2018年前期ホストシスター活動紹介(上郷さん・シルヴィアさんペア) [2018年09月05日(水)]

ホストシスターとは…
年2回(前期・後期)海外協定校等から本学に留学してくる留学生が、大学生活をスムーズに送れるように様々なサポートを行うバディ制度です。
2018年度前期のホストシスター活動に参加頂いた学生の生の声をご紹介いたします♪


上郷潮音さん(管理栄養学科2年)・シルビア スコードロさん(出身国:イタリア)ペア

写真左から上郷さん、シルヴィアさん、アマンダさん、倉田さん

まず空港から大学へ向かうバスの中で、ホストシスター同士ペアになって座り沢山お話ししました。
その後はLINEやInstagramで連絡をとり、時々ご飯を食べに行きました。基本は留学生の食べたいものを聞いて、お店を探して一緒に行く感じでした。回転寿司やお蕎麦などを食べに行きました。ファミレスなどにも行きました。留学生にとっては珍しいものもあり、一緒に行ったお店を気に入ってくれるととても嬉しかったです。


カラオケにも一緒に行きました。何を歌おうか迷ったけれど、日本の曲も洋楽も両方皆で歌いました。曲名は知らなくても聞けば分かる曲が多かったので、曲をお互いに入れてみて、知っていたら一緒に歌うという風に楽しみました。
留学生と話していて日本のことを質問されると、答えに詰まってしまうこともあり、私自身がもっと日本について詳しくなり、簡単に説明出来るようにしておきたいと思いました。ホストシスターをやってみて、留学生のサポートをするだけでなく、沢山学べることがあり良い経験になりました。

2018年前期ホストシスター活動紹介(安永さん・リュウさんペア) [2018年09月05日(水)]

ホストシスターとは…
年2回(前期・後期)海外協定校等から本学に留学してくる留学生が、大学生活をスムーズに送れるように様々なサポートを行うバディ制度です。
2018年度前期のホストシスター活動の一例をご紹介致します!!


安永果歩さん(英語コミュニケーション学科・3年)・リュウ キンギョウさんペア(出身国・中国)

こうした活動は初めてだったので不安でいっぱいでしたが、交流を通じて今まで気づかなかった発見や喜びを味わうことができました。

印象に残っているのは一緒に初めて出かけた日のことです。渋谷の街を一緒に歩きました。初めて見る景色をキラキラした目で見つめる彼女の表情が素敵でした。ユニクロではアルバイトで必要なズボンを購入しました。彼女にとっては試着室の使い方が生まれた国と違い、とまどっている場面もありましたが、こうした普段の生活で新しい文化の発見ができたのは良かったと話しました。その後はプリクラを取りに行きました。彼女は取り終わった写真を見てとても驚いていました。

日本人にとってはよくある当たり前な日々でも、また違った視点で見るととても楽しかったです。彼女とは国が離れてからも連絡をとりたいと思います。

日本語ボランティアチューター(2018年度前期) [2018年08月31日(金)]

昭和女子大学では、2011年よりアークアカデミーから教師養成講座在校生・修了生を、ボランティアチューターとして派遣していただいています。2018年度前期も、15名の留学生がこの活動を通してとても有意義な時間を過ごしました。

留学生はそれぞれの要望に応じて日常会話や論文の日本語チェックなど、様々なかたちでチューターの先生方の個別指導を受けることができます。

また多くの留学生から、チューターの先生方との交流が日本文化や日本社会に関する理解を深め、不慣れな日本での生活の精神的な支えにもなっているとの声が届き、日本語の習得はもちろん、それ以外の面でもとても助けになっているようです。

CIE(Center for International Exchange)サイトはこちら

「世界青年の船」事業参加者に初等教育学科4年の川村真由さんが選ばれました! [2018年08月08日(水)]

平成30年度 内閣府明治150年記念「世界青年の船」事業 日本参加青年最終合格者として、初等教育学科4年 川村真由さんが選ばれました!

「世界青年の船」事業とは…
内閣府が運営する、国際社会・地域社会等でグローバル化を牽引・指導する次世代グローバルリーダーを育成する事業です。
平成30 年度事業では、日本及び世界10 か国の青年等が参加し、日本及び海外2 か国を訪問するとともに、船内において、多国間交流活動等を行うこととしています。
世界各地から集まった外国青年とのディスカッションや文化交流を通じて、相互理解を深め、有識者によるセミナーの受講や参加青年が自主活動を企画することによって、異文化対応力やコミュニケーション力を高め、リーダーシップやマネジメント力の向上を図り、併せて参加青年の国際的視野を広げ、国際協調の精神を育てることにより、国際化の進展する各分野でリーダーシップを発揮することができる青年を育成することを目的としています。
(参考:内閣府HP:http://www8.cao.go.jp/youth/kouryu/bosyu-new.html)


川村さんはこれまでトビタテ!留学JAPAN第5期生として2016年9月1日~2017年9月下旬まで王立プノンペン大学に籍をおきながらクメール語授業履修、現地NPOでのインターンシップや現地小学校での実習などの活動を行い、その後国連プログラムに合格しアフリカのルワンダにて発展途上国の教育の現状を視察するなど、様々な国際経験を積んできました。
今回はその経験を活かし、多国籍の方が集う中で日本代表として意見交換をするなど活躍が期待されます。

以下、川村さんより参加への意気込みをお寄せいただきましたのでご紹介いたします。

川村さん(写真左) ルワンダで仲良くなった友人と

国境という堺がない広い海の上で、国籍、言語等の壁を取り払って各国メンバー1人ひとりとじっくりと向き合う、歩み寄るという体験を通し、彼らと確固たる信頼関係を築きたい。地球規模のグローバルイシューの解決が不可欠と言っても、その前提となるのは人間1人ひとりとの信頼関係であり、その部分を疎かにしては各国と協力関係を築きながら大きな課題を解決するなんてまずできない。
今回はオーストラリア、ソロモン諸島、バヌアツ、エクアドル、チリ、ギリシャ、スウェーデン、アラブ首長国連邦、トルコ、タンザニア、日本から選抜されたメンバーが船内に集い、活発な意見交換を行う。何も躊躇することなく、胸を張って堂々とこのメンバーの中に飛び込んでいきたい。日本代表の1メンバーとして参加できることを非常に光栄に感じている。
この事業を通し、柔軟性や共感力は生かしつつ、その中でもしっかりと自己の意見を曲げずに言える芯の強さ、発言力、リーダーシップ力を身につけたい。また、様々な価値観に触れることで日本を俯瞰して捉える機会を作り、日本・日本人の強みや先進性を再発見したい。
すべては自分がどのように事業に向き合い、いかに喰らいついていくかだと思うので、自分自身に負けないようにしたいです!


 

内閣府主催「世界青年の船」事業について、ご興味を持たれた方はぜひ調べてみて下さい。
また、川村さんより選考についての対策法や参加するまでの過程などについて体験談を共有したりすることも可能とのことなので、参加を検討する方はぜひ一度CIEまでご連絡頂ければと思います!

20180708_CHAWA川越散策イベント開催! [2018年07月12日(木)]

2018年7月8日(日)

CHAWA川越散策イベントが開催されました!
参加者は留学生8名・日本人学生14名(CHAWA含)、計22名と大勢の方にご参加いただけました:)

川越市駅から出発!
まずは川越のシンボル的存在の「時の鐘」に向かいました。
時の鐘とは江戸時代初頭から庶民に親しまれてきた鐘つき堂です。火災により通算4回立て替えられながらもなお城下の頃の面影を残し、環境省の「残したい“日本の音風景100選”」に認定されています。木造で3層のやぐらで高さは約16メートル。午前6時・正午・午後3時・午後6時の1日4回美しい鐘の音で時を知らせます。(参考:小江戸観光協会公式HP)

班ごとの自由行動では蔵造りの町並み「一番街」や「菓子屋横丁」などを巡り、ショッピングや写真撮影、食べ歩きを楽しみました♪

最後は揃って「氷川神社」へ!

氷川神社とは6世紀(古墳時代)に大宮氷川神社から分祀されたと言われている大変古い神社で、夫婦の神様を祀っていることから「縁結びの神様」としても親しまれています。夏の名物として縁結びにちなんだ「風鈴回廊」「恋はなび」など様々なイベントが催されています。

 

みな揃って美しい風景を余すところなく堪能できたようでした♪


【今後のCHAWAイベント】

8/4-8/5「望秀お泊まりイベント」
花火、浴衣着付け、うちわづくりや宝さがしなど楽しいレクリエーションを行う予定です!
ご興味のある方は是非ご参加ください:)

 

SSIP2018_DAY17.Mon_July9 [2018年07月11日(水)]

Today was the culmination of all the Cross-Cultural Workshops! Each group presented a few advertisements they had found interesting. They explained what was unique or eye-catching about the ads and analyzed them to suggest what the target audience may have been. It was amazing to see the hard work and teamwork of each group.

 

 

Afterwards, we had our Closing Ceremony. Chancellor Mariko Bando gave a speech to kick it off, before we presented each student with a Certificate of Completion. There was also a special recognition for Ommura-sensei and for the interns. Two SSIP participants (Kate Pensak and Erina Gudono) each gave a short speech about their experience this summer.

  

  

  

  

   

 v

 

The farewell party came next. Chancellor Bando gave a toast to start the party and we all mingled with each other. The food was good and the company was better! It seemed that almost nobody could believe that SSIP was finally ending.

 

 

 

 

One of the interns, Ike, put on the recap video she had been working on for the last few weeks. It featured videos and pictures from the whole program and let us reflect a bit on all that had happened. The video was put together very well and enjoyable to watch. It’ll be nice to keep that video around to look at later on as well!

 

 

Finally, we passed the mic around to give each person the chance to speak a few words. Many people cried as they talked about how much fun they had and how other people had done so much for them. It was extremely moving. Even the coldest among us had to fight to hold back tears.

 

We thought that was the end, but it was not so! That night, almost all the international students along with the interns, Kurakata-san, and a CCW/JS participant met up at McDonald’s to eat Gudetama McFlurries together. It was a nice last moment. We stayed in McDonald’s until they asked us to leave since it was late!

Emiri, one of the interns, passed around earrings (both pierce and clip-on ones) that she had made, making for a great final omiyage for everyone! Even Kurakata-san received a pair. It was a memorable night. I’ll miss everyone.

SSIP2018_DAY16.Sun_July8 [2018年07月10日(火)]

It was an early day for all of us with breakfast starting at 7:00AM in Tomei! We ate together before packing up and cleaning the facilities.

 

We left around 9:00AM and headed off to Kamakura. The first stop was Kotoku-in, where the Big Buddha (daibutsu) was located. For 20 yen, we could also head inside the Big Buddha. It was interesting to see how the structure was built from the inside, but also extremely hot and humid!

Next, we went to a place called Ajitei, where we were able to enjoy a delicious meal set consisting of chicken and rice, sashimi, tofu cooked in various ways, and shrimp, among other foods. It was fun and delicious.

We got back on the bus to head to a different part of Kamakura. We got off at a point close to Tsurugaoka Hachimangu Shrine, the most important shrine in Kamakura. Tanabata (Star Festival) decorations were everywhere, adding extra flair and beauty to the shrine. Many of us then headed off to Komachi-dori, the main shopping street in Kamakura. There was a matcha ice cream shop that offered several different levels of matcha, just like the location in Asakusa. There was also a delicious crepe store called Kokuriko Crepe. Other than great food, there were various cute stores along the street that sold things varying from clothes to handkerchiefs and souvenirs.

 

After exploring Kamakura for a while, we headed back to Showa, and then to Kawasaki Daiichi Hotel in Mizonokuchi. The accommodations are very nice and comfortable. The end of the program is approaching!

 

SSIP2018_DAY15.Sat_July7 [2018年07月09日(月)]

We started the day with a great breakfast in the cafeteria in Tomei Gakurin! Difficult as it was to get up, the breakfast gave us the energy we needed for the day.

 

 

Today was a full Cross-Cultural Workshop day! For the first part, students broke up into their groups to work on their presentation together. After lunch, each group had 15 minutes to practice their presentation in front of Ommura-sensei and Yamazaki-san.

 

 

 

Since this was the last chance to put the finishing touches on their project, everyone did their best. The final project presentations will be a sight to behold!

 

 

After dinner, we went outside to the parking lot to light fireworks together. It was fun trying the different kinds of sparklers, finding friends, and taking pictures together with them! There were a few big fireworks that created larger and brighter sparks than the others, but the best part truly was the people. What a day!

 

 

 

 

SSIP2018_DAY14.Fri_July6 [2018年07月06日(金)]

We checked out from the National Olympic Memorial Youth Center for the last time today! Then, we took a bus to the National Theatre to see a kabuki performance. For most of us, it was the first time we were seeing kabuki. Before the performance, the meaning behind certain sounds and movements during kabuki were explained to make it easier for the audience to understand. Luckily, there was an English earphone guide for those of us that did not speak Japanese! After having a kabuki lecture last week, it was interesting to see what the performance was really like. One of the most interesting moments was when 7 extra kabuki actors ran onto the stage to serve as the 7 other heads of the 8-headed serpent villain. We sure didn’t see that coming!

We went back to Showa to eat lunch and grab our belongings before heading off to Tomei Gakurin, Showa’s “off-campus training facility”! The bus ride was almost 2 hours long, but people got in some well-deserved sleep and chatted with everyone else. At Tomei Gakurin, the highlight of the day was dinner. Everyone helped serve each other and said “itadakimasu” before eating. Dessert was served soon after, with a “gochisousama deshita” to follow. Then, everyone helped clean up and put away the dishes. It was amazing to see the teamwork that came from the students!

 

 

  

 

SSIP2018_DAY13.Wed_July4 [2018年07月04日(水)]

Lecture on Bento & Cooking Class
Cross-Cultural Workshop ⑨⑩

Today, Akiyama-sensei gave a lecture on the history of bento, as well as diving into recent bento developments, like more advanced boxes that can keep food hot for hours. She also talked about different variations of bento, like kyara-ben (character bento). After the lecture, we went into the kitchen to make a Pikachu kyara-ben for ourselves!

 

There were several different components to the bento. Rice wrapped in egg was used to make the yellow face, seaweed for the eyes, nose, and dark part of the ears, ham for the cheeks and mouth, and cheese for the ears and white part of the eyes. We also made octopus-shaped sausage and rabbit-shaped apples for the bento. It was fun to make food together, if a bit difficult! The food wasn’t too bad either.

 

After a break, we had 2 more sessions of Cross-Cultural Workshop. Instead of working at the usual Global Lounge, students went to a computer room to work on their projects with their group members. It was a fruitful day!