2◆On Campus Activity

坂東フェローシップDr. Laura Emily Clark(2020/1/13~2021/1/7)特別講義 [2021年02月15日(月)]

坂東フェローシップ・フェロー Dr. Laura Emily Clark(クイーンズランド大学)による特別講義が3回に渡り行われました。

2020 年 7月7日(火)日本語日本文学科「『コンビニ人間』とジェンダー規範」

Dr. Laura Emily Clark 特別講義1

2020 年 11月17日(火)英語コミュニケーション学科「Motoya Yukiko: The Body, Gender and Japanese Fiction」

Dr. Laura Emily Clark 特別講義2

2020 年 12月22(火)日本語日本文学科「日本社会におけるジェンダーと身体、婚姻関係における『親密な関係性』の特徴 --『哀しみのウェイトトレーニー』の分析から--」

3回とも新型コロナ禍でのZoom講義となりましたが、日本語も流暢なDr. Laura Emily Clarkによる、各回、とても興味深い講義内容に学生らも引き込まれ、講義後も活発な質疑応答が行われました。

 

以下、Dr. Laura Emily Clarkよりコメントを頂きましたのでご紹介いたします。

I am incredibly grateful for the opportunity to spend the last year at Showa Women’s University as a recipient of the Mariko Bando Fellowship. Although due to the circumstances of this year I was not able to fully participate in the university’s academic life the way I had hoped to, it was a great pleasure to speak about my research to a number of undergraduate classes, and I greatly appreciated the support given to me by Institute of Women’s Culture throughout my stay. And, of course, all my thanks to the always friendly and generous staff at CIE! 

Virtual Asian Leadership Program 2020 (日中韓プログラム)が開催されました! [2020年12月17日(木)]

2020年夏、上海外国語大学(中国)、誠信女子大学(韓国)と本学(日本)の3か国を各大学の学生と共に周遊する「日中韓プログラム」は、新型コロナウイルスの影響のため中止となりました。
しかし!この秋、日中韓プログラムは「バーチャル日中韓プログラム」として形を変えて開催されました!

バーチャル日中韓プログラム Asian Women’s Leadership Program 2020」は、11月28日(土), 29日(日), 12月5日(土) , 6日(日) , 12日(土) の全5日間の日程で、講義やグループワーク、3か国混成チームのプレゼンなど全ての行程がオンラインで実施され、日中韓それぞれの大学から10名ずつ、計30名の学生が参加しました。

本プログラムは、全編英語を使用言語とし、メイン講義はお茶の水女子大学名誉教授、同大ジェンダー研究所前所長で、立教大学社会学部現代文化学科特任教授の石井クンツ昌子先生にご担当いただきました。
石井先生の講義では、「女性のリーダーシップ」について政治、経済、教育、メディア、地域と家族など多角的な視点から考察し、日本・中国・韓国など世界の事例を紹介しながら進む講義では、学生からの質問や意見が飛び交いました。

その他にも、学生は、自国の若者を取り巻く状況について紹介するグループプレゼンを行ってお互いの文化について学びあったり、上海外国語大学のTang Bei教授による特別講義「Women’s Leadership in Covid-19 Response」やYang Xue教授によるワークショップ「RESTAT: Reconstruct Self-Identity Through Art」に参加したりしました。

プログラムでは、リーダーシップやジェンダーについての認識が高まっただけでなく、他国の学生の考え方や授業に臨む姿勢の違いからも、お互い刺激を受けることが多かったようです。
参加学生からは「こんな風になりたいと思う様な学生に沢山であうことができ、自分のなりたい像(語学力、発言力、リーダーシップ力など)が前よりも明確になった」といった感想も聞かれました。

プログラム開始当初は、対面で異文化交流ができないことや、オンラインでのグループワークに戸惑う学生も多かったようです。
それでもWeChat(中国版メッセージアプリ)やZoomを通じて意見交換をしたり、グループワークをしたり、と短期間でしたが3大学の学生とも濃密な学びと交流の機会を得ることができたようです!プログラム後も連絡を取り合い、新型コロナウイルス感染症が収束した際には、また皆で会おう!と話しています。プログラム修了の達成感を味わいつつも、名残惜しく寂しいというような学生の感情が伝わってきました。

参加学生には、本プログラムを通して構築された友人関係や縁を大切にしながら、ご自身のリーダー像を追求し、それぞれの場所でリーダーとして活躍されることを期待したいと思います。

1/14(火)Dr. An Qi特別講義「中国西南少数民族におけるジレンマ」 [2020年01月27日(月)]

坂東フェローシップDr. An Qi(上海交通大学)による特別講義「中国西南少数民族におけるジレンマ」が、2020年1月14日(火)国際学科で行われました。英語と日本語を織り交ぜた生気あふれるDr. An Qiの講義に、学生らも熱心に スライド資料を見ながら聞き入っていました。

 

▼授業中に使用されたスライド

以下、Dr. An Qi よりコメントを頂きましたのでご紹介いたします。

It is my honor to have the chance of visiting Showa Women’s University as Bando Scholar. Six-month’s seems too short, and yet will always be a cherishable memory for me. During my stay I was deeply impressed by and benefitted from the vivid academic atmosphere, such as a variety of seminars and lectures, which provide students, teachers and visiting scholars like me with enough room to get further enrichment. In addition, I appreciate the supportive and helpful staffs of the University, many thanks to them for making my sabbatical leave such a wonderful and memorable one.

 

2019年度前期ホストシスター活動紹介第2弾! [2019年08月23日(金)]

今回は2019年度前期のホストシスター活動に参加いただいた学生の生の声をご紹介いたします♪

---------------------------------------------

★ 上野朱音さん(英語コミュニケーション学科)・イ ハリムさん(出身国:韓国)ペア

私が担当したホストシスターは韓国の女の子でした。もともと私は第二外国語で韓国語を2年間学んでおり、韓国のアイドルや文化、音楽や食べ物が大好きでした。今回は韓国語能力をさらに高めたいと思い応募したのですが、韓国語だけでなく、文化の違いなども学ぶことができました。
私とホストシスターはなかなか予定を合わせることが出来ず、会える時間が少ないことを悩んでいたのですが、毎週月曜日のお昼に一緒に三茶でランチをすること決めてから、安定して会うことが出来ました。そこで会って話す、たわいもない話から国を超えた友情を感じました。
時間が無くても時間を作ることで、ホストシスターとの交流や仲を深めました。

2019年度前期ホストシスター活動紹介第1弾! [2019年08月23日(金)]

今回は2019年度前期のホストシスター活動に参加いただいた学生の生の声をご紹介いたします♪

---------------------------------------------

★ 倉田幸奈さん(管理栄養学科)・バーク ヒョンさん(出身国:オーストラリア)ペア

ヒョンは、私にとって3人目のホストシスターです。いつも優しくて気遣いができ、ときには私の方がサポートされているのではないかと感じるくらいでした。
たくさん留学生がいる中で、ヒョンは同じ大学出身の子も同じ国の子もいなかったので、最初は少し寂しい思いをしたかもしれません。ですが、すぐに皆と打ち解け、今日は〇〇出身の△△ちゃんとお話ししたんだ、今日は〇〇ちゃんと仲良くなったんだよ、とお話ししてくれたことを今でも覚えています。修了式ではたくさんの友達に囲まれているヒョンを見て、とても嬉しかったです。新しい世界に1人で飛び込んできた勇気あるヒョンをとても尊敬しています。会う度に日本語が上手になっているのを感じ、夢に向かって努力していることが伝わりました。私も頑張らねば!と良い刺激になりました。
一緒に遊びに行ったときや、ランチに行ったときは様々なお話をしました。お話しする度に、お互いたくさんの発見があり、とても楽しかったです。お花見、動物園、自由が丘などにお出かけしましたが、まだまだヒョンが行きたいと言っているところはあるので、帰国までの時間を大切に一緒に過ごしたいです。

 

【留学生「礼法・着付けサークル葵」で浴衣の着付けを体験!】 [2019年07月09日(火)]

6月28日、交換留学生が「礼法・着付けサークル葵」による浴衣の着付け体験に参加しました。通常、交換留学生はクラブ・サークルに入部できませんが、今回は「礼法・着付けサークル葵」のご厚意により1日体験に参加することができました。

着付け後は学内でたくさんの写真を撮って楽しみました。

体験終了後は、みんな一様に、浴衣への名残惜しさと締め付けからの解放感の入り混じった表情を浮かべていました。

CHAWA国際交流お茶会「Afternoon Tea Time」開催!※次回:6/28(金) [2019年06月14日(金)]

こんにちは、国際交流センターです。

今年度より新しく始まったCHAWAイベント「Afternoon Tea Time」!
隔週木曜日と金曜日で開催をしております。
今回はその様子を少しご紹介したいと思います♪


CHAWA」とは…

昭和女子大学在学生と、留学生の交流イベントを企画・運営している学生グループです。
学年や学部・学科関係なくメンバー全員が素敵なイベントを作るために一丸となり和気あいあいと活動しています。

CHAWA instagram→ID:chawaswu


CHAWA Afternoon Tea Time

CHAWA Afternoon Tea Timeは15:00~17:00の間、Global Loungeに自由に集まって頂き、留学生と日本人学生とが気軽に交流できる場を提供しています。

開催中はCHAWAのメンバーが常駐しており、参加者の方は都合に合わせて入退場することができます。(お申し込み不要)

基本的には皆さんでテーブルを囲み、お菓子やジュースを飲みながらフリートークをします:)

前回の活動(6/13)ではフリートークに加え、かるたを行いました!

取るのも読むのもみな初めてとは思えないほど上手く、大変白熱した戦いとなりました:)

CHAWA Afternoon Tea Timeは参加して頂く留学生/日本人学生皆さんの希望に合わせ展開していきます。

自分が気になることを留学生/日本人学生に聞いてみたい

こんなお菓子が食べてみたい/みんなに食べてみてほしい

こんなゲームをみんなでやってみたい

ぜひご参加いただき、皆さんで沢山交流を深めて頂けたら嬉しいです♪


CHAWA 今後の予定

◆6月28日(金)「CHAWA Afternoon  Tea Time」15:00~17:00@Global Lounge ※申し込み不要・入退場自由

◆6月30日(日)「CHAWA 江ノ島散策イベント」10:30~16:00予定@江ノ島(三軒茶屋集合、現地解散)
※参加者募集中!応募フォーム→https://forms.gle/irT28zMZQE7o549P8

情報はGlobal Networkにて随時配信しています!
ご興味のある方はぜひUPSHOWAのアンケート機能からご登録下さい♪

【問い合わせ先】
国際交流センター(CIE)国際交流担当
ciestaff@swu.ac.jp
03-3411-5249

 

【CHAWA】5/26(日)BBQ国際交流イベント開催! [2019年06月05日(水)]

2019年5月26日(日)
新木場夢の島マリーナにて「CHAWA国際交流BBQイベント」が行われました。

Intensive・Academicプログラム、正規課程含め留学生が14名、日本人学生がCHAWAメンバー含め16名と多くの方にご参加いただきました!

当日は5月にも関わらず30度越えの夏日!
酷暑の中火起こしから頑張りました。

 

まずは参加者全員でアイスブレイクがてら「自己紹介ゲーム」「サイレントバースデー」を行い、お互いの顔と名前を覚えます。

その間にCHAWAメンバーは焼きそば作り。30人前を作ります!

美味しく食べて頂いて何より:)

焼きそばを食べつつ、待ちに待ったBBQ!!
多様な食材をを思い思いに焼いていきます。
お肉はもちろんのこと、留学生には意外と野菜が人気♪

 

炎天下で効率よく焼いていくにはチームワークが不可欠。
熱中症対策に「飲み物ちゃんと飲んでる?」などの声かけや、焼く人・食べる人のバランスをとって一人に負担がかからないようお互いを思いやりながらイベントを楽しむ姿が印象的でした。

本当に暑い日でしたが、参加者はみな大満足のうちに閉会しました!


【CHAWA次回予定イベント】

・6/13(木)15:00~17:00「CHAWA Afternoon Tea Time」@GL
※入退場自由:)

・6/30(日)「江の島イベント」絶賛企画中♪

ぜひお気軽にお越しください!

【問い合わせ先】
国際交流センター(CIE)国際交流担当
ciestaff@swu.ac.jp
03-3411-5249

2018年度後期 ホストシスター活動紹介第二弾♪ [2019年03月25日(月)]

今回は引き続き2018年度後期のホストシスター活動に参加いただいた学生の生の声第二弾をご紹介いたします♪

---------------------------------------------

★ 福島 楓さん(国際学科)・チェ ナリさん(出身国:韓国)ペア

冬休みに二人で八景島シーパラダイスに遊びに行きました。

水槽のトンネルやイルカのショー、様々な種類のクラゲをみて楽しんでくれて、私もすごく嬉しかったです。

そして何より留学生が行きたいと思っていた所に一緒に行くことができて良かったです。

---------------------------------------------

★ 上郷 潮音さん(管理栄養学科)・ソウン ソックチョーダーさん(出身国:カンボジア)ペア

ホストシスターと食事に行ったりお話する中で、日本人が当たり前だと思っていることが、他の国では違っていると気づきました。

色々な話をする中で自分の視野が広がったと思います。

来日してすぐの頃はコミュニケーションを取るのが難しいと感じることもあり、単語を調べながら簡単な文章で会話していました。

しばらくするとお互いに慣れてきたこともあり、スムーズに会話ができるようになりました。日本人の友達と話す時と同じようなことを自然と話せるようになった時は嬉しかったです。

同年代の外国の友達ができて良かったです。私のホストシスターはあと半年、日本にいるのでもっと遊びに行きたいと思います。

 

2018年度後期 ホストシスター活動報告 第一弾! [2019年03月22日(金)]

昭和女子大学には、訪れる各国からの留学生のサポートを日本語で行うホストシスターという活動があります!

また、「サポート活動だけではなく国境を越えた友達としてお互いを刺激し合うことができた!」という声を

昭和女子大学の日本人学生や留学生からいただいております。

今回は、2018年度後期ホストシスター活動に参加いただいた学生の生の声第一弾をご紹介いたします♪

---------------------------------------------

田中 果穂さん(国際学科)・グェン ティフォンさん(出身国:ベトナム)ペア

ベトナム人のホストシスターを今回初めて受入れました。

ベトナム語は全く知らなかったけれど、フォンちゃんの友人と話す中で、察する文化や気の使いかたなど、

日本に似ている部分があるかもしれないと近いものを感じました。

また、毎回なのですが今回も留学生達の語学学習に対する姿勢に自分自身も刺激を受けました。

途中、学内プロジェクトにかかりきりになってしまった関係で会えない日が多く申し訳ない気持ちがあります。しかし、フォンちゃんは私に手伝ってくれたお礼にと、可愛らしいキーホルダーをくれて、少しでも役に立てたことが嬉しかったです。

まだフォンちゃんは来期まで昭和女子大学にいるので、これから「一緒にやりたい」と前に二人で話していたことを実現していきたいと思います。そして沢山お話をして、自分からもっと出来ることを探して、サポートをしていきます。