4◆海外研修・留学プログラム/海外協定大学

2/9 カケハシ・プロジェクトいよいよ出発! [2017年02月21日(火)]

2014年度にも採択されたカケハシ・プロジェクトに今年度も選ばれ、23名の学生がボストンに出発しました!
今回は一週間ボストンのみの滞在ですが、マサチューセッツ大学ボストン校での学生交流を始め、日米交流の歴史を今後を考えるためのプログラムに参加します。
また、対日理解促進の観点から3チームで日本を紹介するプレゼンテーションを用意しており、現地でも何度か披露するべく、先日そのリハーサルを学内で行いました。

写真 1

 

見学に来られた先生方を前に少し緊張した様子でしたが、3チームとも動画や写真を駆使し、さらには聴衆に一緒に考えてもらう問題を出すなど工夫をしながら発表しました。
インフルエンザでリハーサルに来れない学生もいましたが、有意義な研修になることを願っています。

P1100975

トビタテ!留学JAPAN 1期生と2期生 [2015年02月12日(木)]

トビタテ!留学JAPAN 1期生と2期生の対面が実現!!

先日トビタテ2期生への採用決定でご紹介した川野辺さんが、1期生の大倉さんと対面しました。
FullSizeRender
ちょうどイギリスでの英語力向上のための語学留学を終え、一時帰国していた大倉さんが国際交流センターに遊びに来てくれました 😀
そこに2期生としてイギリスを中心に現地の食文化と食品流通を学ぶインターンシップを予定している川野辺さんが合流。
先輩と後輩の間で活発な情報交換が行われました 😉

・ホームステイ先はイギリスの中心街から距離的には離れていないのに、電車は30分に1本しかなくて移動が大変だった・・・
・英語力アップに便利な、会話相手を探せるアプリはコレ!
・日本に興味を持つ現地の人たちが集まるバーがあって・・・日本を紹介するセンターもしないにあるよ・・・

実際にイギリスに留学してみて初めて分かったこと、
さらには、二人に共通する「日本の魅力を海外に広める」という想いに活かせそうなツテや現地事情を
大倉さんが熱心に共有してくれました!!

その他にも、現地で使えるSuicaみたいなカードを譲り受けたり、SIMフリーの携帯を持っていけば利用できる便利な通信プランの耳より情報をもらえるなど、現地での生活に役立ちそうな情報をたくさん得られ、川野辺さんも大満足のご様子☆

「自分の留学プランが採用されて、いざビザや現地での生活を具体的に考え始めてから不安もありましたが、先輩の話を聞けて少し安心しました!」
と、大倉さんと会えたことで前向きになれたようです。

そんな川野辺さんが二次審査のプレゼンで使用した資料の一部をご紹介♪
実際に全国和牛登録協会を通じて訪問した畜産農家で聞いた話や写真が使用されており、
海外で氾濫している「Wagyu」の実態を知り、本物の「和牛」を海外に広めたいという熱い想いが感じられます!

和牛 和牛2 和牛3

このように、留学を通して実現したい夢がある!という方は、
まずはトビタテ3期募集の説明会(https://cie.swu.ac.jp/program/tobitate2015fall/)に参加しましょう。
参加できない方は、早めに国際交流センターに相談にきてください!
皆さんならではの「留学先で実践したいこと」を、応援します!!

昭和女子大学からトビタテ!留学JAPAN 第2期生誕生 [2015年02月10日(火)]

昭和女子大学から
トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム 第2期生誕生!

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」とは、
平成26年度からスタートした新しい官民協働の留学支援制度です。
今回が2期目の募集で、既存の留学プログラムに参加するのではなく、
「自分の夢を留学を通して実現したい!」というやる気を、全力で応援してくれる留学用の奨学金制度です。

今回、本学からは第1期生に続き川野辺澪奈さん(健康デザイン学科)が、第2期生として採用されることが決まりました!
一番人気の「多様性人材コース」で、川野辺さんは「和牛の魅力を広める」という目的で、3ヶ月間の語学学校で英語力を向上しながら現地の伝統料理を学ぶ料理学校に通い、その後食品流通のノウハウを学ぶためのインターンシップをする計画を立て、採択されました。

文科省の選考結果発表のニュースはこちら

採用がきまったばかりの川野辺さんに、応募から結果連絡までについて聞いてみました!

Q.「トビタテ!」についてはどこで知りましたか?
グローバルラウンジの「トビタテ!」のポスターとUP SHOWAを見て、まずは説明会に参加しました。

Q.説明会に参加してみて、どうでしたか?
説明会に参加したときは、目標が明確になっているわけではなかったので、
正直「そんなに志高くないしなぁ…」という感じでした。
でも、学費渡航費のほかに生活費も出るし、「とにかく相談してみよう!」と思いました。

Q.「トビタテ!」の留学計画はすぐにできあがりましたか?
初めはぼんやりしていました。
これまで国際交流センターにはちょっと入りづらいと感じていたのですが、
思い切って相談してみると意外とフレンドリーな雰囲気であることを知り、その後は何度も足を運びました。

「トビタテ!」の留学計画には実践活動が必須ですが、
その準備のために語学学校に行ってもいいことを知り、計画の初めに組み込みました。
実践活動については「和食をテーマにしようかな」と思っていましたが、
相談しているうちにもう少しテーマを絞ってみることをアドバイスされ、
私自身のの研究テーマである「和牛」を中心とした実践活動にしていくことに決めました。
その後はゼミの先生にも相談しつつ、インターンシップ先確保のためにJAに自ら問い合わせてみたり、
親のツテを頼ったりと、試行錯誤を重ねながら留学プランを立てました。

Q.採用を知った現在の気持ちは?
まさか自分が採用されるとは思っていなかったのでかなり驚いています。
語学学校への申込やインターンシップ先との調整があり、準備はこれからが大変ですが、
「和牛」のブランド力がより正確かつ魅力的に海外に広められるよう、実際に現地でたくさんのことを吸収してきたいと思っています。

DSCN6916

 

女子大学から第1期・第2期連続で採択されたのは本学を含め2校のみだそうです。
現在第3期(平成27年8月21日~平成28年3月末までに出発する留学プランが対象)の募集中です!!
休学留学このプログラムに採用されると、本学休学料が免除され、就職活動にも活かせるスポンサー企業のサポートも充実していますので、是非チャレンジしてみてください!

初めはぼんやりしていても、相談しているうちにやりたいことが明確になっていくかもしれません。
まずは説明会に参加することから始めてみませんか?
第3期募集説明会情報はこちら⇒https://cie.swu.ac.jp/program/tobitate2015fall/

KAKEHASHI Project- トモダチ・イノウエスカラーズプログラム [2015年01月20日(火)]

KAKEHASHI Project事業「トモダチ・イノウエスカラーズプログラム」

kakehashifb

このプロジェクトは国際交流基金が主催する日米青少年交流事業の一つで、2014年度本学が派遣大学の一つと選ばれました!
渡航費・滞在費無料の海外研修プログラムということもあり、全学で120名以上の応募があった本プログラム(通称KAKEHASHIプロジェクト)には、最終的に現在ボストンに留学中の5名を含む23名の学生が選ばれました。

日本から参加する3グループ

日本から参加する3グループ

ボストンから参加する5名

ボストンから参加する5名

学科も学年もバラバラな23名が4つのグループに分かれ、アメリカの訪問先で日本を紹介するために行うプレゼンテーションの準備を行っています。

オリエンテーションでの打ち合わせの様子

オリエンテーションでの打ち合わせの様子

各グループのプレゼンテーマは以下の4つ!「まだあまり外国人に知られていない隠された日本の魅力」をモットーに、日本ならではのサービスを紹介する予定です。

・Izakaya (居酒屋)
・Vending Machine (自動販売機)
・Purikura (プリクラ)
・Japanese Train Service (日本の電車サービス)

どのチームも昼休みや授業の空き時間に頻繁に集まり、プレゼンテーション用のパワーポイントや台本作成に力を入れていますが、中にはちょっとしたスキットをプレゼンに盛り込んで当日聴衆の方々を楽しませる工夫を考えているグループも。

残念ながら研修に派遣される前日の事前オリエンテーションまで、4グループが集合する機会はありませんが、日本から参加する3グループは、2月16日(月)14時~@コスモスホールでプレゼンのリハーサルおよび出発式を行う予定です。

経済的負担を極力おさえて長期留学をする方法 [2014年11月26日(水)]

「交換留学」って…よく聞くけど、どういうことなのか実はよくわからない方、
結構いるんじゃないでしょうか?

一般に言われる「交換留学」は大学同士で協定を結び、お互いに学生を送り合う際には
学費を免除しましょう、といったものです。
大学に認められての留学の場合は昭和女子大学では「協定校認定留学」と呼びます。

学生の皆さんにとってのメリットは…

1.留学先の大学の学費が免除になる。(場所によっては寮費も免除)
昭和女子大学への休学料と留学先の大学の学費負担が必要なくなるわけですので、
大学から学生への強い応援の気持ちが伝わりますよね?

2.昭和女子大学の在籍期間に換算できる。
同級生と同じタイミングで卒業が可能です。(ちょっと他の友達よりがんばる必要があるかもしれませんが)

3.海外の名門大学で学べる。
実は昭和女子大学が協定を結んでいる大学は、
日本でいうと「東大」「京大」「上智」クラスの大学も結構多いのです。
(詳細はCIEスタッフまで)
そんなハイレベルな環境に入学試験なしで飛び込めるのは「協定校認定留学」ならでは!

もちろんオリエンテーションや留学生用の授業も用意されているので、
実力に合った授業を選ぶことができます。
留学した先輩方は毎日勉強が大変のようですが(語学ももちろんですが日本より宿題がたくさん出るようです)、
それよりも現地や各国から集まる熱意あふれる学生に大いに刺激を受けているようですよ!

このようにメリットの多い「協定校認定留学」。
現在募集中の協定校認定留学は2015年度後期出発のプログラムです。
12/1には「認定留学とは?」「協定校はどんな大学があるの?」というところから
手続き関連までをわかりやすく説明する「協定校認定留学説明会」を開催します。

スライド1

長期留学には想像以上に時間と手続が必要になります。
まだ具体的に考え始めていない方も説明を聞いておくと
自分がいまやるべきことがはっきりするかもしれませんよ!

説明会に参加できない方もCIEのサイトに手順協定校の情報を掲載しています。

海外での長期滞在となると不安も大きいもの…
寮の様子なども掲載されていますので海外でのキャンパスライフを少し想像してみてはいかがですか?

10155316_10152374898719314_275750639_n[1]
10014554_445255705606245_7063713455958512080_n[1]

「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」説明会開催 [2014年10月03日(金)]

先日お知らせした「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」
奨学金の学内説明会を実施しました。



大盛況!!!

学科を問わずたくさんの方に参加いただきました。

皆さん、留学の支援プログラムに興味をお持ちなんですね。
熱気とやる気を感じました。


留学=高い

留学=うちはむり(経済的に)

と思っていたひとが結構いるのかもしれませんね。



説明会に参加しなかった方にも、
ぜひ一度立ち止まって考えてほしいです。

お金の心配がいらなかったら、
海外に出てみたいかどうか。



学生の皆さんが気にかけずにはいられない
「経済的理由」という枠を外して、

「海外留学」というものを考えてみる
機会になっていたらうれしく思います。



※CIEスタッフは、
「学生のころこんな制度があったらよかったのに!」
とうらやましがりながら皆さんのサポートをしています(笑)。



説明会は10/6(月)のお昼休みにもありますよ。
※台風のため10/7(火)に延期になりました。

お金の心配はいらない留学へトビタテ! [2014年09月19日(金)]

夏休みも残りわずかですね。
国際交流センターはいま、入れ替わりの季節です。
後期に留学予定の皆さんから無事現地についたという報告を受け、胸をなでおろしたり
前期に留学していた皆さんが一回りも二回りも成長した姿を見せに来てくれたりしています。
留学は時にその人の人生を変えるほどの影響があるのですね。
グローバルラウンジでは現在、文部科学省による留学応援プロジェクトポスターを全面展開中です。

「トビタテ!留学JAPAN~日本代表プログラム~」
これはかなりオススメの官民協働海外留学支援制度です。
ポイントは、学費渡航費現地活動費(月々の奨学金)など留学に関わる費用が給付(=返還不要)されること。
また、この奨学金に採用されて留学する場合は、特別に本学の休学料も免除されることが決まっています!
二つ目に、応募資格が「だれでも」!すべての意欲ある学生が対象(出願留学プランには条件あり)であること。
これを読んでいるあなたも、留学で実現したい具体的な夢と目標、さらに今後留学計画を立てていくという意欲さえあれば応募が可能です。
最後に、就活にもダイレクトに役立つこと。
この奨学金制度は文部科学省だけでなく民間企業が多数携わっています。
「今後、我が社に留学経験のある人材が必要だ」と考えている企業です。
1期生として採用された本学在学中の大倉未沙都さん(歴史文化学科)の写真とコメントも掲載されました!
2期生(2015年度前期)は採用人数も大幅に増える予定。
「自分だったら海外で何を学びたいだろう?」
ぜひ、リーフレットを手にとって、考えてみてください!
公式募集要項は10月初旬の公開予定(下記特設サイトにて)で、
学内応募締め切りは
10月20日頃です!
もう少し詳しく知りたくなった人は下記のサイトを参照のうえ、トビタつ準備を始めましょう!
国際交流センターサイトのお知らせ: 【告知】「トビタテ!留活フェア2014」開催と第二期生募集
や、UPSHOWAの掲示も随時確認しましょう!

官民協働留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN~日本代表プログラム~」:https://tobitate.jasso.go.jp/
トビタテ!留学JAPAN キャンペーンサイト:http://www.tobitate.mext.go.jp/

トビタテ留学JAPAN-第1期派遣生壮行会 [2014年07月28日(月)]

2014年7月27日(日)

文部科学省で「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」の第1期派遣留学生壮行会が行われました!
下村大臣からは、この官民協働の新しい留学支援制度の意義と重要性の説明と、1期生への熱いエールが送られ、その後協賛企業を代表して三菱商事の常務とソフトバンクの孫社長からの激励メッセージが続きました。

一方、官民からの期待に応えるように、4コースの代表学生4名がそれぞれ決意表明を行いました。
個性豊かな4人の学生は、留学にかける想いと帰国後にどうやって留学成果を日本に還元するかのプランを堂々とアピールしていました。
最後には派遣学生でお揃いの「トビタテ留学JAPAN Tシャツ」の授与と記念撮影があり、第一部の式典は終了しました。

第二部の懇親会には、派遣学生だけでなく、学生の出身大学担当者や資金援助をしている企業の採用担当者が多数出席し、とても賑やかでした。本学から「多様性人材コース」で採用された、歴文の大倉さんは着物姿で出席し、注目の的でした。

この「トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム」は、奨学金をもらって夢だった留学プランを実現できるだけでなく、
同じような志を持った学生との横の繋がりや、そういった意欲的な学生を採用したいという企業担当者とのネットワークも広がるとても魅力的なプログラムです!
留学計画の立案、受け入れ先機関の手配、留学中の生活場所の確保など、主体的に準備を進めるのはとても大変でですが、平成27年度の募集には、より多くの学生応募があることを期待しています!

この奨学金の情報は全て以下専用サイトに公開されます。
応募を検討している方は、今のうちに「ニュースレター配信」登録を済ませておきましょう☆

■官民協働海外留学支援制度
トビタテ!留学JAPAN 公式ホームページ
https://tobitate.jasso.go.jp/

韓国語集中講座オリエンテーションを行いました [2014年06月13日(金)]

こんにちは。国際交流センターです。

先日、夏の韓国語集中講座のオリエンテーションが行われました。

本校の協定校でもある「ソウル女子大学」の寮に入寮して、

自分自身の韓国語のレベルに合わせた授業を受けることができるという研修です。

近隣の国であり、しかも首都にある女子大という共通点をもつ大学。
(英訳だと Seoul Women’s University なので、SWUという略称も一緒!)

きっと昭和の学生にとってなじみやすく、現地の学生とも仲良くなりやすいのではないでしょうか^^

今回のオリエンテーションでは、
昨年度も同じプログラムに参加した法月優衣さん(日文3年)が
プログラムや寮の様子などの詳しい説明をしてくれました。

(写真掲載許可ありがとうございます^^)

昨年度があまりに楽しかったので今年も参加することにしたそうです
(リピートするなんてよほど楽しかったんでしょうね!!)

その他のプログラムでも、オリエンテーションでは

前回参加した“海外経験の先輩”に直接話を聴く機会ができるように

ご協力をお願いしています。


参加したひとしかわからない「まずこんなことがある」「これは持っていったほうがいい」などの

耳寄り情報をもとに準備を進められるので心強いですよね?

今回研修に行かれる皆さんも、楽しいお土産話をたくさん聞かせてくださいね! 😉

ボストンサマーセッション オリエンテーション開始 [2014年06月04日(水)]

こんにちは。国際交流センターです。
6月に入ったばかりとは思えない蒸し暑さですね。
皆さん、日焼けももちろんですが、水分補給にも十分気を配ってくださいね。

先日、「ボストンサマーセッション」(昭和ボストンでの夏季研修プログラム)の
オリエンテーションが行われました。

皆さんとっても楽しみにしている様子。。

ただ、オリエンテーションに参加してみて、
配布された資料の多さにビックリしたひともいるかもしれませんね。。
(経験者の皆さんはお分かりになると思いますが…^^)

でもこれ、大学のプログラムだからこそ、

一気にまとめてもらえるんですよ!

自分で海外へ語学研修に行こうとしたら、飛行機の手配やビザの申請、必要な予防接種などなど…

全部自分で調べて段取りをつけて行かなくちゃいけないんですから! 😯

ここまで揃えられるのはボストンにキャンパスをもつ本学だからこそ。 😉

せっかく安心して海外渡航できるチャンスなのですから、
何かを掴んで帰ってきてくださいね~

参加される皆さんも、今回は見送った皆さんも、(もう行ったという方も)

「ボストンブログ」をのぞいてみてください。
現在昭和ボストンにいる学生が書いているので、
リアルなボストンでの生活を感じられると思いますよ