歴文ってどんな学科?―お役立ちリンク集― [2017年04月01日(土)]

歴文ブログには時系列順で記事が並んでおりますので、順番にご覧いただくと全ての記事がご覧いただけますが、下記に示したリンク集もご活用下さいませ。 ・ ・

☆歴文に在籍している先生は?

こちらをご覧くださいませ。リンク先からblogボタンを押していただけると、その教員に関するブログ記事をまとめて読むことができます。 ・

☆授業紹介

IMG_4437_R 歴史文化学科のカリキュラムの特徴は、いわゆる歴史(日本史・西洋史・東洋史)だけではなく、美術史・芸能史・服飾史そして仏教文化史、民俗学や地理学、さらには考古学や文化財保存など、歴史文化にかかわる幅広い学びができることにあります。 そうした多様なカリキュラムのなかから、いくつかをピックアップして、この歴文ブログにも授業紹介記事をあげています。是非ご覧下さいませ。 歴文のカリキュラムはかなり自由度が高いです。歴文生は下記の全ての授業を選択することができますよ!

「歴史・地理」分野

歴史学概論( ・) / 日本近現代史料解読 / 近代女性史文献講読 / 西洋史 () / ヨーロッパ歴史演習(ドイツ) 2015年度() / / ヒエログリフ入門

「美術と民族の文化」分野

日本美術史基礎 / 文献取扱技能基礎 / 伝統文化の現場() / 歴史文化特論~寺社縁起の世界~ / 日本服飾史 / 民俗調査法 / 伝統芸能実習() / ヨーロッパ歴史演習(スペイン・フランス・イタリア) 2016年度() 2014年度(

 •

「考古・文化財」分野

文化財保存修復学基礎 / 考古学実習A / 環境考古学 / 文化財保護行政論 / 海外考古学実習(

学芸員関係

博物館実習Ⅰ

その他の科目

歴史文化基礎  / 歴史文化と社会  / 卒業論文(卒業論文発表会

ほかにどんな授業が開講されているのか知りたい場合は、公式デジタルパンフレットの40頁をごらんくださいませ。

なお教員の異動や年度により授業内容に変更があることをご承知おき下さいませ。

☆1年前期を終えた時点での歴文生の感想

20150729-IMG_7191 入学後4ヵ月を経た歴文生のみなさんに対して、「歴文にはいってみていかがですか?」という内容のアンケートを取り、その結果をブログにアップしています。受験生のみなさんにとっては、歴史文化学科に入学した場合の近い未来像になるかもしれません!?

2016年度入学生の場合2015年度入学生の場合2014年度入学生の場合2013年度入学生の場合

☆新入生歓迎イベント!

DSC04139_R_R 毎年4月には、歴文へ入学する新入生の歓迎イベントが開かれています。上級生に単位履修のコツを質問する機会や、友だちをつくるきっかけが数多く準備されていますよ!新入生にスムースに歴文での学びをスタートしてほしいという思いで先輩たちが企画するイベントです。

2016年度 /2015年度 12/2014年度 /2013年度 /2012年度 12

☆ゼミ旅行やゼミイベント

20170323-DSC05656 歴史文化学科では、1年前期に、少人数(6~7名)の基礎ゼミに所属し、大学での学問の進め方について学びます。1・2年次は、様々な分野の授業や各種フィールドワークに積極的に参加して知識と経験を貯えつつ、自分が深めたい分野や卒論で書きたいテーマを絞り込んでいく時間です。そして3年次からはいよいよゼミに所属し、より専門的な研究を進めていくことになります。 歴史文化学科ではゼミの人数制限やセレクションなどは設けておりません。先生と相談しながら,自分にぴったりとあったゼミをみつけ、自由にゼミ選択することができます。 また「手で考え、足で見る」歴史文化学科は、各種研修旅行がとても盛んにおこなわれています!毎年夏休みには半数以上のゼミが、国内各地に,そして海外へとゼミ旅行にでかけます。また学術報告をおこなったり、独自の勉強会を開催するゼミもあります。ここにあげたゼミイベント報告はそのほんの一部です。

日本近世史ゼミ(野口ゼミ) 2014年度 /2013年度 

日本近現代史ゼミ(松田ゼミ) 2016年度_/2015年度 /2014年度 /2013年度 /2012年度 /2011年度 1

西洋史ゼミ(小野寺ゼミ) 2016年度 

女性史ゼミ(掛川ゼミ) 

民俗・芸能史ゼミ(大谷津ゼミ) 

地理研修旅行(田畑先生企画) 2014年度 /2013年度 /2012年度 1/2011年度 

日本考古学ゼミ(山本ゼミ) 

アジア考古学ゼミ(菊池ゼミ) 

☆フィールドワーク

DSC03797_R 民俗学の聞き取り調査、考古学の発掘、文化財保存修復、そして歴史文書整理。いずれの活動も自ら学ぶだけではなく、調査結果・研究成果を社会へと発信しています。そうしたフィールドワークの一部をピックアップいたしました。 椎葉巡見や諏訪原遺跡発掘調査などの多くのフィールドワークは1年次から参加可能です。発掘や聞き取り調査などを体験し、そのうえで自分の専門分野を定めていくことができます。

椎葉巡見(2016年度 /2015年度 /2014年度 123/2013年度 123/2012年度 12

諏訪原遺跡発掘調査(2016年度 /2015年度 /2014年度 /2013年度 /2012年度 

文化財保存修復(陸前高田市) 

被団協文書整理会 

日本青年館資料整理 

安積得也文書整理会 

野毛古墳祭りへの協力 

世田谷歴史散歩 

野田市お札調査 

☆学寮研修

PA311498 3泊4日の学寮研修は昭和女子大学のオリジナル行事です。バスハイク、プレゼン大会、交歓スポーツ大会、そしてなによりも友だちと語らうのんびりとした時間がそこにあります。

望秀海浜学寮(2016年度 /2015年度 /2014年度 /2013年度 1234567891011121314/2011年度 1234/2010年度 1234

東明学林(2016年度 1/2015年度 /2014年度 123/2012年度 12345/2011年度 /2010年度 

4年生学寮(希望者のみ参加)2016年度 /2015年度 /2014年度 /2013年度 123/2012年度 1/2010年度 12

☆グローバルな活動

unnamed-1_R 歴史文化学科はグローバルに考える力を磨く各種プログラムも充実!

2015年()、2014年度()、2013年度()、2012年度(1

☆秋桜祭

IMG_1595_R 昭和女子大学の学園祭・秋桜祭は毎年11月上旬に開催されます。その様子もちょっとのぞきみ。

2016年度()/2015年度()/2014年度()/2013年度()/2012年度()/2011年度(

☆歴文らじお

DSC03666_RDSC03668_R 歴文生へのインタビューを音声ファイルでアップいたしました。

ネットでオープンキャンパス~歴文1年生に話を聞く 2016~ その1その2その3

4年生に歴文の魅力を語ってもらう その1その2その3その4

ネットでオープンキャンパス~歴文1年生に話を聞く~ その1その2その3その4

歴文の学びで授業と授業がつながる喜び! 記事

☆その他ピックアップ記事!

その他、数ある記事のなかから注目記事をピックアップしてみました。

「歴文OGの石原奈央子さんがリオ五輪日本代表に!」 1

「【歴文生の海外体験】上海交通大学への長期留学」 1

「ネットでオープンキャンパス!~昭和女子の歴文ってどんな学科?~」 

「歴文から観光業界を目指す!」 

「歴文生からミステリーハンター誕生!」 

「歴文生がチャンピオンに?」 

「Happy Halloween!」 

在学生からのメッセージ「受験生応援リレートーク

・ ・ 以上、「もっと歴文を知るために~お役立ちリンク集~」でした!