トビタテ留学JAPAN-第2期生壮行会 [2015年03月02日(月)]

先日、トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム
第2期生の壮行会が霞ヶ関の文部科学省で行われました。
トビタテ!第2期生に採用された256名が全国から一同に会し、
文部科学大臣、支援企業・団体関係、大学関係者が激励しました。

式典では下村文部科学省大臣が、
これまでと違うこれからの社会を見据えて必要な3つの能力:

①主体的に解決していこうという能力
②クリエイティブかつ企画的な能力(=企業家精神)
③コンピュータやロボットにはない人間的な感性や慈しみ

について説明し、これらが留学によってつかめるとお話になりました。

つづいて、三菱商事の小島会長が、いまは予測不能な変化の時代となり、
これからさらに加速するグローバルな世の中で活躍する人材に求められる5”C”
Curiosity, Challenge, Communication, Courtesy, Characteristicsについてお話されました。

1622121_432001056960599_947868827668988123_n

昭和女子大学から選抜になった健康デザイン学科の川野辺さんは、
同じようにイギリスでの活動を予定している学生と交流・情報交換を始めている様子でした。

手厚い奨学金だけでなく、事前事後の合宿研修参加者専用SNSなど、
このプログラムに参加した学生同士が「つながり」を持てるような試みが
盛り込まれているのも「トビタテ!」の特色のひとつです。

海外留学中はもちろん、留学から戻りその経験を社会で活かしていく際にも、
所属大学を超え、在学中からグローバルな視点をもった者同士の「つながり」
貴重な財産となるに違いありません。

11034436_432164740277564_3994748907394404331_o

現在第3期生を募集中です。
詳細は →こちら!