【WWG】4/28(土)「日本人のマナー講座」開催! [2018年05月16日(水)]

こんにちは。WWGです!

この度4月28日(土)に、留学生支援活動の一環で、来日したばかりの外国人留学生を対象に「日本人のマナー講座」を開催いたしました。

 

WWGとは…
昭和女子大学のビジネスデザイン学科の学生が立ち上げたグループで、現在までに様々な視点で留学生をサポートする活動を行っています。

 

 

レクチャーとディスカッションを行い、日本で生活するにあたって敬語の重要さを伝えました。

 

(レクチャーの通訳について事前の打ち合わせ)

(WWGメンバーによる自己紹介)

(アイス・ブレイキング)

 

参加者は学外の留学生5名の他に、WWGの活動見学ということでビジネスデザイン学科の一年生3名が集まってくださいました。今回はターゲットが日本語を習い始めの留学生ということで、内容を正確に理解してもらうためにメンバーによる中国語と英語の同時通訳を用意しました。

 

(中国語訳担当のサムと英語訳担当のはるか)

(留学生によるディスカッションの結果発表)

(いつもWWGの活動を応援してくれる留学生)

 

また、当日はビジネスデザイン学科の飴善先生による「お疲れ様です」という言葉の使い方のミニレクチャーを特別にしていただくことができました。

 

(飴善先生のミニレクチャー)

 

ゴールデンウィーク初日ということもあり参加者は少なかったものの、次に繋げることのできる大変有意義な活動を行えたと思います。この活動は一度だけに留まらず、今回の成功・失敗を生かし6月に2回目のワークショップを行います。

 

いつもWWGのことを応援していただきまして、ありがとうございます!

 

「WWGメンバーによる活動感想(一部)」

金牧 美寿々(現代教養 3年)
東京オリンピックもあり、日本のおもてなしについて考える機会が増えてきましたが、実際に日本に住んでいる人がどう感じているかを知ることができて、とても興味深く感じました。また、異文化に触れると同時に直接会って話してみることの大切さにも気づくことができました。参加することができてよかったです。

尾下遥(英語コミュニケーション 3年)
日本にはおもてなしの文化がある。そのことが最も顕著に表れているのが敬語であることを改めて感じました。私たち日本人でも完璧でない敬語を伝えるのは難しくも楽しかったです。何より私自身敬語についてもっと深く知りたいと感じることが出来ました。

近藤 由彩(ビジネスデザイン学科 3年)
WWGは9月にマカオでの活動プロジェクトが控えています。今回はそのプロジェクトに向けた活動である。日本のホスピタリティをテーマとしたワークショップは、私たちにとって初めての試みであるために、準備段階では難航を極めました。当日は成功と言える反応を留学生からいただけましたが、未だいくつもの課題が残っています。それらの課題を全てクリアし、9月の活動では「大成功」を収めたいです。

武士俣 菜穂(ビジネスデザイン学科 3年)
マカオでのプレゼンに先駆けて今回は日本にいる留学生に対し日本人がよく使う言葉である、よろしくお願いします、「お疲れ様」を紹介しました。私たち日本人は日常で何気なく使っている言葉ですが、いざ説明するとなると海外では存在しない言葉であるため、翻訳ができず、また、シチュエーションによって使うとき、そうでない時があるため日本人である私たちでさえも混乱することが多くありました。今回のプレゼンを通して次回までに準備しなければならない課題を見つけることができ、良い機会になったと思います。

チョウ ヘンサム(英語コミュニケーション 2年)
今回、私たちは日常生活でもバイト先でも欠かせない敬語を紹介しました。
私は翻訳として、日本語を中国語に訳しまして、「お疲れ様です」という日本語的な日本語を訳するのが難しかったです。あの言葉を別の近い言葉に置き換えてみましたが、それは完璧な通訳ではありません。
日本特有の日本語を紹介するために、やはりその言葉の由来や歴史などさまざまな例を挙げなればいけないと思います。しかし、複雑なことを日本語初級者に教えると、反対に戸惑わせてしまうおそれがあるため、今回は行いませんでした。
次回もし機会があれば、さらにそれを紹介させていただきたいです。

水谷 有沙(ビジネスデザイン学科 3年)
今回の活動はマカオプロジェクトに繋がるテーマでもあり、日本のおもてなしを伝える第一歩だと感じました。
これからも活動を通して自分たちも成長しながら何よりも参加者が学べて良かったと思える内容にしていきたいです。

留学フェア開催中(4/7&4/9) [2018年04月07日(土)]

4月7日(本日)と9日は留学フェアを開催!CIEによる留学全般の説明のほか、留学アドバイザーによる個別相談、CIEによるプログラム別相談そして留学経験のある先輩学生Tayoriのメンバーの質問コーナーがあります。これからプログラム別の説明会も順次開催されますが、留学自体を迷っている学生や、複数のプログラムに関心がある学生は是非ゆっくり説明が聞けて、その場で相談や質問ができるこの機会をご活用ください。出入り自由で気軽に留学に関するあれこれがわかります。

初日の本日は、52名の来場がありました。Tayoriのメンバーに留学のきっかけや留学先での授業や現地の生活についての質問が寄せられていました。

月曜日も12:00~14:00で開催しますので是非グローバルラウンジにご来場ください。

 

2/11-12 CHAWA東明学林お泊りイベント開催! [2018年03月02日(金)]

2/11(日)~2/12(月)にCHAWAのお泊まりイベントが開催されました!

留学生14名、日本人学生6名、CHAWAメンバー7名と多数の参加がありました!

行先は神奈川県の小田原・箱根。一泊二日でイベントが盛り沢山♡
今回はその模様をお伝えいたします♪

 


◇まずは小田原城へ!

改装されたばかりの城は
築城当時を思い起こさせます。
天気にも恵まれて美しい城下を
見渡すことが出来ました♪

 

◇小田原城を満喫した後は温泉街、箱根湯本へ!

 

駅前の通りには温泉饅頭やお煎餅、揚げたてのかまぼこなど
美味しいものが沢山♪ 食べ歩きを楽しみました!

 

◇東明学林に着いてからは、節分にちなみ豆を使ったゲーム大会!

優勝したチームには粗品が送られました!

 

◇箱根の伝統工芸である寄木細工体験。
地元の寄木細工工房のキットでコースターを製作しました。
同じ木でも少しずつ色合いが違い、オリジナリティ溢れる作品に仕上がりました!

 

 

 

◇東明学林の眺めは絶景!富士山も間近に見られます。

 

 

◇夕食後はチョコフォンデュ♡
みんなで一足早いバレンタインを楽しみました:)

▼イチゴの赤が写真に映えます♡

 

 

◇二日目は箱根へ!絶好の観光日和♪

 

◇まずは箱根神社や関所跡を巡ります。

▼約140年前の関所を再現した建物。歴史を感じます。

 

 

◇芦ノ湖で遊覧船にも乗りました!

 

 

 

◇黒たまごで有名な大涌谷にも行きました!

▼富士山がキレイ!

 

◇最後は箱根ガラスの森美術館へ♪

 

ちょうどヴェネチアの仮面祭を模したイベントが開催していました♪

 

一泊二日、寝食ともに過ごした学生たちはより仲が深まったようで、
写真からも和気あいあいとした雰囲気が伝わってきます。
留学生達も昭和での素敵な思い出を沢山作ることが出来たようです♪

 


<CHAWA今後の活動予定について>

日本人学生向けのCHAWA新規登録説明会開催!
日時:4月12日(木)・4月16日(月)いずれも昼休み
場所:8号館1階昭ルーム

お気軽にご参加ください♪

 

 

 

2/6(火) Intensive/Academic留学生 修了式開催! [2018年03月01日(木)]

2018年2月6日18:00~19:30

Intensive Japanese Language Program/Academic Program修了式が行われました。

↑前3列が修了生

今回卒業するのは17名。うち2名は一年間、15名は後期の半年間学びました。
お世話になった日本語日本文学科の先生方、AJALTの先生方、また
関わりのあった日本人学生も多くご参加頂けました。

日本語日本文学科の西川先生より、お祝いの言葉が述べられ、
修了証が授与されました。

  

  

  

  

  

 

送別会を兼ねた会食!豪華な食事が並びました。
立食形式で、皆普段はなかなか会えない方とも交流が出来たようです。

 

 

 

日本文学科の先生方、AJALTの先生方、CIEからの送り出しのご挨拶。
お世話になった先生方の言葉に涙ぐむ留学生も見られました。
  

  

 

Intensiveの修了生を代表してローラ・ブースさん、
Academicの修了生を代表してキュウ キモンさんが感謝の言葉を述べました。

サプライズで、留学生のみんなで練習した「恋するフォーチュンクッキー」の
ダンスを披露してくれました。
照れながらも堂々と踊り、大変盛り上がりました♪

教職員・日本人学生からは「翼をください」の合唱のプレゼント!

この曲は留学生でも知っている方が多く、一緒に口ずさむ留学生もいて、
喜んで頂けたようでした♪

閉会後も皆別れを惜しみ、残って記念写真を撮り合うなどしていました。
留学生の皆さま、お疲れさまでした!

Tayori Boston お金篇 [2018年02月16日(金)]

環境デザイン学科の及川香奈美です。

中学生の頃から夢だった海外留学とデザインの勉強のためにボストンに行くことを決めました。アメリカの文化に直接触れることは私にとって良い経験になり、今後の目標も決めることができました。英語での  レポートや宿題など大変なこともありましたが、それ以上に楽しい思い出の方が圧倒的に多いです。

今回は留学前に特に気になると思われる、お金に関してのことを書きます。

私はショッピングが大好きなので、生活費とは別にショッピングやアウトドア用の費用も考えた上で準備していました。授業によってはキャンパス外に出て、自分たちの足ではいけないようなところに連れて行ってもらったり、そこでしかできない体験やお土産などを買うこともありました。授業後は宿題をしなければならないので滅多に遠くに行くことはありませんでしたが、近くのカフェに行ったりタピオカを飲みに行ったりしていました。

月の費用としては4〜5万程度を想定していましたが、私の場合は実際7〜8万程度使いました。その中には洋服や化粧品など、自分のために買ったものが多く含まれているので、私の周りの友達は4〜5万いかない子がほとんどでした。

ここまでお話ししたものは全てクレジットカードを使用したものです。どんなクレジットカードを使用していたかについては後ほどお話しします。クレジットカードとは別に現金を日本円でいうと3万円ほど持っていきました。このお金はウーバー(日本でいうタクシー)を利用するときに必要になったり、小さいお店では現金のみのところもあったのでそういうときに使いました。ボストンは日本と比べるとかなりクレジットカードが浸透している社会でそこまで心配する必要はありません。日本のコンビニのような場所でも当たり前にクレジットカードが使用できます。その代わり万が一何かあった時のためにクレジットカードは2枚以上持って行くことをお勧めします。

それではクレジットカードはどのようなものを用意していたかについてご紹介します。私は日本にいるときに進められたJALカードを新しく作りました。このカードは使えば使うほどマイルが溜まって行くので今後の海外旅行などにも使えるメリットがあります。作るカードは自由ですが、心配な方はVISAかMaster Cardがあれば安心だと思います。

私が一番お金をかけたのは文房具や雑誌でした。海外の雑貨は日本にはないものばかりなのでつい新しいものばかり買ってしまいました。これは今でも勉強のモチベーションになります。

留学を決めた方は不安もあると思いますが、とっても楽しい経験と素晴らしい人たちに出会えると思います。何か質問がある方はCIEの方に聞いても良いですし、デザインのことやショッピングについて質問がある方はキャンパスで私を見かけたら気軽に話しかけてくださいね。

Tayori Boston 交通機関篇 [2018年02月06日(火)]

前回に引き続き近藤が、交通機関について書きます。

基本的には日本と同じように電車を使って移動していました。キャンパスから最寄り駅のReservoirまでは、学校のシャトルバスに乗って行きます(無料です)。このシャトルバスは1時間に1本なので、乗り遅れないように気を付けてほしいです。特にReservoirからキャンパスに戻るときに乗り遅れてしまうと次のシャトルバスまで待たないといけなくなるので注意して下さい。そして門限が決められているので、絶対に守るようにして下さいね。(私たちは10時が門限でした)ほとんど電車で移動していましたが、遠くまで行くときやシャトルバスに乗り遅れちゃったときは、Uberを使っていました。一般人がやっているタクシーみたいな感じです。タクシー同様で電車に比べて料金は割と高めですがとっても快適に移動できるのでよく使っていました。Uberのアプリがあるので是非ボストンで使ってみてほしいです!

本学学生3名がIALC語学留学奨学金に合格しました! [2018年02月05日(月)]

本学学生3名がIALC語学留学奨学金に合格しました!

IALC奨学金とは・・・
この奨学金は2018年以降日本で開催される国際スポーツイベントなどのボランティアになりたいと考えている方向けの奨学金です。
世界語学学校協会(IALC)から4週間分の授業料と滞在費が奨学金として支給されます。
奨学金には、「成功する留学」と「留学ワールドbyDEOW」の2つの窓口があります。

CIEニュースで、奨学金について掲載したときの記事はこちら

☆今回実際に合格した学生の行先(お名前はイニシャル表記)☆

M・Sさん
国:アイルランド
渡航時期:2月

N・Iさん
国:中国
渡航時期:11月

A・Sさん
国:ドイツ
渡航時期:4月

そして、合格者3名のうち、2名の学生が1月29日に行われたIALC奨学金セレモニーに出席してきました。


当日は留学アドバイザーとして1月まで本学にいらした野尻先生も出席していました!
その様子はこちら↓



今年度合格者3名のみなさん、おめでとうございます! 

来年度の奨学金受給者募集時期はまだ未定ですが、語学留学を検討している方は、今年の募集時期等を参考に是非検討してみてください。

Tayori Boston 寮生活篇 [2018年01月30日(火)]

心理学科2年の近藤玲子です。

私は、アメリカのボストンで約半年の間過ごしました。私は、高校時代から海外に行ってみたいと思っていて短期留学を希望したのですが定員オーバーで留学できず、その頃から大学に入ったら絶対に留学しようと決めていました。入学前は心理学科の1カ月のサマーセッションプログラムに参加しようと考えていましたが、せっかくならもっと大胆に1セメスター行っちゃおう!と思いspring15プログラムに参加しました。実際にボストン留学をして思ったことは、本当に行ってよかったということです。もちろん英語力にも自信はつきましたが、それよりも刺激しあえる大切な仲間と出会えたこと、その仲間たちと楽しく生活を送れたことが私の中では一番の思い出です。

今日はこれから留学に行く人に向けて「寮生活」について書きます。寮生活については、結構気になる方が多いかと思います。寮の中には、ジムやプール、ゲームルーム、ライブラリーなどの便利な施設があり毎日快適に過ごせます。私が特に行っていたのがプールです。アメリカのお菓子を毎日のようにバクバク食べていたので運動するためによく友達と行っていました。ジャグジーもあるのでリラックスしたいときにもオススメです!

そして、こちらも気になっている方が多いのではと思うのが、カフェテリアです。カフェテリアのメニューについては別の記事で詳しく説明があると思うのでそちらをチェックしてみて下さい!カフェテリアも広くて素敵なところですが、その隣のサンルームはかなりオススメです。食事の時間はほとんどサンルームを使っていました。食事以外の時間もいつでも使えて、更に静かで落ち着いた場所なので、プレゼン準備や自習をサンルームでやる人も結構多かったです。授業するクラスもキャンパスの中にあるので、東京の大学のように毎朝準備して満員電車に乗らなくて良い!ほとんどの生徒が毎日すっぴんにスウェットで授業に出ていました。

 

1月19日(金)留学生交流会開催! [2018年01月26日(金)]

1月19日(金)にGlobal Loungeにて留学生交流会が行われました。
今回は正規生の卒業送別会も兼ねた交流会で、多くの留学生・日本人学生にご参加頂き、大変豪華なパーティーとなりました♪

 

▼増澤副学長の開会の言葉。
司会はCHAWAの小野寺里穂さんと高橋彩音さんが務めました。

 

▼会食の様子。色とりどりの料理が並びます。立食形式で、皆思い思いに
会話を楽しんでいました。

 

 

 

▼卒業生代表のカツホウヒさん。在学生にエールを送りました。

卒業生の皆さま、今まで本当にお疲れさまでした!


 

※留学生との交流などに興味ある方は是非Global Networkに登録してみて下さい♪

 

2018年1月18日(木)韓国青年訪日団交流会 [2018年01月25日(木)]

2018年1月18日(木)「対日理解促進交流プログラム」の一環として,
在釜山日本総領事館,在済州日本総領事館にて選抜された発信力のある
韓国の大学生・高校生で構成された「韓国青年訪日団(第6団)」の皆さまが
1月16日~25日の行程で来日され、昨年に引き続き昭和女子大学にも来校されました。
その模様をお伝えいたします。


第一部は開会式とキャンパスツアーを行いました。

▼司会は国際学科3年の向山綾乃さんと濵地和紗さんが務めます。

▼増澤史子副学長が開会の挨拶を行い、記念品の贈呈が行われました。

 
↑左から李守国際学科長、増澤史子副学長、団長の朴姝兗九龍浦近代文化歴史館 名誉館長

▼CIE山戸ジーナさんによる学校説明

▼集合写真を撮影後、6グループに分かれキャンパスツアーへ!

↑男性17名・女性19名と多くの方がいらっしゃいました。

▼第二部では会食を通して交流を深めました。おいしそうなビュッフェを前に
思わず笑顔がこぼれます♪

 

▼第三部ではディベートを行い、自由なテーマで政治から芸能界、
身の回りのことなど幅広く意見交換を行いました。

▼第三部の後半からは、国際学科の1年生が企画したジェスチャーゲームを
行いました。言葉の壁を越えて大変盛り上がりました♪

▼最後は全員で集合写真!


この後韓国青年訪日団の皆さんは、秋田県~岩手県と東北を中心に
学校訪問のほか,ホームステイ,地域活性化に関連する施設等の訪問,
酒造見学やソーラン節体験など様々な文化体験を行うということです。

本学の学生たちも、韓国語を学ぶうえで実際に韓国の方とお話しする機会が出来て
勉強になったという声が多く、特に釜山、済州島の方言や文化も学べたようで、
大変有意義な交流会となりました。