2021年2月

坂東フェローシップDr. Laura Emily Clark(2020/1/13~2021/1/7)特別講義 [2021年02月15日(月)]

坂東フェローシップ・フェロー Dr. Laura Emily Clark(クイーンズランド大学)による特別講義が3回に渡り行われました。

2020 年 7月7日(火)日本語日本文学科「『コンビニ人間』とジェンダー規範」

Dr. Laura Emily Clark 特別講義1

2020 年 11月17日(火)英語コミュニケーション学科「Motoya Yukiko: The Body, Gender and Japanese Fiction」

Dr. Laura Emily Clark 特別講義2

2020 年 12月22(火)日本語日本文学科「日本社会におけるジェンダーと身体、婚姻関係における『親密な関係性』の特徴 --『哀しみのウェイトトレーニー』の分析から--」

3回とも新型コロナ禍でのZoom講義となりましたが、日本語も流暢なDr. Laura Emily Clarkによる、各回、とても興味深い講義内容に学生らも引き込まれ、講義後も活発な質疑応答が行われました。

 

以下、Dr. Laura Emily Clarkよりコメントを頂きましたのでご紹介いたします。

I am incredibly grateful for the opportunity to spend the last year at Showa Women’s University as a recipient of the Mariko Bando Fellowship. Although due to the circumstances of this year I was not able to fully participate in the university’s academic life the way I had hoped to, it was a great pleasure to speak about my research to a number of undergraduate classes, and I greatly appreciated the support given to me by Institute of Women’s Culture throughout my stay. And, of course, all my thanks to the always friendly and generous staff at CIE!