トビタテ留学JAPAN-第1期派遣生壮行会 [2014年07月28日(月)]

2014年7月27日(日)

文部科学省で「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の第1期派遣留学生壮行会が行われました!
下村大臣からは、この官民協働の新しい留学支援制度の意義と重要性の説明と、1期生への熱いエールが送られ、その後協賛企業を代表して三菱商事の常務とソフトバンクの孫社長からの激励メッセージが続きました。

一方、官民からの期待に応えるように、4コースの代表学生4名がそれぞれ決意表明を行いました。
個性豊かな4人の学生は、留学にかける想いと帰国後にどうやって留学成果を日本に還元するかのプランを堂々とアピールしていました。
最後には派遣学生でお揃いの「トビタテ留学JAPAN Tシャツ」の授与と記念撮影があり、第一部の式典は終了しました。

第二部の懇親会には、派遣学生だけでなく、学生の出身大学担当者や資金援助をしている企業の採用担当者が多数出席し、とても賑やかでした。本学から「多様性人材コース」で採用された、歴文の大倉さんは着物姿で出席し、注目の的でした。

この「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」は、奨学金をもらって夢だった留学プランを実現できるだけでなく、
同じような志を持った学生との横の繋がりや、そういった意欲的な学生を採用したいという企業担当者とのネットワークも広がるとても魅力的なプログラムです!
留学計画の立案、受け入れ先機関の手配、留学中の生活場所の確保など、主体的に準備を進めるのはとても大変でですが、平成27年度の募集には、より多くの学生応募があることを期待しています!

この奨学金の情報は全て以下専用サイトに公開されます。
応募を検討している方は、今のうちに「ニュースレター配信」登録を済ませておきましょう☆

■官民協働海外留学支援制度
トビタテ!留学JAPAN 公式ホームページ
https://tobitate.jasso.go.jp/