲も洋楽も両方皆で歌いました。曲名は知らなくても聞けば分かる曲が多かったので、曲をお互いに入れてみて、知っていたら一緒に歌うという風に楽しみました。
留学生と話していて日本のことを質問されると、答えに詰まってしまうこともあり、私自身がもっと日本について詳しくなり、簡単に説明出来るようにしておきたいと思いました。ホストシスターをやってみて、留学生のサポートをするだけでなく、沢山学べることがあり良い経験になりました。