2012年6月

外国人学生のための進学説明会 [2012年06月13日(水)]

渋谷クロスタワーで外国人学生向けの進学相談会に参加してきました。
大学・専門学校含めて60校以上がブースを構えており、
あいにくの雨にも関わらず、参加学生は1700人以上
昭和女子大学のブースにも65名もの留学生が学科や入試について質問に来てくれました。

大半が中国からの留学生でしたが、ベトナム・ネパール・インドネシアなどアジア全域から日本の大学へ進学したいと考えている学生が来ており、新しいグローバルビジネス学部へ興味を持ってくれている学生も多数いました。
この中から何人が実際にオープンキャンパスに足を運んでくれるのか、今から楽しみです。

進学相談会での昭和女子大学ブース

Harvard大学からのインターン生 [2012年06月12日(火)]

5月頃に実施した「国際交流に関する意識調査アンケート」を覚えていますか?
そこで、回答者の91%が、「外国人留学生との交流について興味がある」という結果が出ました。
今回は、そんな方へ朗報です!

6月11日(月)~8月3日(金)まで、あの有名なHarvard大学から、
二人の学生が昭和へインターンに来ています!!
既に英コミの学生の方々には、交流や学外レクリエーションの企画などをお願いしておりますが、他にも「英語を使って交流がしたい」「日本らしい○○な体験を教えてあげたい」などある方は、CIEにお気軽にお立ち寄りください!
初等部や英コミの授業など、学内のいくつかの部署を回ったり、学外の企業インターンに参加するため、常時CIEにいる訳ではありませんが、時間が合えばご紹介しますので、直接やりとりをして交流を深めてもらうことも可能です。

二人のインターンでの体験などは、後日ブログで公開予定ですので、お楽しみに♪

初等部の英語授業で自己紹介をする二人

協定校認定留学の募集と申し込みについて [2012年06月08日(金)]

2回連続で海外インターンシップのご紹介をしてきましたが、今回は「語学力向上」や「授業履修」を目的とし、もっと長期間海外で学ぶことのできる『認定留学』についてご案内します。   

そもそも認定留学とは、「留学期間を休学せず、在学期間に算入する留学」です。
本学には全学科対象に2つの認定留学制度があります。
1つは大学が協定契約を結んでいる大学へ留学する、協定校認定留学
もう一つは、本学の基準を満たすそれ以外の大学(一部大学付属語学学校含む)、あるいはSAF(Study Abroad Foundation)加盟大学へ留学する、自由型認定留学です。   

いずれの場合も、昭和で授業履修可能な期間が短くなるわけですから、予め自分の所属学科の必修科目や卒業単位を把握した上で、計画的に準備をする必要があります。   

今回は、来年2013年2月~ 半年または1年間協定校留学を希望する方向けですが、今後認定留学を考えている方も、どんな準備が必要か早めに確認しておきましょう。
実際に申し込むにあたっては、学科の先生方ともご相談いただく必要がありますが、質問・疑問がある方はお気軽にCIEまでお越しください。   

◆留学先大学および派遣人数:
             

上海交通大学(中国)  正規課程3名/語学研修5名
        ソウル女子大学(韓国)3名
        西江大学(韓国)2名
        クイーンズランド大学(オーストラリア)2名
◆留学時期:2013年2月から半年または1年
        ※本学では2013年前期または後期が認定留学の期間とされる
 
◆応募資格:各校の募集要項参照(※大学HP「協定校認定留学」参照
https://swu.ac.jp/international/inter_culture/inter_program/

◆留学費用:<学費>
        留学先大学の学費は免除・本学学費は通常通り納付する
        <寮費>
        上海交通大学、ソウル女子大学は寮費免除 ※それ以外は有料
        <その他>
        食費、往復渡航費、海外旅行保険、出入国に必要な費用、
        書籍代などは自己負担   

◆申込期限:6月29日(金 )   

◆申込方法:同じく大学HP「協定校認定留学」の記述と共に添付されている以下3つの書類を
        国際交流センターに提出してください。
        *****************************
         ①協定校認定留学申込書
         ②履歴書
         ③成績証明書
        *****************************

 

◆ 選  考 :7月中に選考(書類審査、面接、必要に応じて筆記試験による)   

◆奨 学 金 :協定校認定留学生の中から1名に日本学生支援機構奨学金支給
※月額8万円(対象者は選考の上決定される)   

上記の通り、協定校認定留学の最大のメリットは、留学先の大学の学費が免除されることと、 
日本学生支援機構の「留学生交流支援制度奨学金」の選考対象になりえるという点です。   

実際に現地で寮生活をしながら、海外の大学で語学力に磨きをかけたいという方、
ぜひこの機会に、勉強のフィールドを海外に拡げる『認定留学』という選択肢を
検討してみてはいかがでしょう。   

※自由型認定留学については、現在留学先の認定基準や、奨学金制度の見直しを行っておりますので、詳細が決まり次第別途ご案内します。  
 

協定校:上海交通大学

協定校:クイーンズランド大学

【海外インターンシップ】大学認定プログラム [2012年06月07日(木)]

今日もインターンシップのご紹介です。
既に、説明会やUP SHOWAでのご案内をしておりますが、申込期限が明日6月8日(金)に迫ってきましたので、改めてリマインドのご案内です。
これは大学認定のインターンシッププログラムのため、単位認定があります

現地で生きた英語を使いながら、語学力向上はもちろん、現地企業や日系企業での実習経験をしてみませんか?
実際に海外のビジネスシーンで就業体験することは、将来グローバルに活躍する社会人になる上で、きっと貴重な体験となるはずです!
たくさんのお申し込み、お待ちしております。

—-≪大学認定 海外インターンシップ≫————————————————–
◆プログラム内容
 ① “グローバルキャリア”プログラム 
   (アメリカ ロサンジェルス地区:ライトハウス・キャリアエンカレッジ㈱) 
 ② ビジネス英語研修&コミュニケーションプログラム
   (カナダ ビクトリア地区:㈱ヴィエック・インターナショナル) 

日程・費用・プログラム内容の詳細は、UP SHOWAのお知らせ:
【海外インターンシップ】プログラム内容と申込方法のご案内
添付されている資料を確認してください。

◆認定単位数: 2単位(英コミ・国際・現代は専門、その他は一般教養)
           派遣先企業でのインターンシップ以外に課題があります。
◆期  間   : 夏休み期間の3-4週間 
◆応 募 資 格: TOEIC500点以上
申 込 期 限: 6月8日(金)
———————————————————————————————-

ご質問・ご相談はCIEまで。

【海外インターンシップ】GLAC [2012年06月06日(水)]

みなさん、「BRICs」 「VISTA」 という言葉を聞いたことがありますか?
世界経済の中で、投資会社等が新たな投資先として注目している国の頭文字を表しています。

BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)
VISTA(ベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコ、アルゼンチン)

このような、経済成長が期待されている2国(インド・ベトナム)で、インターンシップに参加できるチャンスのご紹介です。
しかも、渡航費・宿泊費は無料
選抜96名(予定)ですが、学年・語学力は不問なので、チャレンジしてみたいという方は、是非ホームページをチェックしてみてください!
より詳しい情報を得たい方は、6月17日(日)、23日(土)に説明会があるそうなので、足を運んでみてもいいかもしれません。

 

GLAC (Global Activity of Japanese )
http://glac.jp/index.html
応募締切:7月5日(木) 12:00
選考期間:7月13日~22日
国内事前研修:8月23日~25日
海外インターンシップ:8月26日~9月7日
国内事後研修:9月8日~9日

※説明会および選考に参加された方は、是非CIEへ情報共有をお願いします!

【CIEstaff紹介】第1弾 [2012年06月05日(火)]

さて、国際交流センターブログを始めましたが、普段なかなか接点がない部署ですので、
これからシリーズでメンバー紹介を行っていきたいと思います。
トップバッターはこのブログの管理・更新を担当する私、E.Fです。

【イニシャル】 E.F

【担当業務】
CIEに関する広報業務、ボストン関連研修の手続き・対応 など

【行ったことのある国】
アメリカ、メキシコ、カナダ、オーストラリア、イギリス、イタリア、フランス、ドイツ、ルクセンブルク、エジプト、韓国、台湾、香港、シンガポール、マレーシア、タイ、カンボジア、ベトナム

【自己紹介】
川崎市で生まれ、小3~中2まで父の仕事でアメリカの現地校へ。帰国後女子中・高を経て、大学では児童心理と福祉を専攻。より多くの人の“人生の転機”に影響を与えたいと思い、人材系広告メディア会社に就職。営業を1年、その後新卒・中途の採用担当を5年経験。企業での経験を活かし、大学のグローバル化に興味を持って2012年4月に昭和女子大学へ入職。

【メッセージ】
昭和女子大学についてはまだ勉強中ですが、小・中時代をアメリカで過ごした経験や、前職で採用担当としてたくさんの就活生と関わってきた経験をもとに、みなさん一人ひとりの価値観と向き合いながら、一緒に「世界を舞台に活躍できるグローバル人材とはどんな人か」を考えていきたいと思います。
CIEの中では一番みなさんと歳も近いので、何でも気軽に相談してくださいね♪
このブログも、みなさんの興味や関心に合わせた情報発信をしていきたいと思いますので、リクエスト・コメントお待ちしております!!

世界遺産モンサンミッシェルにて

スペイン語学研修 [2012年06月04日(月)]


夏休みの過ごし方、もう考えましたか?
長い大学の夏休みを活かして、語学力に磨きをかけてみるのはいかがでしょう?

旅行先としても人気のスペイン
でも、どうせなら普通の旅行では体験できない、
大学付属カレッジでの語学研修ホームステイサッカー観戦などの文化体験もある、
【スペイン語学研修】に参加しませんか?

本日昼休みに実施した説明会参加者は、予想を上回る40人以上!
説明会に参加できなかった人も、応募は可能です。
〆切は6月22日(金)

詳しい情報、応募方法はCIEまで☆

国際交流センター(CIE)ってどんなとこ? [2012年06月01日(金)]

今回は、通常の大学生活ではなかなか接点がない「国際交流センター」についてご紹介します。

正門からまっすぐ行った突き当たり。このような掲示と旗が飾ってあるのがCIEです。

みなさんも新聞やニュースで「国際化」や「グローバル」という言葉をよく耳にされていると思いますが、国際交流センター(Center for International Exchange)は、まさに大学の国際化を推進し、グローバルに活躍できる人材育成のためのプログラム企画運営や各種調整を行う部署です。
つまり、CIEの主なMISSIONは2つ。
 ①できるだけたくさんの外国人留学生を本学にお迎えすること
 ②より多くの本学学生が海外研修や留学を通じて語学力・国際感覚を身につけるお手伝いをすること

なので、以下のようなことに興味がある方は是非、気軽にお立ち寄りください!
・学内の留学生と交流したい
・休暇中の短期留学や学内海外研修プログラムに興味がある
・認定留学をや海外大学への進学を考えている

また、
単純に「大学生活をより充実させるために何かできないか」
    
「夏休みや春休みで何か新しいことにチャレンジしたい」
という方にとっても、ヒントになるような情報がきっとあると思います!
まずは、CIEへ足を運んでその一歩を踏み出してみませんか?

CIEには海外研修プログラムのパンフレットや協定校の資料だけでなく、留学関連の雑誌など閲覧できる資料がたくさんおいてあります。

国際交流センター(CIE)ブログをスタートしました! [2012年06月01日(金)]

2012年4月より「教育支援センター 国際協力室」が 『国際交流センター』 として生まれ変わりました!
これまではUP SHOWAで各種海外研修や認定留学、海外インターンシップなどのお知らせをご案内してきましたが、今後はそれらの研修での様子や参加者の声はもちろん、“国際交流” “留学” “グローバル” 等のキーワードに関連する外部情報やニュースについても発信していきたいと思います。

ここで、グローバルに活躍できる人になるためのヒントやきっかけを見つけてもらえれば嬉しいです☆
国際交流センター(Center for International Exchange 通称:CIE)をよろしくお願いします!

いつでも大学2号館東棟1FのCIEに遊びにきてください!